N・K・ジェミシン『空の都の神々は』三部作がドラマ化へ 壮大な規模のファンタジードラマを目指す | VG+ (バゴプラ)

N・K・ジェミシン『空の都の神々は』三部作がドラマ化へ 壮大な規模のファンタジードラマを目指す

(C) Hayakawa Publishing Corporation All rights reserved.

N・K・ジェミシン作品がドラマ化へ

SF最高賞のヒューゴー賞三連覇を達成したことで知られるN・K・ジェミシンのThe Inheritanceトリロジーが、テレビドラマ化に向けて動き出したようだ。Deadlineが報じている。The Inheritanceトリロジーのドラマ化オプションを獲得したのは、サーチライト・テレビジョン (旧フォックス)。ジェイダ・ピンケット・スミスとウィル・スミスが創設したWestbrook Studiosが製作に加わり、壮大な規模のファンタジードラマ化を目指すという。

The Inheritanceトリロジーの原作は、Orbit Booksから第1作目『The Hundred Thousand Kingdoms』、第2作目『The Broken Kingdoms』、第3作目『The Kingdom of Gods』が発売されている。日本では第1作目が『空の都の神々は』として、第2作目が『世界樹の影の都』として、佐田千織による翻訳でハヤカワ文庫FTから刊行された。第3作目は未訳となっている。

¥670 (2021/11/29 11:23:27時点 Amazon調べ-詳細)
¥648 (2021/11/29 11:23:28時点 Amazon調べ-詳細)

『空の都の神々は』は、日本で2011年のセンス・オブ・ジェンダー賞海外部門で大賞を受賞。米タイム誌では「ベスト・ファンタジー・ブック・オブ・オール・タイム」の100冊に選ばれた。

なお、N・K・ジェミシンがヒューゴー賞三連覇を達成した《破壊された地球》三部作もドラマ化が進んでいる。日本では第1作目『第五の季節』が小野田和子による翻訳で東京創元社から2020年に刊行されたばかり。2021年には第2作目の『オベリスクの門』が刊行される。

The Inheritanceトリロジーのドラマ化を機に、N・K・ジェミシン作品が更に翻訳されることにも期待しよう。

Source
Deadline

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 香港発のSFドラマ『インベージャン』トレーラーが公開——デジタル社会から排除された若者と高齢者がロボットの侵略に立ち向かう【あらすじを紹介】

    2. ネタバレ解説!『ワンダヴィジョン』第7話 遂に正体が… “ネクサス”の意味は? あらすじ&考察

    3. 『GOTHAM/ゴッサム』チームが若き日のアルフレッドを描く『ペニーワース』、主演に若手俳優のジャック・バノンを抜擢

    4. MCUのヴィランチーム結成か『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』最終話で見えたサンダーボルツ登場の可能性