『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の撮影が終了 ジェームズ・ガン監督が報告「泣き崩れないように全力」 | VG+ (バゴプラ)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の撮影が終了 ジェームズ・ガン監督が報告「泣き崩れないように全力」

Twitter: @JamesGunn

『GotG3』の撮影が終了

MCU映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』の撮影が終了したようだ。2022年5月7日(土)、前2作に続いて指揮をとるジェームズ・ガン監督が自身のTwitterアカウントで画像と共に報告した。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」トリロジー撮影完了の写真です。この素晴らしいキャストとクルー、彼女ら/彼らの美しき才能、そして親切な魂を愛しています。10年も近く彼女ら/彼らと共に旅をすることができるなんて、私は幸せ者です。

改めて「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が三部作として終わりを迎えたことを報告している。画像には左からクラグリン役のショーン・ガン、マンティス役のポム・クレメンティエフ、ジェームズ・ガン監督を挟んでピーター・クイル役のクリス・プラット、ネビュラ役のカレン・ギラン、ドラックス役のデイヴ・バウディスタが並んでいる。

ジェームズ・ガン監督は続いてガモーラ役のゾーイ・サルダナが写っている写真も投稿。「ゾーイとも私たちと一緒にいましたが、まだ未発表の出演者と写っている写真しかありません!」とコメントしている。

翌5月8日(日)には、ジェームズ・ガン監督はスタッフから贈られたクラッパーボード(カチンコ)の画像をアップし、最後に撮影したカットについて明かしている。

100日以上の撮影期間と、3,000以上のカットの撮影を経て、撮影スタッフから贈られた #GotGVol3 の最後のシーンのスレートです。ロケットが座っていて、ショーンがいて、それ以外には何もない簡単な撮影でした。その場で泣き崩れないように全力を尽くしました。

最後の撮影が自身の弟でクラグリン役を演じるショーン・ガンとのものだったことを明かし、泣き崩れそうだったとしている。続くツイートでは「この10年間のほとんどはガーディアンズの仕事をして、ガーディアンズについて考える時間に費やしてきた」とし、まだVFXや編集の作業が残っているものの、撮影の終了は特別なことだと語っている。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は2023年5月5日(金) の米公開を予定している。2023年2月17日(金) に映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』が公開された後、2023年のMCU映画2作目として公開される。2022年5月4日(水・祝) に日本公開された映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のちょうど一年後に公開されることになる。

また、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』と共に撮影された、2022年中にDisney+で配信予定の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』もジェームズ・ガン監督が監督・脚本を手掛けている。こちらの撮影も完了しており、米国のホリデーシーズンにあたるサンクスギビングホリデーの11月からクリスマスホリデーの12月にかけての配信が予想される。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでは、グルートを主人公に据えた『アイ・アム・グルート(原題)』のDisney+での配信も決定している。こちらは短編アニメシリーズになる予定で、「アドベンチャー・タイム」シリーズなどでエピソード監督を務めた経験があるカーステン・ルポールが監督を務める。ジェームズ・ガンも製作総指揮として参加する予定になっている。

一方、ジェームズ・ガン監督はDCEUドラマ『ピースメイカー』(2021-) のシーズン2を手がけることが決定している。こちらはシーズン1がHBO Max歴代最高の数字を記録するなど大ヒットを記録しており、日本ではU-NEXTより配信を開始している。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は2023年5月5日(金) 米公開予定。

Disney+

新たに公開されたドラマ『ミズ・マーベル』の予告映像はこちらから。

 

【ネタバレ注意】ドラマ『ムーンナイト』最終話の解説はこちらから。

【ネタバレ注意】製作陣とキャストが語った『ムーンナイト』最終話のその後についてはこちらの記事で。

 

【ネタバレ注意】『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』ラストとポストクレジットシーンの解説はこちらから。

【ネタバレ注意】エリザベス・オルセンが語ったワンダの今後についてはこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 2019年中国の映画興収は1位『哪吒』2位『流転の地球』——SF映画躍進、63%が国産映画

    2. 【ドルマムゥ、取引に来たぞ】映画『ドクター・ストレンジ』ラスボス戦を解説。アイデアは構想段階から決まっていた——スコット・デリクソン監督が語る【ネタバレ】

    3. ネタバレ解説『ブラック・ウィドウ』ポストクレジットシーンを徹底考察。最後の〇〇の意味は?

    4. ワンダの“カオス・マジック”とは何か 『ドクター・ストレンジ』と『ワンダヴィジョン』を繋ぐ第8話の“魔法”を考察