『エターナルズ』5種類のポスターが米公開 10人が並ぶ圧倒的なビジュアル | VG+ (バゴプラ)

『エターナルズ』5種類のポスターが米公開 10人が並ぶ圧倒的なビジュアル

© 2021 Marvel

『エターナルズ』5種類のポスターが米公開

2021年11月4日(金) に日米で公開されるMCU映画『エターナルズ』より、5種類の米版ポスターが一挙に公開された。それぞれIMAX版、D-BOX版、Dolby Cinema版、4DX版、REAL 3D版のポスターとなっており、有名アーティストも参加した特徴あるデザインがお披露目されている。

IMAX版は、大きく描かれたエターナルズのシンボルの下に、横並びになった10人のエターナルズが描かれている。宇宙を思わせる星々の背景にスモークがかかった幻想的な雰囲気が特徴だ。

© 2021 Marvel

Dolby Cinema版のポスターはサルマ・ハエック演じるエターナルズのリーダー エイジャックやアンジェリーナ・ジョリー演じるセナ、リチャード・マッデン演じるイカリスを中心に、10人のエターナルズがそれぞれのポーズを決めている。背後にはやはりシンボルマークが飾られている。

© 2021 Marvel

映像と音声だけでなく風や振動といった環境効果を取り入れる4DXは、シンボルマークを背景にエターナルズの10人をシンプルに配置。4DXは韓国のCJグループが開発した映画環境技術だが、中心には韓国系アメリカ人のマ・ドンソク演じるギルガメッシュが据えられている。

© 2021 Marvel

一際目を引くのはREAL 3D版のポスターだ。3Dを売りにしているREAL 3Dだが、敢えてシンプルにモノトーンで決めている。そのままスマホの壁紙にも使える一枚だ。

小さな人影が見えるだけだが、それでもどれが誰か分かる点がエターナルズの強みだろう。左からギルガメッシュ、スプライト、ドルイグ、マッカリ、イカリス、エイジャック、セナ、ファストス、セルシ、キンゴの順で並んでいる。

© 2021 Marvel

そしてシーンに連動して座席が動くD-BOXのポスターはアーティストのオーランド・アロセナが手がけた特徴的な一枚になっている。服装から考えると左からセルシ、エイジャック、マッカリが並んでいると思われる。背後からは巨大なセレスティアルズが特徴的な“六つ目”を光らせている。

© 2021 Marvel

なお、D-BOX版のポスターを手がけたオーランド・アロセナは、米でIMAX上映される映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017) の新ポスターのデザインも手掛けている。

『エターナルズ』の監督を務めるクロエ・ジャオは、アカデミー作品賞を受賞した『ノマドランド』(2021) でもその映像美が高い評価を受けた。映画『エターナルズ』はそのビジュアルでも楽しませてくれそうだ。

映画『エターナルズ』は2021年11月4日(金) に日米同時公開。

『エターナルズ』公式サイト

キャストと製作陣が語る新映像の解説はこちらから。

クロエ・ジャオ監督が語ったSF愛についてはこちらの記事で。

『シャン・チー』と『ワンダヴィジョン』の繋がりに関する考察はこちらから。

『シャン・チー』から考察するフェーズ4の流れについてはこちらから。

『ブラック・ウィドウ』のポストクレジットシーンについての解説はこちらから。

アニメ『ホワット・イフ…?』シーズン1で残された謎はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. さよならマンスプレイニング——『キャプテン・マーベル』が示した新たなヒーロー像

    2. 「驚嘆に値する」 『第9地区』監督が『ライオン・キング』を称賛した理由とは?

    3. 映画『ドクター・ドリトル』キャスト・声優まとめ【吹き替え・出演者・俳優】

    4. 【ファッション】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマーティが着ていたブランドをチェック【ナイキ、カルバン・クライン…etc.】