エディはヴェノムを愛してる? 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』未公開シーンが明らかに ネタバレあり | VG+ (バゴプラ)

エディはヴェノムを愛してる? 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』未公開シーンが明らかに ネタバレあり

© 2021 CTMG, Inc. All rights reserved. © & ™️ 2021 MARVEL.

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』削除シーン公開

2018年に公開され、大ヒットを記録した映画『ヴェノム』の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が、2021年12月3日(土) より日本で公開された。宇宙からやってきたシンビオートに寄生され、“ヴェノム”との共生を選んだ主人公のエディ・ブロックは、今回も厄介な事件に巻き込まれる。

終盤には衝撃的な展開も待っていた『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』だが、本編ではカットされた未公開のエンディングシーンが米ソニー公式より公開されている。エディとヴェノムの関係性を示すものになっており、ファンは必見の映像になっている。

以下の内容は、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の結末部分に関するネタバレを含むため、必ず本編を鑑賞してから読んでいただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の内容に関するネタバレを含みます。

ビーチのシーンにあった「告白」

公開された未公開シーンは、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のミッドクレジット手前のラストシーンの続きだ。

警察の手を逃れるために異国に逃げたエディとヴェノムは、ふたりでビーチに座って対話していた。本編ではヴェノムはエディに「ここに連れてきてくれてありがとう」と言い、エディは「“風になびく髪”はないけどね」と返答する。劇中にヴェノムが「自由になりたい。髪を風になびかせて、足のつま先の間に砂を感じて」と言いながら大暴れしたことをエディは覚えていたのだ。

「愛している相手であれば欠点も受け入れられる」と言うヴェノムに対し、エディは「俺を愛してるってこと?」と聞くが、ヴェノムはこれをスルーして「これからどこに行く?」とエディに聞き返す。未公開映像ではこのシーンの続きが描かれているが、動画の冒頭はまだ映画本編に収録されている内容である。

「どこに行く?」と聞くヴェノムに、エディは「リーサル・プロテクターを必要とする場所であればどこへでも」と答え、「マントがいるな、覆面はしないぞ」「うん、しなくていいよ」という微笑ましい会話が交わされる。本編はここで一旦終了。ここからが未公開シーンだ。

エディは、話を逸らしたヴェノムに対し、話を元に戻して「君を愛してはいない。好きだけどね。めちゃくちゃ、本当に好きだけどね。でも愛っていうのは、ほら……違うじゃん」と言い出す。エディのヴェノムへの気持ちは「Love」ではなく「Like」だと主張しているのだ。ヴェノムは「もちろん! エディ、その気持ちと戦わなきゃな、ハハハ」と笑うが、そこからは「なぁエディ、お前は俺を愛してる」「いや愛してない」「愛してる」「愛してない」の言い合いに。

最後にはヴェノムが「それは恋に落ちている男の目だ」と言い切るが、エディは「誰と?」とごまかすのだった。確かに、ヴェノムに対するエディの感情が「好き (like)」か「愛してる (love)」かを言い合うこのシーンは、二人の関係を考えれば若干蛇足というか野暮でもある。二人の関係をわざわざ言葉で定義する必要もないからだ。だが、ミッドクレジットシーンの滞在先のベッドの上で交わされる「誰にでも過去はある」という二人の会話が、このシーンを経て交わされていたのだとすれば、あの会話にもまた違った深みが出るかもしれない。

本作ではエディに食事を作ってあげるヴェノムや、喧嘩別れからの仲直りなど、様々な二人の姿が描かれた。主演のトム・ハーディもアンディ・サーキス監督も『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』を「ラブストーリー」と話しており、そこに「love」があることに間違いはない。『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は人間とシンビオートの間の愛を描いた物語なのだ。

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は全国の劇場で公開中。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポストクレジットシーンの解説と、今後の展開の考察はこちらの記事に詳しい。

「ヴェノム」続編での新キャラ登場の可能性については、こちらの記事で詳しく解説している。

「ヴェノム」シリーズの今後とヴェノム3に関する監督とプロデューサーのコメントはこちらから。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場する三大ヴィラン俳優が語ったコメントはこちらから。

『ノー・ウェイ・ホーム』最新予告の解説はこちらから。

『スパイダーバース』続編の『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース (パート1)』のファーストルック映像の解説&考察はこちらの記事で。

アガサ・クリスティ賞受賞作家
オーガニックゆうきによるジェンダーSF短編『龍とカナリア』好評発売中!

¥440 (2022/06/25 12:07:09時点 Amazon調べ-詳細)


そこは龍神の加護を受ける島。龍神様から狩人になる信託を受け日々修行に励む14歳のチャコは、大人になるための「洗礼の儀」に失敗して15歳で島を出たゼーシャのことを忘れられずにいた。そんなある日、平和に見えていた島に思いもよらない事態が降りかかる。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ロボコップ』最新作にニール・ブロムカンプ監督。王道SFと社会問題を交差させる手腕に期待

    2. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ブラックキャナリーのスピンオフはミュージカル? ジャーニー・スモレット=ベル「今回は我慢していました」【BIRDS OF PREY】

    3. アントマンは2年間も家で何してた? “スコット・ラングがやってた10のこと”リストが公開【『アントマン&ワスプ』で軟禁生活】

    4. ネタバレ解説『エターナルズ』ポストクレジットはあの作品に繋がる! 監督が明かした〇〇の主 今後を考察