ネタバレ解説 ドラマ『ロキ』最終話のポストクレジットはなぜ重要か 『マイティ・ソー』との意外な繋がり | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説 ドラマ『ロキ』最終話のポストクレジットはなぜ重要か 『マイティ・ソー』との意外な繋がり

© 2021 Marvel

ドラマ『ロキ』完結

『ワンダヴィジョン』『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』に続く2021年のMCUドラマ第3弾、『ロキ』が7月14日(水)の配信でフィナーレを迎えた。最終話となる第6話では、ロキが追い続けてきた謎が明らかになると共に、MCU作品ではお馴染みのポストクレジットシーンも用意されていた。今回は、『ロキ』最終話第6話のポストクレジットシーンが持つ意外な意味について解説していく。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『ロキ』最終話および映画『マイティ・ソー』の内容に関するネタバレを含みます。

最終話のポストクレジットシーンは…

ドラマ『ロキ』最終話第6話のポストクレジットシーンは、非常にシンプルなものだった。「VARIANT NAME: LAUFEYSON, LOKI(変異体名:ロキ・ラウフェイソン)」と記されたTVAの書類がアップで映し出されると、そこにスタンプが押される。スタンプが離れた跡には「LOKI WILL RETURN IN SEASON 2(ロキはシーズン2で帰ってくる)」と印字されている。

そう、『ロキ』“シーズン1”最終話のポストクレジットは、シーズン2製作決定の発表だったのだ。MCUが広大な世界観を持った今、作品自体を続きがあるような描写(クリフハンガー)で締めたとしても、それが同シリーズの続編で描かれるのかどうかは分からない。例えば『ワンダヴィジョン』最終話には明らかなクリフハンガーがあったが、『ワンダヴィジョン』自体はリミテッド・シリーズとして製作されたため、シーズン2が製作される予定はない。『ワンダヴィジョン』のエンディングは『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』へと続いていくというのが最も有力な見方だ。

そうした事情からか、ドラマ『ロキ』最終話のポストクレジットシーンでは、シーズン2の製作を明確に示した。ロキの物語は『ロキ』で再び描かれるということである。そしてこのシーンは、ロキというキャラクターにとって続編製作とは別の文脈で重要になる。なぜか。それは、兄であるソーとの繋がりを示しているからだ。

ポストクレジットシーンの『マイティ・ソー』との繋がり

ドラマ『ロキ』最終話におけるポストクレジットシーンの「ロキはシーズン2で帰ってくる/LOKI WILL RETURN IN SEASON 2」という表記は、MCUではお馴染みのものだ。「〇〇は(××で)帰ってくる/〇〇 will return(in ××)」という文字がエンドクレジットの後に表示され、MCU次回作に期待を繋げる手法は幾度となく取られてきた。

しかし、この手法が最初に採用された作品が映画『マイティ・ソー』(2011) だということをご存知だろうか。映画『マイティ・ソー』では、エンドロールの最後に「ソーは『アベジャーズ』で帰ってくる/Thor will return in The Avengers」という文字が表示される。映画『アベジャーズ』(2012) の公開が初めてスクリーン上で正式に発表された瞬間である。

その後10年以上にわたって続いていくMCUで初めて「〇〇は帰ってくる」という形の予告が採用されたのが『マイティ・ソー』であり、フェーズ4で初めてそれを引き継いだのが『ロキ』だったのだ。兄から始まった伝統を、MCU初の“ヴィランの主役”である弟が引き継ぎ、それもMCU史上初めての「シーズン2の予告」という形で継承した。この事実を前にして心が震えないロキファンはいないだろう。

(なお、『マイティ・ソー』で「ソーは『アベジャーズ』で帰ってくる」という文字が表示された後のポストクレジットシーンにはロキが登場する。)

『ワンダヴィジョン』でも『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』でも、しっかり目のポストクレジットシーンを用意していたMCUドラマが、『ロキ』では一転してあっさりしたポストクレジットに。だが、それは『マイティ・ソー』から引き継いだMCUの伝統を強調するための演出だったのかもしれない。

ドラマ『ロキ』シーズン1は全6話がDisney+で配信中。

『ロキ』視聴ページ (Disney+)

『ロキ』シーズン1最終話となる第6話のネタバレ解説はこちらの記事で。

トムヒがドラマ『ロキ』を通してロキがどのように変わったか、またメビウスとロキの関係について語った内容はこちらから。

シルヴィを演じたソフィア・ディ・マルティーノが最終話のシルヴィの行動について語った内容はこちらの記事で。

シルヴィの行動の後のラストシーンについて製作陣とトムヒが語った内容はこちらの記事で。

公開中の映画『ブラック・ウィドウ』のポストクレジットシーンについては、こちらこちらの記事に詳しい。

ワニロキ グッズの情報はこちらから。

『ブラック・ウィドウ』のレビュー記事はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『高い城の男』シーズン1でナチス側のキャラを演じたキャストをおさらい—Vol.2 ジョー・ブレイク役俳優が担う新たな時代

    2. 第4話ラストはなぜ重要か『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』が加速させる“ヒーロー不信”のMCUフェーズ4

    3. アル・パチーノがナチスハンターを率いる! Amazonドラマ『ナチ・ハンターズ』のトレーラーが公開

    4. ドラマ『デューン:シスターフッド』のショーランナーにダイアン・アデム=ジョン 製作に進展