ネタバレ解説『バッド・バッチ』第4話 賞金稼ぎの正体は? またも『マンダロリアン』との繋がりが あらすじ&考察 | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説『バッド・バッチ』第4話 賞金稼ぎの正体は? またも『マンダロリアン』との繋がりが あらすじ&考察

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

『バッド・バッチ』第4話配信開始

2021年5月より配信を開始した「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は、アニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008-2020) と映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005) のその後を、“異端”のクローン分隊であるバッド・バッチの活躍を通して描いていく。

Disney+で配信される『バッド・バッチ』では、同じくDisney+オリジナル作品のドラマ『マンダロリアン』(2019-) から登場したアイテムの背景が語られるなど、スター・ウォーズ史の中でも重要な役割を果たしている。第4話でも意外な人物が登場した。今回は『バッド・バッチ』第4話をあらすじと共にネタバレありで解説していく。

第4話「追いつめられて」あらすじ&ネタバレ解説

フェネック・シャンド登場

帝国から追われているバッド・バッチ一行は身を隠すためにアイダフロアという星を目指すが、船の信号が手配リストに入ったことから、近くのパントラという惑星に着陸して、信号を変調(スクランブル)させることに。燃料も食料も底をついており、補給する必要がある。一方のオメガは、初めての星に期待を募らるのだった。

パントラに着陸したバッド・バッチの一行だったが、その情報はすぐに賞金稼ぎに売られてしまう。この時情報を受け取っている賞金稼ぎは『マンダロリアン』シーズン1第5話で初登場を果たしたフェネック・シャンドだ。フェネック・シャンドは『マンダロリアン』シーズン2ではボバ・フェットと共に行動しており、ボバ・フェットを主人公に据えたスピンオフ『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』にもメインキャラクターとして登場する。

なお、フェネック・シャンドは、『バッド・バッチ』でも『マンダロリアン』の時と同じオレンジのメットを頭につけている。28年前から同じスタイルで賞金稼ぎをしていたということである。

チェーンコードを歓迎するパントラ

ハンターはエコーとオメガを連れて街に物資補給に出掛ける。パントラの市街地でもランパート中将のホログラムによるスピーチが配信されており、チェーン・コードの魅力が宣伝されている。そして、人々はこれを歓迎しているようだ。この様子を見たハンターは「変化が速すぎる」と懸念する。パントラの人々は終戦を歓迎する立場の人々のようだ。変化の速さについては、こちらの記事でも書いた通り、世間がジェダイの存在を忘れ去るほどのスピード感をもって帝国の改革が実現されていた証左である。

今回の第4話では、帝国とランパート中将の優秀さだけでなく、市民の間の空気感も改革を後押ししていたことが描かれている。これは現実の“トランプ旋風”に似ていないだろうか。

またも繰り広げられる脱出劇

ハンターはエコーをアンドロイドとして売り渡し、すぐに逃すことでクレジットを稼ぐ方法を考えつく。そうこうしている間に逸れてしまったオメガは、フェネック・シャンドに言葉巧みに誘われて誘拐されてしまう。フェネック・シャンドは優しい言葉をかけてオメガの心をつかもうとする。そこにハンターが追いつくが、銃撃戦の末、ハンターは再びオメガとはぐれてしまう。

ハンターはレッカーの応援を得て、テックとエコーは船の準備を整えるためにエコーはドロイドたちを動員してメンテナンスを進めることに。フェネック・シャンドがオメガに迫る中、レッカーが駆けつけるが、一発でやられてしまいオメガは追いつめられる。整備タワーか落下しそうになるオメガを間一髪で助けたのはフェネック・シャンド。どうやら任務はオメガの殺害ではないらしい。

オメガとハンターはフェネック・シャンドと白熱のカーチェイスを繰り広げた末、間一髪でフェネック・シャンドを退ける。テックはドロイドと共にちょうど船の調整を終え、戻ってきたレッカー、ハンター、オメガと共にパントラを脱出。今回もなんとか目的を達成し、惑星からの脱出劇を成功させた。

明らかになる事実

なんだか新しい惑星に着いては脱出を繰り返しているバッド・バッチだが、おかげで帝国成立の時期における銀河の様々な惑星の様子を見ることができている。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977) の世界ができるまでにどのような変動が銀河で起きたのか、少しずつ明らかになってきた。

そして『バッド・バッチ』は、『マンダロリアン』で急に出てきたチェーン・コードやフェネック・シャンドに“歴史”を与えるという役割も果たしつつある。フェネック・シャンドは最後に情報を提供した人物を咎めず、やはり悪人ではないということは分かった。一方で、今回の結果を誰かに報告する姿も。ハンターは賞金稼ぎの雇い主が誰かを探ることを決意したが、一体誰が何の目的でオメガを追っているのだろうか。そして、フェネック・シャンドが『マンダロリアン』の28年前に雇われていた人物とは誰なのだろうか。

新たな謎を残して、『バッド・バッチ』は第5話へと突入していく。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』はDisney+で独占配信中。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』(Disney+)

『バッド・バッチ』第3話のネタバレ解説はこちらから。

チェーン・コードについての解説はこちらから。

『マンダロリアン』シーズン3についての情報はこちらの記事で。

 

『バッド・バッチ』第1話のネタバレ解説はこちらから。

『バッド・バッチ』第2話のネタバレ解説はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【あらすじ】アニメ『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』は3月25日Netflixで配信開始

    2. 『サマーウォーズ』が帰ってくる! 『サマーウォーズ 4DX』が2020年1月17日公開

    3. 第12話ネタバレ感想!『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』あらすじ・考察・登場怪獣

    4. 【レビュー】『スパイダーマン: スパイダーバース』が示した現代社会を生きるヒント