日本語版主題歌にSexy Zone「Try This One More Time」が決定!『トランスフォーマー/ビースト覚醒』 | VG+ (バゴプラ)

日本語版主題歌にSexy Zone「Try This One More Time」が決定!『トランスフォーマー/ビースト覚醒』

(c)2023 PARAMOUNT PICTURES. HASBRO, TRANSFORMERS AND ALL RELATED CHARACTERS ARE TRADEMARKS OF HASBRO.(c)2023 HASBRO

2023年8月4日全国公開

2023年6月16日に全米公開され、米映画評論サイトRotten Tomatoesでシリーズ最高評価を獲得した『トランスフォーマー/ビースト覚醒』。その日本語版主題歌にSexy Zone「Try This One More Time」が起用されることが発表された。

Sexy Zoneは『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の人間側主人公であり、アンソニー・ラモス演じるノア・ディアスの日本語版吹替声優の中島健人の所属するグループだ。日本語版主題歌と聞くと不安に感じるファンもいるかもしれないが、今回の楽曲「Try This One More Time」は『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のテーマである90年代HIP-HOPを意識したラップとなっている。

そして「Try This One More Time」で最も注目すべきはその歌詞だ。「Try This One More Time」では「争いはSTOP」というフレーズがパンチラインに採用されており、これは『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997-1998)のオープニングテーマの下町兄弟「WAR WAR! STOP IT」のパンチラインである「WAR WAR 争いはSTOP IT」のリスペクトであることがインタビューで明かされている。

原語版主題歌も『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の舞台であるHIP-HOPカルチャーが花開いた1994年のニューヨーク州ブルックリンを強く意識したナズfeat.ジェイコブ・バンクス「On My Soul」が起用されるなど、HIP-HOPカルチャーと「トランスフォーマー」シリーズの融合を図った『トランスフォーマー/ビースト覚醒』。「On My Soul」を歌う1人であるトベ・ンウィーグウェは主人公の友人リーク役として映画本編にも出演している。

他にも『トランスフォーマー/ビースト覚醒』ではこれまでの実写映画版「トランスフォーマー」シリーズを彩ったリンキン・パークやイマジン・ドラゴンズの楽曲も使用されることが発表されている。音楽面でも目の離せない『トランスフォーマー/ビースト覚醒』に今後も注目していきたい。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』は2023年8月4日より全国公開。

映画『トランスフォーマー /ビースト覚醒』公式サイト

中島健人と仲里依紗による吹替声優決定に関する記事はこちらから。

オリエンタルラジオ藤森慎吾ら追加の吹替声優決定に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』予告映像の第2弾はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁された本編映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁されたインタビュー映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』の下敷きとなった『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のキャラクター紹介記事はこちらから。

『バンブルビー』振り返り記事はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説!『ゴジラvsコング』の登場怪獣をまとめて紹介。過去作との比較も

  2. ラストシーンの意味とは?『トランスフォーマー/ビースト覚醒』ネタバレ解説&考察

  3. 『アントマン&ワスプ:クアントマニア』上映時間は2時間5分 シリーズ最長もフェーズ5は“短め”のスタート

  4. 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トム・ホランドが「史上最高級のスーパーヒーロー映画」予告上映イベントにサプライズ登場