ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン2でストームフロントが果たす役割とは 「現代のヘイトを表現」 | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン2でストームフロントが果たす役割とは 「現代のヘイトを表現」

©️Amazon Studios

『ザ・ボーイズ』シーズン2がいよいよ公開

『ザ・ボーイズ』シーズン2が2020年9月4日(金)より配信を開始する。Amazonプライムビデオにおけるナンバーワン人気ドラマの地位を確固たるものにした『ザ・ボーイズ』。2019年7月のシーズン1配信開始以来、約1年ぶりの新作登場にファンの期待も高まっている。

『ザ・ボーイズ』シーズン2において特に注目が集まっているのは、腐敗したスーパーヒーロー集団“セブン”の新メンバーであるストームフロントだ。原作では反ユダヤ人のレイシストでマッチョな男性だったストームフロントを、ドラマ版では女性キャラクターに変更され、俳優のアヤ・キャッシュが演じる。

原作からの設定変更について、ショーランナーを務めるエリック・クリプキは、TCAのパネルにて「ホームランダーにとって最大の悪夢にしたかった」と説明していた。ホームランダーのことを恐れず、世間から注目を浴びる女性が出現すること——「それが男性のキャラクターであるよりも、ホームランダーは傷つくんです。彼の心には不安の穴がぽっかりと空いてしまっているので」と、ミソジニストとしてのホームランダーの側面を紹介していたのだ。

ストームフロントが表現する“現代のヘイト”

エリック・クリプキの狙いはそれだけではないようだ。英Den of Geekでは、以下のように語っている。

原作コミックを読んだ人には分かることですが、彼を見た瞬間に、(ストームフロントが) どのような存在かということが分かるんです。でも、それは今日におけるヘイトのあり方とは異なるものです。(現代においては) 多くの人間が憎悪に満ちたイデオロギーを支持していながら、そのイデオロギーは巧みに隠蔽されています。時にはソーシャルメディアで魅力的にパッケージされた形で登場しています。

彼女ら/彼らは、「破壊者」だとか「自由な考えの持ち主」を名乗り、見た目の良い男性や女性として登場し、若い世代の人々を魅了します。それらを注意深く見ていると、1,000年もの間、人々が言いふらしてきた古い戯言を同じように言いふらしていることに気づくでしょう。

それを表現したかったんです。今日見られるようなヘイトや不寛容さというのは、より陰湿なものです。それがストームフロントを通して表現したかった経験です。あなたが好きな人で、権威にとらわれない人物だと思っていても、より深く知っていくとより暗い側面が見えてくるんです。

ストームフロントは、装飾され、味付けされて隠蔽された今日のファシズムやレイシズムの姿を象徴するキャラクターになる。エリック・クリプキは、ストームフロントが『ザ・ボーイズ』シーズン2に登場することが発表されたばかりの時にも、原作のストームフロントを「いかにもナチスっぽいキャラクター」と表現し、一方で現代では白人優位主義の浸透にSNSが活用されている指摘していた

スーパーヒーロー達への復讐を誓うザ・ボーイズがシーズン2で挑むのは、強大な力で世間をコントロールしようとするファシスト集団。ストームフロントは、ホームランダーとザ・ボーイズの双方に脅威を与える存在になりそうだ。

なお、エリック・クリプキはストームフロントの性別変更に際して受けた批判に対し、「さよなら、お前らなんか知ったこっちゃない」と応答している。詳しくはこちらの記事から。

『ザ・ボーイズ』シーズン2はAmazonプライムビデオで2020年9月4日(金)より配信開始。

シーズン1は配信中。

原作コミックの日本語版は、G-NOVELSから発売中。

誠文堂新光社
¥3,300 (2020/09/29 14:42:28時点 Amazon調べ-詳細)

Source
Cinema Blend / Den of Geek

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 尾崎英二郎、Netflix『The OA』シーズン2に出演

  2. 『高い城の男』シーズン1でナチス側のキャラを演じたキャストをおさらい—Vol.2 ジョー・ブレイク役俳優が担う新たな時代

  3. N・K・ジェミシン『第五の季節』ドラマ版のキャストはどうなる? 製作は「ゆっくり」進行か

  4. 『GOTHAM/ゴッサム』はジム・ゴードン役のベンジャミン・マッケンジーをどう変えたか——結婚、監督業への挑戦