SFWAが名称を「SFファンタジー作家協会」に変更 国際化に対応し、よりインクルーシブに | VG+ (バゴプラ)

SFWAが名称を「SFファンタジー作家協会」に変更 国際化に対応し、よりインクルーシブに

SFWA

米SFWAが名称を変更

ネビュラ賞などを主催するSFファンタジー関係者による団体のSFWAが、米時間2022年6月30日に新名称での事業申請を行なったことを発表した。旧名称の「Science Fiction and Fantasy Writers of America(アメリカSFファンタジー作家協会)」から、新名称の「Science Fiction and Fantasy Writers Association(SFファンタジー作家協会)」に変更される。

SFWAは世界最大規模のSF・ファンタジー関係者の団体で、1965年に創設されて以降、「アメリカ」を冠した名称を使用し続けてきた。今回の新名称では「アメリカ (America)」が「協会 (Association)」に置き換わる。「SFWA」という略称はそのまま使用されるが、ロゴは新たな名称に変更したものが使用されている。

変更の理由は?

SFWAは、今回の名称変更の理由は「インターナショナルな会員に対して、よりインクルーシブになるため」としている。同団体は現在2,300名以上の会員が所属しており、その4分の1が米国や米国領以外を拠点にしている。57年の歴史を持つ同団体だが、もはや米国中心ではなくなり、次のステップに進む時と考えたようだ。

SFWA会長のジェッフェ・ケネディは、今回の名称変更について以下のようにコメントしている。

コアバリューと現実の構成員を反映して、私たちの組織の名前を拡張できる、ワクワクする場面です。私たちの名前は、多くの人々が長い間取り組んできた私たちのミッションを反映したものでもあります。これは、記念すべき重要な出来事です。

SFWAの公式発表は、以下の言葉で締め括られている。

SFWAは今もSFWAですが、この変更によって、サイエンス・フィクションとファンタジーのクリエイター達に対して、彼女ら/彼らがどの国を故郷と呼んでいようと、どんな新しい次元や世界を想像していようと、私たちはより明確に開かれます。

SFWAは1965年、SF作家で編集者、評論家のデーモン・ナイトらによって創設。2019年から2021年までは、『宇宙【そら】へ』(2018) でヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を受賞したメアリ・ロビネット・コワルが会長を務めていた。現会長のジェッフェ・ケネディは〈Forgotten Empires〉シリーズなどのファンタジーロマンス作品で知られる。

早川書房
¥1,122 (2024/05/27 05:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

今回の名称変更についての発表の全文はこちらから。

SFWA

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 宮澤伊織インタビューの先行配信スタート! 今、宮澤伊織が書いているもの、考えていることとは

  2. 「エヴァンゲリオン」ブランドの“RADIO EVA”、10周年アイテム第二弾を公開 海外メディアも反応

  3. 2022年ヒューゴー賞発表 アーカディ・マーティーン『平和という名の廃墟』が長編小説部門受賞

  4. 女性SFファンタジー関係者リストに参加を——SFWA会長のキャット・ランボーが呼びかけ