モスラ再登場か 『ゴジラxコング 新たなる帝国』新予告考察&解説 | VG+ (バゴプラ)

モスラ再登場か 『ゴジラxコング 新たなる帝国』新予告考察&解説

© Legendary Entertainment

「ゴジラ」シリーズ70周年記念作品

「ゴジラ」シリーズ70周年である2024年に公開される『ゴジラxコング 新たなる帝国』の新予告編が、2024年2月15日に公開された。そこでは何故コングの片腕に機械が取り付けられたのかなど、新たな設定が多く明らかになった。その中でも注目を集めるのが、モスラの再登場だ。

本記事では『ゴジラxコング 新たなる帝国』の新予告編から、モンスター・ヴァースにおいて、怪獣王であるゴジラと対をなす女王モスラの再登場について考察と解説をしていこう。なお、情報を一切入れずに楽しみたいという方は注意していただきたい。

ジアの瞳に映る成虫のモスラ

予告編の冒頭でカイリー・ホットル演じるイーウィス族のジアが学校に通っている場面が登場する。そこから羽毛か何かのようなものが教室中に舞い散り、時計が誤作動を起こしてからジアはフラッシュバックを起こす。その中でジアが地底世界の結晶体に触り、その光を浴びた場面でジアの瞳に成虫のモスラらしき姿が一瞬映るのだ。

モンスター・ヴァースにおいて、モスラはゴジラと対をなす存在であり、種族を越えた愛で、両者は結ばれているとされている。モスラは中国の雲南省の密林の古代遺跡に卵として休眠状態にあり、孵化して幼虫、そして成虫を経て、また卵に戻るという転生を繰り返している存在でもあった。そのような他の怪獣とは一線を画す存在であるモスラは、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)でゴジラにエネルギーを託し、死亡している。

¥2,000 (2024/06/16 23:31:00時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、前述の通りモスラは転生を繰り返す怪獣である。そのため、『ゴジラxコング 新たなる帝国』で復活する可能性もあり得る。それだけではなく、モスラと言えば「ゴジラ」シリーズを通して人間とコミュニケーションを取ることのできる友好的な怪獣だ。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ではチャン・ツィイー演じる代々モスラを研究し、なおかつ双子の家系という小美人を想起させるアイリーン・チェン博士とリン・チェン博士が登場している。

ゴジラの体内放射熱線はモスラの影響?

『ゴジラxコング 新たなる帝国』ではゴジラは体内放射熱線を繰り返している。この体内放射熱線は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でも見られた現象だ。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では死にゆくモスラがエネルギーをゴジラに託した結果、モスラの翅模様を模した体内放射熱線を放つようになり、ゴジラはモスラの翅に似たエネルギーを放出してキングギドラを焼き払った。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でのゴジラが放つ体内放射熱線は赤い色であり、それに対して『ゴジラxコング 新たな帝国』ではゴジラは青い体内放射熱線を放っている。そのため、『ゴジラxコング 新たなる帝国』でのゴジラの青い体内放射熱線はモスラが託したエネルギーと関係ないと考察できる。

しかし、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』での赤い体内放射熱線はモスラの協力のもとで行われた命がけの攻撃だった。モスラがいなくなったため、ゴジラの体内放射熱線が暴走状態に陥ってしまったとも考察できる。この暴走を止めるため、結晶体を通してモスラがジアに何かを訴えかけたのではないだろうか。

女王モスラの不在

現在のモンスター・ヴァースには地上世界の怪獣王としてゴジラが存在しており、地底世界の怪獣王としてコングが存在している。そして、コングは地底世界で人類の守護者となった。だが、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』での設定を踏まえると、現在、地上世界にはコングのようなコミュニケーションを取ることができる怪獣が不在だと考察できる。

そのため、現在のモンスター・ヴァースの自然界のバランスは崩れており、そのバランスを取り戻すために地上世界の怪獣の女王としてモスラが帰ってくると考察できる。アダム・ウィンガード監督は米Total Filmのインタビューで昭和後期の「ゴジラ」シリーズについて以下のようなコメントを出している。

私は全シリーズの大ファンで、昭和後期をいつもとても楽しんでいます。大きなアイデアがたくさんあり、大物キャラクターを使った壮大な楽しみがあります。『ゴジラxコング:新たな帝国』では、その壮大な伝統に敬意を表し、筋金入りのファンのためにイースター・エッグをいくつか用意しました。

昭和後期の「ゴジラ」シリーズでは怪獣と人間を繋ぐ役割としてモスラが登場することが多い。ゴジラが初めて人間の味方として描かれた作品であり、キングギドラが初登場した『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)ではキングギドラを倒すためにモスラがゴジラとラドンを説得している。アダム・ウィンガード監督のインタビューから考えると、ゴジラとコングを協力させるためにモスラが橋渡しの役割を果たすのかもしれない。

¥2,500 (2024/06/17 05:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

予告編に一瞬映っただけでもモンスター・ヴァースの世界を深く考察させられる存在であるモスラ。モスラはゴジラxコング 新たなる帝国』で本格的に登場するのだろうか。今後の『ゴジラxコング 新たなる帝国』の情報解禁に期待していきたい。

『ゴジラxコング 新たなる帝国』は2024年4月26日(金)より全国公開。

『ゴジラxコング 新たなる帝国』公式サイト

Source
Total Film

アダム・ウィンガード監督が米IGNに『ゴジラxコング 新たなる帝国』について語った内容はこちらから。

『ゴジラxコング 新たなる帝国』予告編第1弾の考察はこちらから。

『ゴジラxコング 新たなる帝国』予告編第2弾の考察はこちらから。

アダム・ウィンガード監督は『ゴジラxコング 新たなる帝国』でスカーキングがモンスター・ヴァース最大の脅威になると語っている。詳しくはこちらから。

『ゴジラxコング 新たなる帝国』が『リーサル・ウェポン』や香港映画に影響を受けたと語っている。詳しくはこちらから。

『ゴジラxコング 新たなる帝国』の予告編第3弾の考察はこちらから。

『ゴジラxコング 新たなる帝国』に登場する冷凍怪獣に関する考察はこちらから。

滅んだはずのコング族とイーウィス族に関する考察はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『DUNE/デューン 砂の惑星』予告編から読み取る過去作へのオマージュ【デヴィッド・リンチ、ホドロフスキー】

  2. コウモリオーグの語ったこととは?『シン・仮面ライダー』ネタバレ解説&考察

  3. エドガー・ライト監督もSNSで『マッドマックス:フュリオサ』を大絶賛! クリス・へムズワースの新境地にも注目

  4. 『ゴジラxコング:新たなる帝国』スカーキングはモンスター・ヴァース最大の脅威に