第2期4話/28話ネタバレ感想『呪術廻戦』懐玉・玉折編クライマックス 『0』に繋がる要素も | VG+ (バゴプラ)

第2期4話/28話ネタバレ感想『呪術廻戦』懐玉・玉折編クライマックス 『0』に繋がる要素も

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

アニメ『呪術廻戦』第2期4話放送

芥見下々原作の人気アニメ『呪術廻戦』の第2期が2023年7月から放送を開始した。コミックス第8巻途中の「懐玉・玉折」編から幕をあける第2期だが、「懐玉・玉折」編は第5話/29話まで。早くも「懐玉・玉折」編のクライマックスを迎える。

第2期4話/28話「懐玉-肆-」ではどんな展開が待っていたのか、原作漫画との違いも含めてネタバレありで解説していこう。なお、以下の内容はアニメ『呪術廻戦』第2期4話/通算第28話のネタバレを含むが、アニメでまだ扱われていない範囲の原作漫画のネタバレは行わない。アニメの方を視聴してから読んでいただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『呪術廻戦』第2期4話/第28話の内容に関するネタバレを含みます。

アニメ『呪術廻戦』第2期4話/28話「懐玉-肆-」ネタバレ感想&解説

甚爾の情報開示

前回のラストで伏黒甚爾によって五条悟と天内理子を殺された夏油傑。夏油vs甚爾の戦いが始まる。漫画ではセリフを中心としたバトルシーンになっていたが、アニメ版では薨星宮(こうせいぐう)本殿という舞台を広く使った派手なバトルが描かれる。呪霊を操る夏油と圧倒的なスピードとパワーでそれをいなす甚爾の戦いは迫力満点だ。

甚爾は呪力を持っていないが、呪具が持つ呪力を隠すために、呪具を格納できる呪霊を飼っていた。その呪霊は自分の体を自分自身に格納することでサイズを落とし、甚爾はそれを飲み込むことで、呪霊の呪力をも甚爾の体内に隠していた。天元の結界は“隠す”ためのものであることから、呪力がない甚爾を見つけて排除することはできなかったのだ。

呪力ではなく、人間がのこす足跡や匂いを元に薨星宮にたどり着いた甚爾は、どうやら黒井も殺している。そして甚爾がここまで正直に事実を話すのは、夏油曰く、術師ではない天与呪縛の人間でも情報開示によって能力が底上げされるからだという。術師は術式を開示することによって能力が底上げされるが、天与呪縛でも同様の効果が得られるのだ。つまり、この場面の甚爾は対夏油のために能力の底上げを図っているということだ。

霊丸と夏油の嘘

ペラペラと話す甚爾に対し、夏油は『幽☆遊☆白書』(1990-1994) の浦飯幽助が使う霊丸(レイガン)のように親指と人差し指を立て、右手を左手で支えてイカのような呪霊を放つ。これはアニメオリジナルのシーンであり、手の添え方からして『幽☆遊☆白書』へのオマージュだと考えて間違いないだろう。

原作漫画では開けたところで話していた二人だが、アニメ版では幾重もの襖を隔てて移動しながら会話している。そして黒井の死を悟った夏油が様々な呪霊を操り攻撃を繰り出すが、甚爾は“釈魂刀(しゃくこんとう)”でこれを退ける。コミックスの幕間によると、この釈魂刀は5億円の価値がある。

口裂け女の呪霊は、質問に答えるまで互いに不可侵の縛りを課す簡易領域を作り出す。これをあらゆる術式を強制解除する天逆鉾で破った甚爾に対し、夏油は一瞬の隙をついて甚爾の呪霊を奪おうとする。夏油の術式「呪霊操術」は、2級以上の差があれば無条件で呪霊を取り込むことができる。なお、このやりとりはアニメ版では落ちゆく廊下の中で行われており、緊迫感のあるシーンになっている。

しかし、夏油はこれに失敗。コミックスでの幕間の補足によると、甚爾とこの呪霊の間にはすでに主従関係が成立していたため、夏油はこの呪霊を取り込むためには甚爾を殺して新たな主となる必要があったということだ。

『呪術廻戦』0巻では、夏油は高専に既に主従関係がある場合は呪霊を取り込めないと報告したことが明かされている。主人を殺せば呪霊を取り込めるという情報は高専に伏せていたため、高専は乙骨と主従関係を結んでいる里香を夏油が狙うという可能性を排除してしまった。高専は、生徒時代の夏油の嘘を信じてしまったのだ。

天逆鉾を宙に放った甚爾は、違う武器で夏油を切り裂く。殺さなかった理由として、夏油に取り込まれていた呪霊が解放された時に面倒になることを挙げており、術式を解除してしまう天逆鉾を使わなかった理由もそこにあると思われる。

夏油への忠告

五条、天内、夏油、黒井を退けた伏黒甚爾。親に恵まれた五条らが呪術の使えない甚爾に負けたという事実「長生きしたきゃ忘れんな」と言い放つ。この時、甚爾は呪力がない自分のことを「俺みたいな猿」と呼んでいる。

夏油は後に呪術師ではない人間を「猿」と蔑むことになる。この時の夏油は意識を失っていたのだろうが、非術師に退けられたという事実を忘れたからか、夏油は“長生き”とは無縁の余生を過ごすことになる。

そして甚爾は、「恵まれた」という自分の言葉で、「恵」が自分の名づけた名前であったことを思い出す。第2期2話では、孔から「恵」について聞かれ、甚爾は「誰だっけ」と答えていた。

盤星教本部 星の子の家に天内理子の遺体を運んだ甚爾は任務完了。多額の報酬を手に入れる。コミックでは無骨な広場でのやり取りになっていたが、流石に代表役員の園田茂の部屋と思われるオフィスでやり取りが行われている。このオフィスには煌びやかな装飾品や時計が並べられており、悪徳宗教団体の露悪的なイメージがより詳しく描かれている。

園田は、天元と星漿体の同化という経典に示されたタブーの実現を前に、星漿体の暗殺に全てを賭けていた。遺体を布で包む描写がアニメでは生々しく描かれる。仕事を終えた甚爾と孔の会話はなんだか楽しそう。甚爾が孔を食事に誘うのも、孔が最後に「オマエと関わるのはな、仕事か地獄でだけって決めてんだよ」と突き放すのも、仲の良さが溢れ出ている。孔はほとんど「地獄ではお前と関わる」と言っているようなものだ。

五条悟、覚醒

そんなリラックスした表情を見せた甚爾の前に、覚醒した五条悟が現れる。ハイになって「元気ピンピン」の五条は、反転術式で復活していた。これは第2期2話で硝子が「ヒューッとやってヒョイ」で出来ると話していたものである。負のエネルギーである呪力を掛け合わせて正のエネルギーを生み、傷を癒すのだ。

覚醒した五条は、第2期2話で失敗した術式反転「赫」を簡単に使いこなす。術式反転「赫」は負の力同士を掛け合わせた正の力の放出、弾く力。術式順転「蒼」は引き寄せる力を強化した負の力の放出。止める力のニュートラルな無下限呪術と合わせて、五条の力を3つの力と特定した甚爾だったが、何らかの違和感を感じていた。

宙に浮く五条は、アニメ版のピアノと光の演出も合わさりもはや神々しい。自然界と調和したような演出で放たれる「天上天下唯我独尊」。この言葉は生まれたばかりの釈迦が放った言葉とされており、「私はただ私独りとして尊い」という意味である。五条悟は、五条家でも一部の人間しか知らない、順転の「蒼」と反転の「赫」を掛け合わせた虚式「茈」を放ち、甚爾の想定を超えていく。

甚爾が抱いた違和感の正体は、自分自身に対するものだった。金にならない戦いなら避けてきた甚爾が、現代最強の術師を呪力を持たない自分が倒したいと思ってしまった。「それは捨てたろ」というセリフは、漫画版では「自尊心(それ)」と書かれている。

また、「自分も他人も尊ぶことない、そういう生き方を選んだんだろうが」というセリフで映る人物は、幼い頃の伏黒恵と、恵みを産んだ後に亡くなった甚爾の妻の姿だ。当時が「そういう生き方」を選んだ理由が、愛する人の死にあったことが示唆されている。

「茈」を受けた甚爾は、左半身が抉れている。これは、『呪術廻戦 0』で夏油が乙骨との戦いで右半身が抉れたのと逆になっている。2、3年すれば息子の恵が禪院家に売られる、好きにしろと言い立ったまま息を引き取った甚爾。遠回しに息子のことを五条に託したのだ。仇である人物に託された命。甚爾の言葉は、ある意味では五条にかけられた呪いである。

「意味」を求めた夏油

第2期4話/28話には、エンドクレジット後に長めのポストクレジットシーンが待っていた。主人を失った甚爾の呪霊が、硝子に治療を受けた夏油のもとにたどり着く。主従関係を失った呪霊が新たな主を求め、先ほど取り込もうとした夏油の前に現れたのだろう。

おそらくこの呪霊の痕跡をたどり、夏油は星の子の家にたどり着いたものと思われる。そこに広がっていた光景は、もう一つのトラウマ展開。天内の遺体を抱える五条と、それを前にして笑顔で拍手する盤星教の信者たち。二人にとって人生のターニングポイントになる経験だ。

五条は「コイツら、殺すか?」と夏油に問いかける。この時点で、非術師の集まりである盤星教を皆殺しにしかけたのは五条の方だった。夏油は、一般の信者を殺しても「意味がない」と否定するが、五条は「意味」が必要かどうかを問いかける。夏油は、術師には大事なことだと応答し、第2期4話/28話は幕を閉じる。

この後、夏油は「意味」を求めて生きていくことになる。『呪術廻戦 0』で描かれた夏油と乙骨の戦いは、「大義」と「純愛」の対決だった。夏油は世界に意味を求め、思想に生きることになるのだ。逆に夏油の言葉によって踏みとどまった五条は、後に逆の立場で夏油の前に立ちはだかることになる。五条と夏油はまさに表裏一体の関係だった。

「懐玉・玉折」編の最終回となる第2期5話/29話で、夏油に何が起きるのか、次回も楽しみに待とう。

アニメ『呪術廻戦』第2期は2023年7月6日(木) より、毎週木曜23:56~、MBS/TBS 系列全国28局にて放送中。配信先は公式サイトで。

アニメ『呪術廻戦』公式サイト

『呪術廻戦』コミックス最新刊第23巻は発売中。

¥502 (2023/12/01 21:52:34時点 Amazon調べ-詳細)

第2期1クール目の原作である第8巻と第9巻は発売中。

¥460 (2023/12/01 20:21:14時点 Amazon調べ-詳細)
¥460 (2023/12/01 20:45:23時点 Amazon調べ-詳細)
社会評論社
¥1,650 (2023/12/02 09:24:00時点 Amazon調べ-詳細)
社会評論社
¥1,650 (2023/12/02 09:24:21時点 Amazon調べ-詳細)

第2期5話/29話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期3話/27話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期2話/26話のネタバレ感想&解説はこちらから。

第2期1話/25話のネタバレ感想&解説はこちらから。

映画『呪術廻戦 0』ラストのネタバレ解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』シーズン3がファイナルシーズンに 2024年配信開始

  2. ネタバレ解説『ホワット・イフ…?』第1話の小ネタまとめ アイツの元ネタは? 完全再現されていたあのシーン

  3. 第7話ネタバレ感想!『SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)』あらすじ・考察・解説~与えられた力の使い道~

  4. 『ラブ、デス&ロボット』シーズン3予告公開! 5月20日配信 「ロボット・トリオ」続編にブルース・スターリング原作も