「京都/大阪SFアンソロジー」公募実施! | VG+ (バゴプラ)

「京都/大阪SFアンソロジー」公募実施!

「京都/大阪SFアンソロジー」2023年夏刊行!

SF企業VGプラスが運営するレーベル、Kaguya Booksから2023年の夏に正井編『大阪SFアンソロジー(仮)』井上彼方編『京都SFアンソロジー(仮)』を刊行します。

「京都/大阪SFアンソロジー」は、井上彼方編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』に続くKaguya Booksから刊行されるSFアンソロジーの第二弾です。出版社は社会評論社で、それぞれ、その土地にゆかりのある編者と作家が参加するアンソロジーとなっています。

この度、この2冊に収録するSF短編小説の公募を実施します。下記の要項をご確認の上、ぜひご参加ください。

注意⚠️

※『大阪SFアンソロジー(仮)』と『京都SFアンソロジー(仮)』では、【応募資格】【募集期間】【コンセプト】などが異なります。応募されるアンソロジーの募集要項をよく確認して応募してください。

正井 編『大阪SFアンソロジー(仮)』

『大阪SFアンソロジー(仮)』の編者を務めるのは、作家の正井さんです。正井さんは、「大食い女」を寄稿した『フード性悪説アンソロジー 燦々たる食卓』(2018) をはじめ、数多くの同人誌で小説および短歌・俳句を発表してきました。2019年にはSF短編集『沈黙のために (新装版)』を発行しています。

2019年には第一回ブンゲイファイトクラブで本戦に出場し、2020年には「よーほるの」で第一回かぐやSFコンテストの最終候補に選出されました。その後、オンラインSF誌Kaguya Planetで人魚譚「宇比川」(2020)とジェンダーSF「優しい女」(2021)を発表し、幅広い作風と独特の文体、そして巧緻でリアルな人物造形によって多くの人を魅了しました。

2022年には井上彼方編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books)に、表題作となる「朧木果樹園の軌跡」を寄稿しました。

¥2,970 (2024/06/20 16:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

その正井さんが編者を務める『大阪SFアンソロジー(仮)』では、大阪在住の作家や大阪にゆかりのある作家の皆さんに参加していただき、「2045年の大阪」および「歴史の積み重ね」をテーマにしたSFアンソロジーを目指しています。

「大阪SFアンソロジー(仮)」収録作品の募集要項

  • 対象作品
    以下のコンセプトに則った、「2045年の大阪」および「歴史の積み重ね」をテーマにしたSF短編小説
    ※ウェブ上や非商業同人誌など、いかなる媒体でも既に発表した作品は応募不可とします。
  • 応募資格
    大阪在住または大阪出身の方。プロ・アマ問わずご応募いただけます。
  • 文字数
    10,000字程度
    ※スペース、ルビは文字数に含みません。
  • 審査員
    正井、Kaguya Books 編集部
  • 収録先
    2023年夏に刊行予定の正井編『大阪SFアンソロジー(仮)』(Kaguya Books/社会評論社)
    ※採用された作品は、編集者との改稿作業を経て収録されます。
  • 原稿料
    書籍収録にあたっては規定の原稿料と印税が支払われます。
  • 募集期間
    2023年3月15日(水)〜2023年3月25日(土) 23:59
  • 応募方法
    募集期間に開設する応募フォームからご応募ください。
  • 選考期間
    2023年3月26日(日)〜2023年5月頃
    選考結果の発表は、採用させていただいた作品の執筆者へのメール連絡とさせていただきます。
  • 一人一作品まで
  • 採用本数
    最大2編
  • 『大阪SFアンソロジー(仮)』コンセプト

井上彼方 編『京都SFアンソロジー(仮)』

『京都SFアンソロジー(仮)』の編者を務めるのはオンラインSF誌Kaguya Planetのコーディネーターの井上彼方さんです。井上さんはこれまでに『社会・からだ・私についてフェミニズムと考える本』(社会評論社)、『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books/社会評論社)で編者を務めました。現在は京都市内に在住。

「京都SFアンソロジー(仮)」は京都出身の作家など京都に由来のある作家に参加していただく、「観光地の向こう側」をテーマにしたSFアンソロジーです。

「京都SFアンソロジー」収録作品の募集要項

  • 対象作品
    以下のコンセプトに則った京都を舞台にしたSF短編小説
    ※ウェブ上や非商業同人誌など、いかなる媒体でも既に発表した作品は応募不可とします。
  • 応募資格
    京都府在住または京都府出身、または京都府に3年間以上住んだことがある方。プロ・アマ問わずご応募いただけます。
  • 文字数
    10,000字程度
    ※スペース、ルビは文字数に含みません。
  • 審査員
    井上彼方、Kaguya Books 編集部
  • 収録先
    2023年夏に刊行予定の井上彼方編『京都SFアンソロジー(仮)』(Kaguya Books/社会評論社)
    ※採用された作品は、編集者との改稿作業を経て収録されます。
  • 原稿料
    書籍収録にあたっては規定の原稿料と印税が支払われます。
  • 募集期間
    2023年4月10日(月)〜2023年4月17日(月) 23:59
  • 応募方法
    募集期間に開設する応募フォームからご応募ください。
  • 選考期間
    2023年4月18日(火)〜2023年4月30日(日)
    選考結果の発表は、採用させていただいた作品の執筆者へのメール連絡とさせていただきます。
  • 一人一作品まで
  • 採用本数
    2編程度
  • 『京都SFアンソロジー(仮)』コンセプト

応募される際にはリンク先の「コンセプト」は必ずお読みください!
また、「大阪」と「京都」の両方の応募資格を満たす方は、それぞれに一編ずつ応募することができます。

読者の皆さんも、書籍の詳細の発表を期待してお待ちください!

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 2月のKaguya Planet、執筆者&インタビュー発表!

  2. 【コラボ企画】日本SFアンソロジーの季節 vol.05 『Genesis この光が落ちないように』

  3. Kaguya Planet×SFG シェアード・ワールド企画 執筆者公表、公募も!

  4. 冬乃くじ「国破れて在りしもの」無料公開!姿を変えていく都市を描いたSF短編小説【Kaguya Planet】