第2期7話/31話ネタバレ感想『呪術廻戦』 簡易領域とは? ハロウィンへ向けて物語は進みだす | VG+ (バゴプラ)

第2期7話/31話ネタバレ感想『呪術廻戦』 簡易領域とは? ハロウィンへ向けて物語は進みだす

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

アニメ『呪術廻戦』第2期7話放送

アニメ『呪術廻戦』第2期は9月に入り第7話目、通算第31話目を迎える。『呪術廻戦』は前話から「渋谷事変」編に突入したばかり。再び虎杖悠仁が主人公のストーリーラインに戻り、物語は「渋谷事変」に向けて進行していく。

今回も、アニメ『呪術廻戦』第2期7話、通算31話を原作マンガとの違いも含めてネタバレありで解説していこう。なお、以下の内容はアニメ『呪術廻戦』第2期7話/通算第31話のネタバレを含むが、アニメでまだ扱われていない範囲の原作漫画のネタバレは行わない。アニメの方を視聴してから読んでいただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『呪術廻戦』第2期7話/第31話の内容に関するネタバレを含みます。

アニメ『呪術廻戦』第2期7話/31話「宵祭り」ネタバレ感想&解説

メカ丸 vs 真人

アニメ『呪術廻戦』第2期6話/30話では、メカ丸が呪霊陣営の内通者だったことが明らかになった。だがメカ丸の願いは、真人と取引を交わして無為転変によって自分の身体を動けるようにして、自分の身体で皆に会いにいくことだった。

そのためにも夏油と真人と対峙したメカ丸は、17年と5ヶ月分のエネルギーを充填した究極メカ丸絶対形態 装甲傀儡究極メカ丸試作0号を起動。メカ丸 vs 真人の戦いが幕を開けたのだった。装甲傀儡究極メカ丸試作0号の演出はやはりエヴァっぽい。咆哮をあげるアニメーションもカウントダウンされる数字も音楽も。

メカ丸が1年分のチャージを使って放った大祓砲(ウルトラキャノン)、2年分のチャージを使った二重大祓砲(ミラクルキャノン)を、真人はマグロの姿に変化するなどして避けていく。だが、メカ丸は端からこの攻撃では真人の魂を傷つけられないと分かっていた。真人の術式は、魂さえあれば肉体は自在に変化・再生できるというもの。単なる物理攻撃では倒すことはできないのだ。

メカ丸 vs 真人のロボットアクションは流石MAPPAというクオリティ。真人の『ONE PIECE』のルフィのギアサードっぽいパンチに吹き飛ばされる真人、チャージ5年分の追尾弾〜五重奏〜(ビジョン ヴィオラ)のカラフルな演出、それを避けようとウサギやネズミ、ゴリラなどさまざまな動物に変化する真人に至るまで、アニメならではの映像に仕上がっている。

シン・陰流 簡易領域とは

メカ丸には秘策があった。メカ丸が用意していたのは4発の「簡易領域」を封じた筒状のカプセル。簡易領域とは、シン・陰流の技で、コミックス第5巻収録の35話「京都姉妹校交流会ー団体戦②ー」では、三輪霞が使用していた。簡易領域内では相手は呪術を使用できなくなるため、相手の攻撃を迎撃することができる。三輪は自分の周囲に簡易領域を作る防御策として活用していた。

簡易領域は蘆屋貞綱が考案したシン・陰流に伝わる技術で、習得者はシン・陰流の門外に流出させないという縛りを結ぶことになっている。メカ丸は簡易領域を「“領域”から身を守るための弱者の“領域”」と呼んでいる。

三輪霞とは違い、メカ丸は簡易領域そのものを武器として使う。簡易領域をカプセルを真人の体内で炸裂させることで体内に簡易領域を作り出し、真人の術式を封じることで魂ごと攻撃するというのがメカ丸の作戦だった。

三輪霞の言葉

真人の領域展開「自閉円頓裹」に閉じ込められた後、メカ丸は三発目の簡易領域を炸裂させる。原作漫画では三輪霞の登場は交流会の時の回想の一コマのみだったが、アニメ版では三輪霞のクールな抜刀が描かれている。ファンサービスだろう。また、真人の破裂シーンも漫画版では簡潔に描かれている場面だが、真人の中の様々な生物の形が溢れ出してくる演出になっている。

体の内側から領域を発生させるという作戦で真人を追い込み、三輪霞の笑顔を思い出していたメカ丸だったが、真人はまだやられていなかった。巨大な装甲傀儡究極メカ丸試作0号と同じスケールで戦う真人とのバトルは圧巻。三輪がすでに抜け殻になったメカ丸に語りかけるシーンとのギャップが際立つ。ボディを破壊されて野球交流会に参加できなかったメカ丸に、三輪が「メカ丸とももっと仲良くなりたい。 だから、いつか会いに行くからね」と語りかけるシーンが切ない。

真人は身体を自在に変化できる能力を活用し、カプセルが炸裂するタイミングに合わせて自ら身体を弾けさせていた。あとは仕留めたと油断したメカ丸を力技で倒すだけだ。一方の夏油は嘱託式の帳を試していた。今回、五条らがメカ丸の戦いに気づけなかったのは帳が降ろされていたからだが、夏油は自らが帳を降ろすのではなく、杭に呪符を巻いて誰でも帳を降ろせるようにしていた。これは渋谷事変への予行演習だ。

渋谷事変、始まる

そしてその10日後、2018年10月31日19時に東急百貨店東横店を中心に半径400mの帳が降ろされる。コロナ禍前は恒例になりつつあったハロウィンの渋谷でのお祭り騒ぎに参加した若者たちが渋谷の帳に閉じ込められ、呪術師たちが対処にあたることになる。帳は、非術師は侵入のみ可、“窓”は個人差あり、術師は出入り可能、帳内は電波使用不可という条件になっている。ちなみにとは呪術高専の術師ではない関係者のことである。

この報告を帳外の東京メトロ渋谷駅13番出口側で伊地知から聞いているのは、ななみんこと七海建人が率いる七海班。メンバーは昇級査定中の伏黒恵猪野琢真だ。電波と帳の特徴は関係ないと話す猪野は、ななみんに憧れる2級術師で、ななみんからの推薦にこだわっていることが理由で昇級が遅れている。

帳の外の渋谷マークシティ レストランアベニュー入口では、禪院直毘人(なおびと)が率いる禪院班が新田明から説明を受けている。メンバーは禪院真希釘崎野薔薇だ。閉じ込められた人々は五条悟を連れてくることを要求しているという。ちなみに新田明が説明している間に釘崎野薔薇は真希の制服についたゴミを取ってあげている。アニメオリジナルの演出だ。

同じく帳外のJL渋谷駅新南口では東京校2年担任の日下部篤也パンダと班を組んでいる。ちなみにアニメでは鉄道会社名が「JL」となっているが、原作漫画では「JR」となっている。日下部は、上層部は五条悟単独でこの問題を解決させることを決定したと説明する。ゆえに全員まだ帳の外で待機している状態なのだという。

日下部が「去年の百鬼夜行と違って」と話しているのは、映画『劇場版 呪術廻戦 0』(2021) で描かれた事件のことだ。夏油一派が呪霊1,000体を新宿と京都に放ち、術師たちが対処した。漫画版では戦闘は描かれなかったが、映画版では戦闘がたっぷり描かれている。

また、日下部は渋谷ヒカリエの地下に特級呪霊がゴロゴロいると話す。帳の中では呪霊を恐れる人々の間で言い合いが始まる中、ついに五条悟が到着し、アニメ『呪術廻戦』第2期7話/31話「宵祭り」は幕を閉じる。五条悟が再び夏油一派と対峙することになる。

いよいよハロウィンへ

アニメ化されたハロウィンの夜の渋谷事変の始まりは、映画のような空気感のあるハイクオリティさで、これから始まる事件の重大さが存分に伝わってくるものだった。それに対する五条悟の余裕溢れるいつもの“軽さ”も絶妙なコントラストを生み出している。

『劇場版 呪術廻戦 0』は劇中と同時期であるクリスマスイブに公開されたが、第2期「渋谷事変」編もテレビ放送は劇中と同じくハロウィンに差し掛かる時期に設定されている。ここからハロウィンに向けてどんな盛り上がりを見せていくのか、引き続き注目しよう。

アニメ『呪術廻戦』第2期は2023年7月6日(木) より、毎週木曜23:56~、MBS/TBS 系列全国28局にて放送中。配信先は公式サイトで。

アニメ『呪術廻戦』公式サイト

『呪術廻戦』コミックス第23巻は発売中。

¥502 (2024/05/23 17:46:44時点 Amazon調べ-詳細)

『呪術廻戦』コミックス最新刊第24巻は2023年10月4日(水) 発売で予約受付中。

¥502 (2024/05/23 19:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

今回の原作である第10巻は発売中。

¥460 (2024/05/24 02:30:01時点 Amazon調べ-詳細)
社会評論社
¥1,650 (2024/05/24 09:51:30時点 Amazon調べ-詳細)
社会評論社
¥1,650 (2024/05/24 09:55:51時点 Amazon調べ-詳細)

第2期8話/32話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期6話/30話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期5話/29話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期4話/28話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期3話/27話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期2話/26話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期1話/25話のネタバレ感想&解説はこちらから。

映画『呪術廻戦 0』ラストのネタバレ解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 第2期8話/32話ネタバレ感想『呪術廻戦』五条悟の弱点、領域展延とは? 原作との違いも解説

  2. 『X-MEN‘97』最終話 10話 ネタバレ解説 来たれ、我がX-MEN 感想&考察

  3. 高橋留美子『うる星やつら』が再アニメ化!ティザー映像、原作者コメントも公開

  4. ジブリ映画『ゲド戦記』声優まとめ テルー、アレン、ゲドを演じたのは?