最終話ネタバレ『ロキ』あの人物登場の裏に綿密なプラン 製作の裏側が明らかに | VG+ (バゴプラ)

最終話ネタバレ『ロキ』あの人物登場の裏に綿密なプラン 製作の裏側が明らかに

© 2021 Marvel

ドラマ『ロキ』最終話に注目

2021年6月から配信を開始したMCUドラマ『ロキ』は、7月14日(水) に遂に最終話となる第6話の配信を開始。前週7月8日(木) より劇場公開を開始した映画『ブラック・ウィドウ』、翌月8月11日(水)からの配信が発表されたアニメ『ホワット・イフ…?』と合わせて、大きな注目を集めている。

今回は、『ロキ』配信開始から最終話公開まで登場の噂が絶えなかったあの人について、マーベル製作陣が語った内容を紹介しよう。最終話に向けて綿密に張り巡らされた伏線に驚くこと間違いなしだ。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『ロキ』最終話の内容に関するネタバレを含みます。

在り続ける者/カーン登場

『ロキ』最終話の第6話で登場した人物とは、在り続ける者/カーンだ。原作コミックにおける征服者カーンのオリジンである科学者のナサニエル・リチャーズというキャラクターを下敷きにした設定で、大物ヴィランぶりを見せつけた。

征服者カーンは、2023年公開予定の映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』にヴィランとして登場する予定で、以前から『ロキ』への登場が噂されていた。そして、実は製作側もそのヒントを各話に散りばめていたと、プロダクション・デザイナーのカスラ・ファラハニマーベル公式に語っている。

舞台設定が明らかに

マーベル公式が「シタデル (The Citadel)」と呼ぶ在り続ける者/カーンの砦は、孤独に浮かぶ小惑星の上に建てられている。ファラハニによると、これは『Thor #245』(1966) からの引用だという。その上で、「私が初期に構想したのは、建造物が丸々その小惑星から(地続きで)彫り出されたものであり、それ以外の建築材料は存在しないというアイデアでした」と語り、在り続ける者/カーンの拠点であるシタデルが惑星と一体となっていることを明かした。

この惑星は黒い石で構成されているが、なんとこの素材はドラマ『ロキ』の第1話から至るところで使用されていたそうだ。例えば、ラヴォーナ・レンスレイヤー判事が判決を言い渡す裁判所の法壇は黒い石に金色の波模様が入っている。在り続ける者/カーンのオフィスと同じ見た目だ。その他にもラヴォーナの部屋に置かれている彫像や、タイムキーパーにつながるエレベーターの内装も同じ石が使用されている。TVAでも重要な場所に在り続ける者/カーンへのリンクが張り巡らされていたようだ。

「マッドサイエンティストの世捨て人」

カスラ・ファラハニは、そんな異様な場所に住む在り続ける者/カーンという人物を「何もない大きな空間をうろついている、哀しくて孤独な人間」と表現する。シタデルのオフィス以外は廃墟のようになっており、「オフィス以外の部屋を捨てて、オフィスに引きこもっている」のだという。室内に並ぶ本については、以下のように語っている。

年代記や山学、時間に関する学問の本、天文学に占星術の本、あらゆる世界のカルチャーや哲学についての本が揃っています。彼は現実に則した様々な可能性の組み合わせを試そうとする人物です。そのようにして、私たちはこの“マッドサイエンティストの世捨て人”という人物像を作り上げたのです。

在り続ける者/カーンのオフィスの中身はというと、照明器具がないため、主な明かりは暖炉の火で、窓の外から星雲が室内を照らしている。独裁者だが孤独な人物なのだ。

シーズン2に期待

また、ファラハニは、シルヴィに飛ばされたロキが辿り着いたのは異なる場所、異なるタイムラインであることを隠すために、これまでロキが訪れた場所をあえて映し出したと、ラストシーンの意図を明かしている。マーベル公式は、ラストシーンに現れた巨大な像はやはりカーン像であることを認めた上で、「タイムラインを破壊したロキとシルヴィが何を解き放ったのかについては、マーベル・スタジオの『ロキ』がシーズン2で戻ってきたときに、明らかになるでしょう」と、タイムラインをめぐる物語は『ロキ』の中で語られていくことを約束している。

綿密に準備された在り続ける者/カーンの登場は、『ロキ』の物語を、MCUを一体どこに連れて行くのだろうか。

ドラマ『ロキ』シーズン1は全6話がDisney+で独占配信中。

『ロキ』視聴ページ (Disney+)

Source
Marvel.com

在り続ける者/カーンについて、監督・脚本家・俳優が語った内容はこちらの記事で。

ドラマ『ロキ』第6話のあらすじ&ネタバレ解説はこちらの記事で。

最終話ラストシーンについて製作陣とトムヒが語った内容はこちらの記事で。

最終話のポストクレジットと映画『マイティ・ソー』(2011) のつながりについてはこちらの記事で解説している。

シルヴィを演じたソフィア・ディ・マルティーノが最終話のシルヴィの行動について語った内容はこちらの記事で。

トムヒがドラマ『ロキ』を通してロキがどのように変わったか、またメビウスとロキの関係について語った内容はこちらから。

 

映画『ブラック・ウィドウ』のポストクレジットの解説はこちらから。

2021年8月11日(水) から配信を開始するMCU初のアニメシリーズ『ホワット・イフ…?』の予告はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. Netflixドラマ『シスター戦士』シーズン2はある? ショーランナーは「5〜7シーズン作りたい」

    2. 第70回エミー賞ノミネート作品発表。『ハンドメイズ・テイル』『ウエストワールド』等、ドラマ界でもSF作品が存在感

    3. 『ワンダヴィジョン』ダーシーのMCU登場シーンを集めた動画が公開 『ソー』の名場面も

    4. 『オルタード・カーボン』シーズン3はある?「アイデアは山ほど」ショーランナーが語る 【原作小説は三部作】