珠玉のアンソロジー『百合小説コレクション wiz』2月7日発売 坂崎かおるの百合文芸小説コンテスト大賞作品も収録 | VG+ (バゴプラ)

珠玉のアンソロジー『百合小説コレクション wiz』2月7日発売 坂崎かおるの百合文芸小説コンテスト大賞作品も収録

© Kawade Shobo Shinsha., Ltd. All Rights Reserved.

『百合小説コレクション wiz』発売

著名作家と新鋭が競演する百合小説アンソロジー『百合小説コレクション wiz』(河出文庫) が、河出書房新社より2023年2月7日(水)に発売。書き下ろし6編と「第4回百合文芸小説コンテスト」の受賞作2編を合わせた計8編が収録される。装画を手掛けたのはめばち。装幀は名和田耕平デザイン事務所

河出書房新社
¥1,100 (2024/06/17 19:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

『wiz』に収録されるのは、女性同士の様々な関係性を捉える〈百合〉小説。信条が恋人たちをすれ違わせる斜線堂有紀「選挙に絶対行きたくない家のソファーで食べて寝て映画観たい」、第4回百合文芸小説コンテストで河出書房新社賞を受賞した小野繙「あの日、私たちはバスに乗った」、歪で淫靡な過程を描く櫛木理宇「パンと蜜月」宮木あや子のマスターピース『雨の塔』のスピンオフ「エリアンタス・ロバートソン」アサウラの15年ぶりのオリジナル百合小説「悪い奴」、第4回百合文芸小説コンテストで大賞を受賞した坂崎かおる「嘘つき姫」南木義隆の新境地となる現代ファンタジー「魔術師の恋その他の物語(Love of the bewitcher and other stories.)」、“百合を創る”営為を問う深緑野分「運命」の8編を収録。多様な百合小説の〈今〉が詰め込まれている。

『百合小説コレクション wiz』は、著者紹介も充実。非商業も含む著者の百合作品の紹介に加え、著者自身がオススメする百合作品も紹介されている。著者が今ハマっている百合作品や、次に読んでほしい百合小説、原点の百合作品など、それぞれ異なる切り口で紹介される百合作品群も要チェックだ。

『百合小説コレクション wiz』収録作品(収録順)
・斜線堂有紀「選挙に絶対行きたくない家のソファーで食べて寝て映画観たい」
・小野繙  「あの日、私たちはバスに乗った」
・櫛木理宇 「パンと蜜月」
・宮木あや子「エリアンタス・ロバートソン」
・アサウラ 「悪い奴」
・坂崎かおる「嘘つき姫」
・南木義隆 「魔術師の恋その他の物語(Love of the bewitcher and other stories.)」
・深緑野分 「運命」

河出書房新社
¥1,100 (2024/06/17 19:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

TOPIC:坂崎かおるの軌跡
『百合小説コレクション wiz』に第4回百合文芸小説コンテスト大賞受賞作品「嘘つき姫」が収録される坂崎かおるは、快進撃が続く注目の作家の一人。2020年に開催された第1回かぐやSFコンテストで十数年ぶりに書いた小説「リモート」が審査員・井上彼方の推薦を得て審査員特別賞を受賞。Toshiya Kameiによる同作の英語訳が米Daily Science Fictionに掲載された。

 

2021年には、オンラインSF誌のKaguya PlanetにSF短編「パラミツ戦記」を寄稿。姉妹編の「常夜の国」が『SFG vol.3』に掲載されている。第2回かぐやSFコンテストで審査員を務める傍ら、「ファーサイド」で第1回日本SF作家クラブの小さな小説コンテストで日本SF作家クラブ賞を受賞した。同年、「電信柱より」で第3回百合文芸コンテストのSFマガジン賞を受賞し、同作が『SFマガジン 2021年8月号』(早川書房)に掲載された。年末のブンゲイファイトクラブ3では準優勝。

 

2022年には「電信柱より」が大森望編『ベストSF2022』(竹書房)に収録された。第28回三田文学新人賞では「あたう」が佳作に入賞、井上彼方編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books/社会評論社)には「リトル・アーカイブス」を寄稿し、Kaguya Planetに「アネクドート」が掲載された。商業文芸誌へのエッセイ寄稿や犬と街灯『貝楼諸島へ』、阿瀬みち企画・編集『人魚アンソロジー 海界』、雑誌「星々」への寄稿、SFラップユニットGas ma’への作品提供など精力的に執筆活動を続け、第3回百合文芸コンテストでは「嘘つき姫」で大賞を受賞。同作が『コミック百合姫 2023年1月号』(一迅社)に掲載された。

 

2023年は「嘘つき姫」が『百合小説コレクション wiz』に収録され、2023年2月14日発売の『零合 創刊号』(零合舎)に「あーちゃんはかあいそうでかあいい」が収録される。『百合小説コレクション wiz』の印税の一部は、LGBTQの支援団体へ寄付している。

百合小説アンソロジー『百合小説コレクション wiz』(河出文庫)は2023年2月7日(火)発売。

河出書房新社
¥1,100 (2024/06/17 19:35:40時点 Amazon調べ-詳細)

坂崎かおるの短編小説「アネクドート」 「パラミツ戦記」はKaguya Planetで配信中。

坂崎かおる「リトル・アーカイブス」は井上彼方編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books/社会評論社)に収録。

¥2,970 (2024/06/17 16:58:19時点 Amazon調べ-詳細)

坂崎かおる「電信柱より」は大森望編『ベストSF2022』(竹書房)に収録。

¥1,650 (2024/06/16 23:58:13時点 Amazon調べ-詳細)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 犬と街灯「島アンソロジー」開催中

  2. 【発売前重版】『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』が8月29日発売 25編収録の新SFシリーズ

  3. Kaguya Planet 8月先行公開、大竹竜平「祖母に跨る」配信開始!

  4. 星々を目指した女性パイロット描く——メアリ・ロビネット・コワル『宇宙【そら】へ』 SF最高賞三賞を制した歴史改変SFが8月20日発売