『第五の季節』N・K・ジェミシンが米オンライン講座「マスタークラス」に登場 マージナルな作家へのメッセージも | VG+ (バゴプラ)

『第五の季節』N・K・ジェミシンが米オンライン講座「マスタークラス」に登場 マージナルな作家へのメッセージも

© 2021 MasterClass

N・K・ジェミシンが人気オンライン講座に

オンライン学習サービスの米マスタークラス (MasterClass) に《破壊された地球》三部作で知られるN・K・ジェミシンが登場した。マスタークラスはプレスリリースで前人未到のヒューゴー賞三連覇を達成した現代最高のSFファンタジー作家を講師陣に迎え入れることを明らかにしている。

マスタークラスは「Learn from the world’s best (世界最高から学ぼう)」というコンセプトを掲げるオンライン教育サービスで、各界のレジェンド級の著名人による講座をサブスクで配信。サミュエル・L・ジャクソンが教える演技クラスや、セリーナ・ウィリアムズが教えるテニスクラスティンバランドが教えるビートメイキングクラスマーティン・スコセッシが教える映画製作クラスアリシア・キーズが教える作詞&楽曲製作クラスなどが配信されている。コロナ禍の自粛需要に乗ったマスタークラスは、2020年5月には1億ドル (約100億円) の資金調達を達成した。

マージナルな作家へのメッセージ

N・K・ジェミシンが教えるクラスは、「ファンタジー&サイエンス・フィクション執筆」。全16回、計4時間にわたり、ファンタジーとSFに特化したライティング技術やプロの作家になるための道筋が語られるという。N・K・ジェミシンの一流の作家としての技術と、長年カウンセラーとして働いていた心理学者としての知識が講座で披露されることになる。

プロモーション動画では、N・K・ジェミシンは「ファンタジーを書く時、“過去”に囚われてはいけません。SFを書く時、“宇宙”に囚われてはいけません」と、スター・ウォーズを例に挙げ、ファンタジーとSFが密接に結びついていることを解説。さらに以下のように語り、マイノリティの作家たちをエンパワメントした。

私が小さい頃、図書館に行くと図書館員におすすめのSF小説を聞いていました。教えられたのは、よく知られた作家たちの名前です。問題は、どれだけたくさんの小説を読んでも、白人の中年男性達が書いた作品には、小さな黒人の女の子だった私に語りかけていると思えるものがなかったということです。

もしあなたが私のようなマージナルな作家であれば、いずれ偏見の壁にぶつかるでしょう。世界には、あなたの“例”を必要としている人々がいます。あなたがその道を切り開くことを必要としている人が。あなたが戦うことによって、その人々の戦いは幾分か楽になるでしょう。それはやるだけの価値があることです。あなたの存在が、その職業を変えることになるのです。

かつて誰も成し遂げられなかったヒューゴー賞長編小説部門三連覇という偉業を達成し、「世界最高峰」へと上り詰めたN・K・ジェミシンによる力強い言葉だ。

また、N・K・ジェミシンはこの発表に際して、自身のTwitterで「何よりも、マージナルなバックグラウンドを持つ方に、自分の作品を世に出すことを勧めたい」とコメントしている。

N・K・ジェミシンが歩んできたキャリアについては、こちらの記事で。

アトウッドらの講座も

マスタークラスでは、SFファンタジー作家としては『侍女の物語』(1985)、『誓願』(2019) で知られるマーガレット・アトウッドや、『サンドマン』(1989) のニール・ゲイマンが講座を提供している。講座は事前に撮影・編集されたものだが、レジュメも配布されるなど、エンターテインメントと専門的な教育を組み合わせた仕組みになっている。

サブスクの価格は年180ドル (約1万8,000円) で「デザイン&スタイル」「音楽」「ビジネス」といった9のカテゴリーから100以上のクラスを受講することができる。日本からの登録も可能で、日本語の配信はないが英語の字幕が提供されている。

MasterClass

N・K・ジェミシンは『空の都の神々は』三部作のドラマ化が発表されたばかり。詳しくはこちらの記事で。

東京創元社から発売されたN・K・ジェミシン『第五の季節』(小野田和子 訳) のレビューはこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【コミコン2018】マーベルの発表まとめ その2【スパイダーゲドン、クローク&ダガー】

    2. 第55回ネビュラ賞発表! 長編部門はサラ・ピンスカー、ゲーム部門に『アウター・ワールド』(受賞リスト掲載)

    3. 「SF作品では人類は一丸に——」在米記者が対コロナウイルスで団結を呼びかけ

    4. 第51回星雲賞 投票受付がスタート 参考候補作も明らかに【SF賞】