ロシアSF映画『アトラクション2』本予告が登場 侵略者・宇宙船・混乱する人類の姿が……気になるあらすじも公開VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

ロシアSF映画『アトラクション2』本予告が登場 侵略者・宇宙船・混乱する人類の姿が……気になるあらすじも公開

©️ Art Pictures Studio

『アトラクション2』の本予告が公開

ロシア発の大作SF映画『アトラクション2』より、本予告が公開された。2019年8月にはティザー映像も公開されていたが、今回公開された本予告は印象の異なるスケール感に仕上がっている。

次々に映し出される侵略者に巨大な宇宙船。混乱する人類の映像が流れる場面では、美しくも儚い「白鳥の湖」の音色が響いている。映画『アトラクション2』は、前作『アトラクション 制圧』(2017) に引き続きフョードル・ボンダルチューク監督が指揮をとる。ロシアでの劇場公開日は2020年1月1日に迫っている。

気になるあらすじは?

前作『アトラクション 制圧』の公開から丸3年が経過した。『アトラクション2』は、今回もCGIを贅沢に使用したSF大作映画になるようだ。前作でモスクワに巨大な宇宙船が墜落してから3年。前作の主人公ユリヤは、この事故に巻き込まれたことで特殊能力を身につけ、政府による研究の対象となっていた。科学者たちの実験台として利用されるユリアだが、彼女の力に関心を抱いているのは人類だけではなかった。人類とエイリアン、彼女はどちらの側に付くのか——。愛と力とテクノロジーをテーマにしたドラマが描かれる。

『アトラクション2』を手がけたボンダルチューク監督は、「国際的な市場を見据えて製作を進めている」と語っていた。果たして『アトラクション2』はどのような仕上がりになるのか。そして、日本での公開はあるのだろうか。

映画『アトラクション2』の詳報は以下の記事でチェックしていただきたい。

『アトラクション2』はロシアで2020年1月1日に公開予定。

2017年に公開された前作『アトラクション 制圧』は、Amazonプライムビデオでレンタルまたは購入ができる。

¥100 (2020/07/09 06:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. ジェームズ・マカヴォイ「X-MEN」シリーズでお気に入りのマイケル・ファスベンダーを語る

  2. 二刀流生活にセクハラ問題…。『ブラックパンサー』と『ワンダーウーマン』に見る、困難を乗り越えて実写化を成功させた若手映画監督

  3. 『ダークナイト』公開から10年。クリストファー・ノーラン監督がシリーズ全作の脚本を執筆できた「贅沢な時代」

  4. 『ロボコップ』最新作にニール・ブロムカンプ監督。王道SFと社会問題を交差させる手腕に期待