【ネタバレ解説】『ザ・ボーイズ』シーズン2エピソード2「正しい準備と計画」【あらすじ・音楽】 | VG+ (バゴプラ)

【ネタバレ解説】『ザ・ボーイズ』シーズン2エピソード2「正しい準備と計画」【あらすじ・音楽】

©️Amazon Studios

『ザ・ボーイズ』シーズン2公開

Amazonプライムビデオの人気ドラマ『ザ・ボーイズ』から遂にシーズン2の配信がスタート。2020年9月4日(金)に配信されたのは、エピソード1-3の3話分。ここから毎週金曜日に各話が更新されていく。

前回は、シーズン2のエピソード1「新たな敵」のネタバレ解説をお届けした。今回は、エピソード2「正しい準備と計画」のあらすじと解説をネタバレありでお届けする。エピソード2の特徴は、エピソード1よりも音楽が多用されていたことだ。エピソード2の監督を務めたのは、U2などのミュージックビデオを手掛けてきたリズ・フリードランダー。あらすじ&解説の後に音楽解説を掲載しているので、そちらもチェックしていただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン2エピソード2「正しい準備と計画」までの内容に関するネタバレを含みます。

『ザ・ボーイズ』シーズン2エピソード2ネタバレ解説&あらすじ

ブッチャーはどう動く…?

『ザ・ボーイズ』シーズン2のエピソード2「正しい準備と計画」の冒頭では、シーズン1のエンディングの後にブッチャーの身に何が起きたのかが明らかになる。死んだと思っていた妻のベッカとの再会から3時間後、レストランのトニー・シセロの駐車場で目を覚ましたブッチャーは、ベッカが住んでいた場所の情報を記憶の限り書き出していた。

ザ・ボーイズと合流したブッチャーは、仲間と状況を共有せず情報屋に会おうとする。仲間を置き去りにしたブッチャーに不信感を抱くヒューイは、ブッチャーと険悪なムードになっていた。この二人、大丈夫か……といきなり視聴者を不穏な気持ちにさせてくれる。

ブッチャーは、CIA副長官スーザン・レイナーの葬式でザ・ボーイズの創設者であるグレイスと接触する。シーズン1でスーザンはブッチャーに葬式にフルーツを送ると告げていたが、結局ブッチャーがスーザンの葬式にフルーツを送っている。ブッチャーはレイナーと何やら取引を行い、スーパーテロリストを捕まえる作戦を始動する。

セブンのメンバーも思い思いの行動に

一方、スターライトは広報の撮影に大忙しだ。新メンバーのストームフロントが加わったセブンは、女性が3人に。女性性を売り出す広報を淡々とこなすスターライトだったが、ストームフロントは奔放な様子。ストームフロントはやはり何かが違う……。

ディープの方はというと、結局“共同教会”のキャロルのカウンセリングを受けている。だが、なかなか心を開かないディープは幻覚剤を飲まされ、自分の“エラ”と対話を始める。自分の体を笑われるのが怖くて、これまで女性を辱めていたという事実がエラによって語られる。エラは「自分から目を逸らすな」とディープに語りかけ、いよいよディープは醜いのは自分の心であったということを認める。

クイーン・メイヴの元恋人エレナが倒れたことで、スターライトとストームフロントは二人で取材に対応していた。「頼れる女性」というお決まりのワードにウンザリのストームフロントは、女性性にしか焦点が合わない質問に「仕事の内容で評価されるだけ」と正論で突き放す。

と、そこにシーズン1でスターライトが瀕死状態に追いやっていたAトレインがサプライズで登場し、復帰を果たす。セブンを裏切ってヒューイを逃したというスターライトの弱みを握るAトレインは、スターライトにとって脅威の存在になる。

ホームランダーが向き合う相手

ブッチャーの妻だったベッカは、息子ライアンの存在を知らせたパーク博士を問い詰めるが、どうすることもできないと突き返されてしまう。ホームランダーはライアンの能力を目覚めさせようとしているが、ベッカは普通の生活を望んでいた。

ホームランダーは息子のライアンにスマホを与えるなど、父親らしく振る舞おうと必死だ。両親がいなかったホームランダーは、自身を神と信じ、その孤独を紛らわしていた。息子のライアンにもその哲学を教え込もうとするホームランダー。新たな怪物を作り出してしまうのだろうか……。

ホームランダーはライアンに「I love you」という言葉をかけ、その言葉を返してもらう。自分が経験したことのない無償の愛を求めているようだ。

なお、ホームランダー役のアントニー・スターは、ライアンを演じたキャメロン・クロヴェッティについて、アフターショー『Prime Rewind:「ザ・ボーイズ」の裏側』「子役が素晴らしかった」と語っている。

一方、クイーン・メイヴは倒れた元恋人のもとで、耐え切れずにホームランダーの残忍さを暴露してしまう。元恋人を危険にさらさないために距離を置いていたことを告白したのだ。世間では人気ヒーローのホームランダーだが、その足元が揺らぐ出来事が起きてしまうのだろうか。

意外な再会

基地に戻ったブッチャーはザ・ボーイズのメンバーを「スーパーテロリスト達を捕えれば自由になれる」と説得。ヒューイは信じ切れていない様子だったが、ザ・ボーイズはスーパーテロリストと戦う準備を整え、ブッチャーが示したテロリスト達のアジトと思われる場所に突入する。キミコは自身をさらった人物を見つけ、その人物の首をもぎ取る。

と、ここでキミコはアブラハム・リム演じる弟のケンジ・ミヤシロとの再会を果たす。キミコはケンジと手話で会話するが、ケンジを狙ったブッチャーにケンジがスーパーパワーで応戦し、ザ・ボーイズはキミコとケンジを見失ってしまう。

長くつ下のピッピ

スターライトは、ストームフロントから「今のあなたはヴォート中のヴォート」と蔑まれていたが、重要な助言をもらう。ストームフロントがロールモデルにしていた“ヒーロー”は『長くつ下のピッピ』のピッピだった。「ピッピは人の目なんて気にしない。行儀いいののがいいことだと思ってる?」とスターライトに、仮面を捨てて自分をさらけ出すよう助言する。

この後、スターライトは脅していたゲッコーから手に入れたコンパウンドVをAトレインに奪われるが、ここでストームフロントの助言を実践する。Aトレインはスターライトがセブンを裏切った事実をもとにスターライトの弱みを握っていたが、スターライトもまた、Aトレインが恋人を殺した事実を突きつける。

どちらかの秘密がバレれば、もう一方も道連れになる。チキンレースの様相を呈してきたかと思いきや、スターライトはここで「(私はバレても) どうでもいい」とハッタリをかまし、Aトレインを打ち負かす。“長ぐつ下のピッピ”だ。誰に何を言われても気にしない奴こそが最強なのだ。

一時は自分を偽ってサバイブしていくことを決めたスターライトに、ストームフロントは確実に影響を与えている。

三度手を結ぶザ・ボーイズ

ザ・ボーイズの方はというと、ブッチャーはキミコの弟をかばったヒューイをチームから外し、キミコの弟を捕まえてCIAに差し出そうとするが、マザーズミルクとフレンチーはそれに乗らない。キミコはザ・ボーイズの仲間だからだ。

そこでブッチャーはベッカが生きていたことを明かし、全てを正直に話す。ブッチャーはテロリストをマロリーに渡すことで、ベッカの捜索に協力を得られる約束を取り付けていたのだ。改めてザ・ボーイズの仲間の協力が必要だと助けを乞うブッチャー。一同はキミコとケンジを追う。

キミコは、さらわれたときにコンパウンドVを注入され「バケモノになってた」と、ケンジに会いに行けなかったこと、守れなかったことで、自分を責めていた。ケンジはキミコに「姉ちゃんのせいじゃない」と語りかけ和解するが、それも束の間。ケンジはキミコをさらったシャイニングライトは悪と戦う組織だと主張し始め、壮絶な姉弟喧嘩が始まる。

キミコがケンジを倒したところにザ・ボーイズが合流し、ケンジの身柄を拘束する。一件落着かと思いきや、ヒューイは理不尽にもブッチャーに殴られ、シーズン2エピソード2のエンディングが流れ出す。エピソード1のラストと同じく、やり切れない表情を浮かべるヒューイ。果たして、シーズン2のザ・ボーイズはチームとしてうまくやっていけるのだろうか……。

「正しい準備と計画」で流れた音楽

Muzak Orchestra「American Pie」

前回に引き続き、今回もエピソード内で流れた音楽を振り返ってみよう。「The Boys」のタイトルが現れるシーンで流れているのは、Muzak Orchestraの「American Pie」(2017)。あまり知られていないインストの楽曲だ。

グー・グー・ドールズ「アイリス」

ディープの部屋で流れているのは、グー・グー・ドールズの「アイリス」(1998)。曲の終盤である「I just want you to know who I am (あなたに私がどんな人が知ってほしいだけ)」と繰り返し歌われる部分が流され、ディープもその歌詞を口ずさんでいる。セラピーはもう始まっていたのだ。この後、ディープは自らの弱さと向き合うことになる。

ビリー・ジョエル「オンリー・ヒューマン」

地下の部屋で、ヒューイがスマホでMVを見て口ずさんでいるのは、ビリー・ジョエルの「オンリー・ヒューマン」(1985)。エピソード1に引き続き、今回もビリー・ジョエルの楽曲が使用されている。ヒューイは「君はひどい経験をしてすごく落ち込んでいる」という歌詞を一緒に歌っているが、大事なのはそのタイトルで、原題は「You are Only Human (君はただの人間)」だ。

曲自体は「人間なんだし失敗しても大丈夫。落ち込むこともある」という内容が歌われている。ザ・ボーイズの中で居場所を失いつつあるヒューイにとって、この曲が慰めになっているのだろうか。

ジョー・コッカー「You are so Beautiful」

ディープがエラとデュエットで歌った曲は、ジョー・コッカーの「You are so Beautiful」(1975)。自分を客観的に捉え直すことで、自分の姿は醜くないと、ようやく自己肯定感を手に入れることができたディープ。いつまでも「君は美しい」と歌い続けている。

トーキング・ヘッズ「サイコ・キラー」

『ザ・ボーイズ』シーズン2エピソード2「正しい準備と計画」のエンディング曲は、トーキング・ヘッズの「サイコ・キラー」(1977)。この曲は「この現実と向き合えそうにない」「緊張して不安で、リラックスできやしない」と、ヒューイの心情をそのまま表した歌詞から始まり、「異常な殺人鬼だ、遠くへ逃げろ」というサビに辿り着く。

ザ・ボーイズは決してヒーローではない。再結集しつつも、最後には毎回同じ表情を浮かべざるを得ないヒューイは、ザ・ボーイズの面々に平穏な日々をもたらすことができるのだろうか……。

『ザ・ボーイズ』シーズン2は、Amazonプライムビデオで10月9日まで毎週金曜日に更新。

キャスト達が各話の裏側を語るアフターショー『Prime Rewind:「ザ・ボーイズ」の裏側』も同時公開中。

原作コミックの日本語版はG-NOVELSより発売中。

誠文堂新光社
¥3,300 (2020/09/29 14:42:28時点 Amazon調べ-詳細)

『ザ・ボーイズ』シーズン2エピソード3「千人の剣士とともに丘を越えて」のあらすじと解説はこちらから。

 

齋藤 隼飛

1991年生まれ。
社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。
編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせはコチラから

関連記事

  1. 【製作秘話】Amazonドラマ『アップロード』設定は30年前に作られていた。『グッド・プレイス』との意外な関係も【アップロード ~デジタルなあの世へようこそ】

  2. 『ノット・オーケー』脚本家が語るコロナ禍の“執筆” 「生産的であり続けることに苦労」

  3. アルフレッド 26歳! ドラマ『ペニーワース』がいよいよ放送開始——「バットマン」前日譚

  4. 『ブラック・ミラー』短編シリーズがYouTubeで公開——著名YouTuber達がSF作品に挑戦!