ポルシェ公式新予告公開!『トランスフォーマー/ビースト覚醒』 | VG+ (バゴプラ)

ポルシェ公式新予告公開!『トランスフォーマー/ビースト覚醒』

©2023 PARAMOUNT ANIMATION, A DIVISION OF PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ミラージュが能力披露する映像解禁!

Sexy Zoneの中島健人と仲里依紗が吹替声優を務めることが発表された『トランスフォーマー/ビースト覚醒』。2023年8月4日に日本公開が予定されている『トランスフォーマー/ビースト覚醒』だが、トランスフォーマー側の主人公でオートボットに所属するミラージュがシルバーのボディにブルーストライプのポルシェ・911(964型)カレラRS3.8に変形することから、新予告がポルシェ公式Youtubeチャンネルで公開された。

さらには国内外での発表で次々と新キャラクターの登場も同時に発表されている。本記事ではミラージュの能力と共に『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の新キャラクターについて解説および考察していきたい。なお、以下の内容は国内だけではなく国外でも発表されている範囲のキャラクターの設定に関する情報を含むので、情報を入れずに鑑賞したいと思われている方は注意していただきたい。

諜報員ミラージュとしての特殊能力

原語版キャストとして『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で元傭兵のブラックガードを演じたピート・デイヴィッドソンが声優を務めることが発表されているオートボットのミラージュ。その能力は自分や周囲を透明にする、別人に変装する、巨大なトランスフォーマーの姿を投影するなど名前の通り幻影のような能力だ。映画『トランスフォーマー』(2007)~『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)のマイケル・ベイ監督による5部作の通称“ベイバース”で登場した際には描かれなかった能力でもある。

その能力を活かし、最初のアニメシリーズ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(1985-1986)からNetflix制作の最新アニメシリーズ『トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』(2020-2021)にいたるまで諜報員として活躍している。また、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』やIDW版コミックシリーズなどでは透明化を活かした諜報員として優秀過ぎるあまり、「戦闘時に姿が見えなかったので実はスパイなのでは?」と仲間から疑われている。

トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン: シージ

ピート・デイヴィッドソンは自身の演じたミラージュについて「ジム・キャリーが主人公を演じた映画『マスク』(1994)とバッグス・バニーが出会ったようなもの」としており、スティーヴン・ケイプル・Jr監督も異端児や反抗期のティーンエイジャーのようと評している。それはポルシェ公式Youtubeチャンネルで公開された新予告でも、中島健人が吹替版声優を務めることになったアンソニー・ラモス演じるノア・ディアスに馴れ馴れしく接している様子として描かれている。

新予告の最後は『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の悪役であるテラーコンとの戦いの中ではポルシェ・911(964型)の姿からロボットの分身を複数投影し、それによって敵をかく乱して殴りかかるなど「幻影(ミラージュ)」を活かした戦闘で締められている。ポルシェ公式Youtubeチャンネルの新予告の最後の『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のオートボットエンブレムがポルシェのエンブレムになっているのも巧みな演出だ。

ポルシェ・911(964型)カレラRS3.8は55台しか生産されていないと言われている貴重な車両だ。また、ポルシェ・911(964型)カレラRS3.8がミラージュの変形する車両に選ばれた理由はスティーヴ・ケイプル・Jr監督が映画監督を志すきっかけになったマイケル・ベイ監督長編映画デビュー作『バッドボーイズ』(1995)でウィル・スミス演じるマイク・ラーリーの乗るポルシェ・911(964型)ターボ3.6から来ている。

まだまだいっぱい新キャラクター

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』で登場する新キャラクターは『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011)から大きくリメイクされたミラージュだけではない。 “ベイバース”からのリメイク初のオートボット航空戦力となるC-119に変形するストラストフェアをジョン・ディマジオが演じることが発表されている。ストラストフェアはゲーム版『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』で初登場し、バンブルビーをロシアに輸送する任務を担当したトランスフォーマーである。

他にもディセプティコンからテラーコンのメンバーとしてトランジットの登場も発表されているが、トランジットはIDW版コミックで初登場した2階建てバスに変形するディセプティコンで、サイに似た容姿を持っている。そしてロンドンの街並みに溶け込み、人間を急襲することで人間たちが恐怖する様子を見るのを楽しむ残虐なトランスフォーマーだ。

このようにゲームやコミックからもまだまだ新キャラクターたちが登場することが発表されている『トランスフォーマー/ビースト覚醒』。映画をより一層楽しむために、現在Youtubeで公式チャンネルから無料配信されている『トランスフォーマー サイバーバース』(2019-)に触れてみるのはいかがだろうか。

 

映画『トランスフォーマー /ビースト覚醒』は、2023年8月4日(金)日本公開。

映画『トランスフォーマー /ビースト覚醒』公式サイト

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』予告映像の第2弾はこちらから。

中島健人と仲里依紗による吹替声優決定に関する記事はこちらから。

オリエンタルラジオ藤森慎吾ら追加の吹替声優決定に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁された本編映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁されたインタビュー映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』の下敷きとなった『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のキャラクター紹介記事はこちらから。

『バンブルビー』振り返り記事はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『エターナルズ』セルシとイカリスが惹かれ合った理由とは “アップデート”の大切さを読み解く (ネタバレあり)

  2. ネタバレ解説『デューン 砂の惑星 PART2』ラストの意味は? 続編はある? 今起きている議論とは 感想&考察

  3. 映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のカプセルコレクションがBAITより日本初登場

  4. アメリカ・チャベスはなぜ重要か『ドクター・ストレンジ MoM』で演じたソーチー・ゴメスと製作総指揮が語る