ネタバレ解説『バッド・バッチ』第1話 スター・ウォーズに“異端”で“不良”なクローンが歴史を刻む あらすじ&考察 | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説『バッド・バッチ』第1話 スター・ウォーズに“異端”で“不良”なクローンが歴史を刻む あらすじ&考察

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』配信開始

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』が、2021年5月4日(火) よりDisney+で配信を開始した。『バッド・バッチ』は、大人気シリーズへと成長したドラマ『マンダロリアン』(2019-) に続きDisney+オリジナルとして製作される「スター・ウォーズ」スピンオフ作品。アニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008-2020) に登場した「不良分隊=バッド・バッチ」を主人公に据え、『クローン・ウォーズ』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005) のその後を描く。

一方で、『バッド・バッチ』は「スター・ウォーズ」正史を知っていれば誰でも入り込める内容になっており、CGアニメならではのアクションシーンも満載だ。『マンダロリアン』同様、「スター・ウォーズ」シリーズ初心者でも楽しめる点が特徴になっている。今回は、“スター・ウォーズの日”である5月4日より配信を開始した第1話「余波」をネタバレありで解説していこう。

第1話「余波」あらすじ&ネタバレ解説

“異端”のバッド・バッチ

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』第1話は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』でパルパティーンによって“オーダー66”が発令された時の惑星カラーから始まる。“オーダー66”とは、ジェダイを攻撃対象とするよう予めプログラミングされていた銀河中のクローン兵に、そのプログラムを実行に移す命令であり、これによりジェダイに守られていた銀河共和国はパルパティーンが率いる帝国に乗っ取られることになる。

クローン部隊の中でも異端な存在であるバッド・バッチ(正式名称は“クローン・フォース99”)には、惑星カラーでの任務に就いている時に発されたオーダー66が作用せず、疑問を持ったままクローンの反乱に対応する。リーダーのハンターは、オーダーによってマスターを失ったパダワンのケイレブを追うが、不可解な命令に対して釈然とせず、わざとケイレブを逃す。だが、「優秀な兵士は命令に従う」と主張するクロスヘアーは、命令に忠実であろうとして、疑問を抱くハンターに対して攻撃的な態度を見せる。

バッド・バッチの一同は、クローン・トルーパーの製造拠点であり、バッド・バッチの基地があるカミーノに戻る。テックは、DNAを操作/強化されたバッド・バッチのメンバーには、オーダー66のプログラムが作動しなかったと解説する。バッド・バッチは、DNAを強化されたことで、ハンターは感覚が、テックは頭脳が、レッカーは怪力が、クロスヘアーは射撃がそれぞれ向上している。また、エコーは強化を受けていないが、惑星スカコ・マイナーでサイボーグとして改造されたため、クローンとしてのプログラムが発動しなかったという。

そう、『バッド・バッチ』は、“異端”であるが故に支配から逃れることができたチームの物語なのだ。

個性を武器に

カミーノでは、パルパティーンによる銀河帝国設立の演説が称賛され、クロスヘアーを除くバッド・バッチメンバーは疑念を深める。一方で『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977) からシリーズに登場している帝国のターキン提督が、カミーノを訪ねて来ていた。曰くクローンの製造を見直すという。ここでスター・ウォーズ史の長年の疑問に対して新たな証言がもたらされているのだが、詳しくはこちらの記事を参照していただきたい。

バッド・バッチの前に現れたのは、オメガという名の少女。一方のオメガとバッド・バッチは、クローン兵相手に食堂で乱闘騒ぎを起こしてしまう。気絶したエコーを治療した医療ドロイドのAZI-345211896246498721347(以下、AZI)は、エコーを除くバッド・バッチのメンバーに対して「残念なお知らせ」として、4人が「遺伝的欠陥のあるクローン」だと告げる。同情するAZIに対し、テックは「欠陥というより個性だ」と反論する。

乱闘騒ぎの様子を見ていたターキン提督は5人に模擬戦闘を課すが、バッド・バッチはあっという間にこれを制圧。ターキン提督は実弾と戦闘用ドロイドの投入を指示するが、イレギュラーな戦い方で臨機応変に対応するバッド・バッチは物ともしない。他者から見れば「欠陥」とされてしまう「個性」が、バッド・バッチの強さの秘密なのだ。

このシーンで投入されたバトル・ドロイドに関する考察はこちらの記事で。

ソウ・ゲレラって誰?

5人の腕を見込んだターキン提督は、バッド・バッチを戦力として期待しながらも、その忠誠心を試すためにバッド・バッチをオンダロンに送り込む。反乱分子を排除するというミッションだったが、そこにいたのは元共和国の人間たち。そして、それを率いていたのは若き日のソウ・ゲレラだった。ソウ・ゲレラは、映画版では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016) に登場したジン・アーソの育ての親で、フォレスト・ウィテカーが演じた。『クローン・ウォーズ』ではオビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー、アソーカ・タノ、キャプテン・レックスから訓練を受けている。

ソウ・ゲレラは、ここにいるのは市民だけであり、帝国軍はオーダー66によって共和国を転覆したという真実をハンターに告げる。「時代と共に生き延びるか、過去と心中するか」を迫られたハンターは任務の中止を決断。ハンターは更にバッド・バッチに同行したがっていたオメガが高性能クローンだという事実をテックから聞かされ、カミーノへの帰還を選択する。

だが、クロスヘアーはこれに納得がいかない。命令違反に対して異様に反対しているのだ。カミーノに戻った一同だったが、あっという間に捕らえられ、同じく捕らえられていたオメガと意外な形で合流する。オメガはクロスヘアーに「あなたのせいじゃない」と語りかけるが、クロスヘアーにオーダー66の効果が現れていることを見抜いたターキン提督は、彼のプログラムを強化してしまう。帝国の兵士となったクロスヘアーは脱獄した5人の前に立ちはだかるが、最後には意外な形で決着がつき、バッド・バッチは新たな“5人”で銀河に飛び立っていくのだった。ある“つて”を辿って——

考察! バッド・バッチが向かったのは?

バッド・バッチが最後に向かったのは、J-19。ある人物を訪ねるというが、テックが言う通り、バッド・バッチには友人が少ない。これは、オーダー66によってほとんど全てのクローンが帝国側についたということも理由の一端ではあるだろう。

では、J-19にいる人物とは一体誰なのだろうか。考えられるのは、『クローン・ウォーズ』シーズン2に登場したカット・ロクウェインだ。カット・ロクウェインはクローン兵として生まれたが、他者を殺すことを好まず、共和国軍から逃亡した。オーダー66の影響を受けていなければ、今は家族で平和な暮らしをしているはずだ。だが、平和に暮らすことを望んでいたカット・ロクウェインは、帝国から逃れてきたバッド・バッチを受け入れてくれるのだろうか。それとも、J-19にいるのは他の人物なのだろうか。第2話の展開に注目したい。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は全6話が配信される予定で、毎週金曜日に最新話が配信される。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』はDisney+で独占配信中。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』(Disney+)

『バッド・バッチ』第2話のネタバレ解説はこちらの記事で。

『マンダロリアン』シーズン3についての情報はこちらから。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【あらすじ】アニメ『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』イスラ・ヌブラル島での新たな冒険。9月18日配信【声優・製作陣・予告】

    2. 【ネタバレ 考察】『アンダン〜時を超える者〜』シーズン2はある? エンディングを解説

    3. 『トランスフォーマー : ウォー・フォー・サイバトロン』第Ⅱ章アースライズは12月30日(水)配信開始! 日本語予告解禁

    4. 米“アニメアワード 2019”発表! 『DEVILMAN crybaby』が最優秀作品賞 (受賞リスト掲載)