ダーク・トルーパーのルーツ?『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』に『マンダロリアン』への布石 | VG+ (バゴプラ)

ダーク・トルーパーのルーツ?『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』に『マンダロリアン』への布石

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved / Star Wars: Galaxy of Heroesより

『バッド・バッチ』が新たな歴史刻む

2021年5月4日(火)よりDisney+で独占配信されている『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008-2020) と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005) のその後を描く「スター・ウォーズ」の新シリーズ。“不良分隊”とも呼ばれるエリートのクローン兵チーム“バッド・バッチ”を中心に据えて物語が展開される。2019年に配信を開始したドラマ『マンダロリアン』に続き、Disney+で「スター・ウォーズ」の新たな歴史が刻まれている。

5月4日に配信された『バッド・バッチ』第1話「余波」は通常よりも長めのストーリーで多くの見せ場が用意されていた。その中でも、注目したいのが『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977) から度々登場しているターキン提督に関連するシーンだ。『バッド・バッチ』の28年後に舞台が設定されているドラマ『マンダロリアン』に繋がるあるキャラクターが登場する。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『マンダロリアン』シーズン2最終話の内容に関するネタバレを含みます。

『バッド・バッチ』に登場したあのドロイドは?

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』第1話では、ターキン提督の命でバッド・バッチの5人が模擬戦闘を行うシーンが登場する。難なくこれの試験をクリアしたかに見えたバッド・バッチだったが、ターキン提督はここで実弾を使った兵器の投入を指示する。バッド・バッチだけでなく施設が傷つくことを恐れたラマ・スー首相は一度はこれを断るが、大事な取引相手であるターキン提督が「弁償ならいくらでもする」と言ったからには断れない。

ここで投入されたのは既存のドロイドとは圧倒的に性能の違う戦闘用のドロイド。その姿はダーク・トルーパーを想起させる。

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

ダーク・トルーパーは第3世代のモデルが『マンダロリアン』シーズン2の最終回に登場している。『マンダロリアン』では第3世代ダーク・トルーパーは圧倒的な強さを見せ、これを撃破できたのはルーク・スカイウォーカーだけだった。

『バッド・バッチ』に登場したドロイドは、『Star Wars: Dark Forces』(1995) に登場したフェイズII ダーク・トルーパーに容姿が似ている。『Star Wars: Dark Forces』ではロム・モーク将軍が高度な戦闘をこなせるバトル・ドロイドを主力とする“ダーク・トルーパー計画”を進めていたが、このストーリーラインは後に正史から外れている。

ダーク・トルーパーの開発を進めていたのは?

ダーク・トルーパーはスター・ウォーズの正史(カノン)に含まれる『マンダロリアン』に登場したが、前述の通り、『バッド・バッチ』の舞台は『マンダロリアン』の28年も前に遡る。モフ・ギデオンは帝国軍の残党に残された最新型のダーク・トルーパーを従えていたが、『バッド・バッチ』のダーク・トルーパー風ドロイドを見る限り、正史においても段階的にダーク・トルーパーの開発が進められていたものと考えられる。

このバトル・ドロイドは圧倒的な火力でバッド・バッチを追い込んでいったが、疑問は誰がこのドロイドを用意していたのかということである。『Star Wars: Dark Forces』ではロム・モーク将軍がダーク・トルーパーの開発に注力すると決めたのは、クローン戦争におけるバトル・ドロイドの限界を目の当たりにしたからだ。だが、正史においてここまでの戦闘力を持つバトル・ドロイドがクローン戦争終結時点で作られていたということは、何者かが共和国時代から高性能バトル・ドロイドの開発を進めていたということである。

『バッド・バッチ』第1話で帝国のターキン提督がクローンの製造拠点であるカミーノに出向き、クローン利用の中止を告げているのを見るに、パルパティーンはクローン戦争終結後にクローン兵の代替となる戦力を戦争終結前から模索していたのかもしれない。パルパティーンがそんなにも用意周到にダーク・トルーパーの開発を進めていたのであれば、モフ・ギデオンが『マンダロリアン』において切り札としてダーク・トルーパーを頼りにしていたことにも合点がいくが、果たして……。

なお、『バッド・バッチ』第1話ではターキン提督の口から帝国がクローン兵の製造を中止した意外な理由が語られている。その内容はこちらの記事で確認していただきたい。

ホットトイズ(Hot Toys)
¥43,800 (2022/08/17 11:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

「スター・ウォーズ」の歴史を更新していく『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は2021年5月4日(火)よりDisney+で独占配信中。全16話が配信される予定で、毎週金曜日に最新話が更新される。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』(Disney+)

第1話のネタバレ解説はこちらの記事で。

第2話の解説はこちらから。

『マンダロリアン』シーズン3についての情報はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ネタバレ解説『ONE PIECE FILM RED』ラストの意味は? シャンクスとウタはどうなった? 考察&感想

    2. 第9話ネタバレ感想!『SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)』あらすじ・考察・解説~関係ない奴なんか居ない~

    3. ネタバレ解説 スターク社が兵器開発をやめた理由とは『ホワット・イフ…?』第6話で示された真実

    4. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第14話 ウォー・マントル計画始動。スター・ウォーズの転換点を描く あらすじ&考察