サム・ライミ監督の映画制作を変えたツールは「Zoom」『ドクター・ストレンジ MoM』制作に活用 | VG+ (バゴプラ)

サム・ライミ監督の映画制作を変えたツールは「Zoom」『ドクター・ストレンジ MoM』制作に活用

© 2022 Marvel

『ドクター・ストレンジ MoM』公開

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が2022年5月4日(水・祝)より劇場公開がスタート。「ドクター・ストレンジ」最新作となる本作は、サム・ライミ監督が指揮をとる。ソニー・ピクチャーズ版「スパイダーマン」三部作を手掛けたサム・ライミ監督が久しぶりに手掛けるスーパーヒーロー映画だ。

『マルチバース・オブ・マッドネス』の公開にあたって、サム・ライミ監督は米Twitter Movieの質問コーナーに登場。ユーザーからの質問に答えた。例えば、「称賛したいマーベルの監督は?」という質問には、以下のように答えている。

ジョン・ワッツです。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は大好きです。私が見たなかで最高の映画の一つです。私にとっても観客にとっても感動的な作品でした。とても感動しました。

感銘を受けた技術は?

サム・ライミ監督が答えたいくつかの質問の中でも注目したいのは、「ドクター・ストレンジを制作する上で、最も感銘を受けた新たな映画制作の技術はなんですか」という問いだ。

映画『スパイダーマン』(2002) では、実写化困難とされてきたスパイダーマンのアクションを、CG技術によって完全再現。ニューヨークの街をスパイダーウェブで“スイング”する姿は後の「アメイジング・スパイダーマン」やMCU版「スパイダーマン」シリーズにも受け継がれた。

そして、『スパイダーマン』からちょうど20年たった今、サム・ライミ監督が感銘を受けた技術とは、どのようなものなのだろうか。サム・ライミ監督はこう答えている。


私が最初に『スパイダーマン』の映画を作ってからの20年間で、技術はとてつもない進化を遂げました。(VFXデザイナーの)ジョン・ダイクストラと(VFX制作会社の)ソニー・ピクチャーズ・イメージワークスは、CGIで作られたキャラクターが本物のスパイダーマンなんだと観客に信じさせるようなツールを作っていました。

現在、そうした機材はかなり揃ってきました。パイプライン(インフラ)は整ったんです。ですから、私が思う映画に影響を与えた最大の技術的な変革というのは、Zoomのような通信技術です。

監督は一度に数百名の人々に話ができるようになりました。絵コンテのアーティストに今私たちが取り組んでいるシーンのイラストを見せてもらうこともできますし、プロダクションデザイナーがビデオでセットの映像を共有すれば、私たちはインサートがどこで撮影されるのかを知ることができます。編集者に頼めば、今取り組んでいるシーンのカットを撮影チームと共有し、今私たちが目指しているものを正確に理解することができます。

このように、今回、私の映画制作を最も大きく変えたのは通信技術です。

サム・ライミ監督は、映像的な技術の進化はほとんど出揃ったとして、「最も感銘を受けた新たな映画制作の技術」の答えに「Zoomのような通信技術」を選んだ。パンデミックによってリモートでコミュニケーションを取れるツールは爆発的に普及した。それが映画制作の現場では、大人数が画像や動画を用いてリアルタイムでコミュニケーションを取るツールとして機能しているという。

なお、サム・ライミ監督は、『マルチバース・オブ・マッドネス』のワールドプレミアでも、米マーベル公式から同じ質問を受けて同じように回答している。こちらでは、「この映画における私にとっての最も大きな技術的な進歩は、おそらくZoomです」と、Zoomを活用した明言している。

時代に合わせてツールを駆使するサム・ライミ監督は、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』をどのような作品に仕上げたのだろうか。その結果は劇場でチェックしよう。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、2022年5月4日(祝・水)より劇場公開。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト

Source
Twitter Movie / Marvel Entertainment

エリザベス・オルセンが語った“ワンダの強さ”についてはこちらから。

ドクター・ストレンジとワンダのこれまでの道のりについてはこちらの記事で。

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが明かした“マルチバース化の犯人”はこちらから。

【ネタバレ注意】『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』ラストとポストクレジットシーンの解説はこちらから。

【ネタバレ注意】劇中に登場したイルミナティメンバーの紹介はこちらから。

 

【ネタバレ注意】ドラマ『ムーンナイト』最終話の解説はこちらから。

【ネタバレ注意】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ラストの徹底解説はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ドクター・ストレンジ MoM』アメリカ・チャベス役ソーチー・ゴメスがTikTokで人気沸騰 新時代のMCUスターへ

    2. ネタバレ解説!「新スースク」ポストクレジットの意味は? 続編はある? 『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』

    3. 「驚嘆に値する」 『第9地区』監督が『ライオン・キング』を称賛した理由とは?

    4. 【アントマン&ワスプ】「バーバ・ヤーガが来る!!」——バーバ・ヤーガってなに?