N・K・ジェミシン『第五の季節』三部作 映像化の権利をソニー傘下のトライスターが獲得 著者も製作に加わる | VG+ (バゴプラ)

N・K・ジェミシン『第五の季節』三部作 映像化の権利をソニー傘下のトライスターが獲得 著者も製作に加わる

©︎ TOKYO SOGENSHA Co., Ltd.

《破壊された地球》三部作 映像化に進展

N・K・ジェミシンの『第五の季節』から始まる《破壊された地球》三部作の映像化の権利をソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント傘下のトライスターピクチャーズが獲得した。Deadlineが報じ、N・K・ジェミシンも自身のTwitterで報告している。

映像化の権利を獲得したトライスターは、『トータル・リコール』(1990) や『ターミネーター2』(1991)、『第9地区』(2009) といった作品を手掛けてきた映画製作会社で、『第9地区』の続編となる『第10地区(原題:District 10)』もトライスターが手がけることになっている。

Deadlineによると、今回、トライスターは数億円で《破壊された地球》三部作の映像化の権利を獲得したという。ドラマ化なのか、映画化なのかについては言及されていないが、トライスターは映画制作会社であるため映画化の可能性が高いと考えられる。また、原作者のN・K・ジェミシン自身が作品の映像化を手掛けるとされているが、脚本を手がけるのか監督を務めるのかなど、詳細は不明である。N・K・ジェミシンはドラマやゲームといった映像メディアもこよなく愛する作家と知られており、期待が高まる。

『第五の季節』から始まる《破壊された地球》三部作の映像化については、2017年8月にワーナー傘下のTNTがドラマするという手掛けるという報道があった。N・K・ジェミシン自身も2019年6月の時点で製作は進んでいるとツイートしていたが、パンデミック下に入った後、このツイートは削除されていた。

今回ジェミシンは「皆さんから《破壊された地球》のドラマ/映画化のアップデートについて聞かれていましたが、何も言えませんでした。なぜなら多くのことが起きていたからです。しかし、ようやくお伝えすることができます」とツイート。多くのファンと関係者から祝福のツイートが届き、喜びを共有している。

なお、N・K・ジェミシンはDCコミックスの『グリーン・ランタン』最新作で原作を担当し、人気の米オンライン講座「マスタークラス」に登場するなど、目覚ましい活躍を続けている。

前人未到のヒューゴー賞三連覇

《破壊された地球》三部作は、第一弾の『第五の季節』から三作連続でSF最高賞のヒューゴー賞を受賞し、前人未到の三連覇を達成した唯一無二のSFシリーズだ。日本では、2020年に創元SF文庫から小野田和子による『第五の季節』の日本語訳が発売され、シリーズの刊行が始まっている。アジアに初のヒューゴー賞をもたらした「三体」と並び、現代SFを代表するシリーズの一つである。

小説『第五の季節』は、“第五の季節”と呼ばれる天変地異が数百年おきに発生する世界が舞台。この天変地異を抑える能力を持ちながら、その力ゆえに人々から虐げられている能力者・オロジェンたちの物語を描く。詳しいあらすじはこちらの記事で。書評はこちらから。

N・K・ジェミシン《破壊された地球》三部作の第一弾『第五の季節』(小野田和子 訳) は東京創元社より発売中。

東京創元社
¥1,650 (2021/06/15 12:06:34時点 Amazon調べ-詳細)

Source
Deadline / N.K. Jemisin Twitter

2021年3月には、N・K・ジェミシンの『空の都の神々は』から始まるThe Inheritanceトリロジーのドラマ化も報じられている。

日本では、N・K・ジェミシンがよしながふみの漫画『大奥』に影響を受けていたことが話題になった。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 二刀流生活にセクハラ問題…。『ブラックパンサー』と『ワンダーウーマン』に見る、困難を乗り越えて実写化を成功させた若手映画監督

    2. アカデミー新会員の招待者に細田守、新海誠、菅野よう子。#MeToo、#OscarSoWhiteの影響も

    3. 『スカイウォーカーの夜明け』に出演したキャスト&吹き替え声優まとめ【スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】

    4. ハリウッドの常識を覆す! 『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督が短編映画を作る理由