『零合 百合総合文芸誌』創刊 発売一週間で重版決定の注目誌 読切小説9編を収録 | VG+ (バゴプラ)

『零合 百合総合文芸誌』創刊 発売一週間で重版決定の注目誌 読切小説9編を収録

© ZEROGOHSHA

『零合』創刊!

女性同士の様々な関係性を描く〈百合〉の総合文芸誌『零合 百合総合文芸誌』が2022年2月に創刊。Amazonでも品切れになるほどの人気を得て、発売から一週間で重版が決定した。また、2023年夏には第二号が刊行される。

『零合』は一般の書店で購入できるが、品切れになっている店舗もある。アニメイト系列店等では特典の小冊子「同人誌『零合』0.99」もついてくるので、取り扱い書店は公式サイトでチェックしよう。なお、Kindleでも配信されているが、漫画は紙版限定の掲載となる。

¥1,250 (2024/05/23 23:12:04時点 Amazon調べ-詳細)

『零合』の第一号には、『零合』の一週間前に刊行された『百合小説コレクション wiz』(河出文庫) に百合文芸小説コンテスト大賞受賞作「嘘つき姫」が収録された坂崎かおる、2019年に『アガートラムは蒼穹を撃つ』で第6回オーバーラップ文庫大賞銀賞を受賞した山口隼、『ネコばあさんの家に魔女が来た』(KADOKAWA, 2020) やKaguya Planet掲載の「Linguicide,言語消滅」(2021) で知られる赤坂パトリシア、自らも短編を寄稿した京都破壊SFアンソロジー『京新星爆発』の企画編集を手掛け『零合』で商業デビューを果たす御神楽、電子書籍の百合小説出版で高い支持を得てこちらも『零合』で商業デビューとなる綾加奈、Kaguya Planetで発表したジョイス・チング「まめやかな娘」(2021) をはじめとする英日翻訳を手掛け自身の作品も複数の海外文芸誌に掲載されている他数多くの文芸企画・編集を手掛けている紅坂紫、「あなたに捧ぐ円環」で第3回百合文芸コンテストpixiv賞を受賞した伊島糸雨、『異常論文』(早川書房, 2021) 収録の「空間把握能力の欠如による次元拡張レウム語の再解釈 およびその完全な言語的対称性」で知られる青島もうじき、零合舎を発起人であり『殺伐百合アンソロジー: Edge of Lilies』(2022) でも責任編集を務めたれむれむの小説が収録される。

また、志村貴子が表紙イラスト、一色が裏表紙イラスト、トアケミカゲちふりが口絵、AsH(灰)が袖絵を提供している他、作家の逢坂冬馬みかみてれんによる創刊に寄せたコメントも掲載されている。

『零合 百合総合文芸誌』創刊号収録作品と概要は以下の通り。

『零合 百合総合文芸誌』創刊号収録作

坂崎かおる「あーちゃんはかあいそうでかあいい」
山口隼「嘘n」《n乗目の嘘》
赤坂パトリシア「不安スポンジたち」
御神楽「人よ、子らのスティグマよ」
綾加奈「過去にはなく、未来にもなく」
紅坂紫「セイレーン」
伊島糸雨「躯駆罹彾㣔記」《くくりれいていき》
青島もうじき「ドロステの渚にて」
れむれむ「東京デザート2019」

 

表紙:志村貴子
裏表紙:一色
口絵:トアケミカゲ / ちふり
袖絵:AsH(灰)
カバーデザイン:Kaoru Miyazaki

定価:1,870円(税込)
頁数:354

『零合 百合総合文芸誌』創刊号は発売中。

¥1,250 (2024/05/23 23:12:04時点 Amazon調べ-詳細)

零合舎 公式サイト

百合文芸ではアンソロジーの『百合小説コレクション wiz』が河出書房から刊行されたばかりで、こちらにも坂崎かおるが参加している。詳細はこちらから。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 【コラボ企画】日本SFアンソロジーの季節 vol.04 『 SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(井上彼方 編)

  2. 大阪/京都SFアンソロジー、大阪&京都の書店で先行発売中! 京阪だけの限定特典も

  3. 今最も注目のSF作家、ケン・リュウの映像化作品は? 実は実写化されていたアノ作品

  4. 第39回日本SF大賞発表 山尾悠子『飛ぶ孔雀』、円城塔『文字渦』が大賞、横田順彌に功績賞