「レマー・ホスキンスを見て」『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』脚本家がレマーに込めた想いを語る | VG+ (バゴプラ)

「レマー・ホスキンスを見て」『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』脚本家がレマーに込めた想いを語る

© 2021 Marvel

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』レマーに注目

Disney+で独占配信されているMCUドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は、人種差別の歴史と現状から目を背けない新たなヒーロー作品像を提示している。特に米国内では大きな議論を巻き起こし、『ワンダヴィジョン』(2020)『マンダロリアン』(2019-) を抜いてDisney+で最も視聴されたドラマ作品となった。

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』では、サムとバッキーの物語を中心にしながら、シャロン・カーター、バロン・ジモといった過去のMCU作品に登場したキャラクターの物語も描かれる。そして、新たに登場したジョン・ウォーカー、カーリ・モーゲンソウといったキャラクターの活躍にも注目が集まる。フェーズ4に進んでいく今後のMCUにも大きな影響を与えそうなこれらの登場人物だが、製作陣の“イチオシ”するキャラクターがもう一人いる。

それが、レマー・ホスキンスだ。米The Undefeatedのインタビューに登場した『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の脚本家マルコム・スペルマンは、レマー・ホスキンスに込めた想いを語っている。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第2話までの内容に関するネタバレを含みます。

「レマー・ホスキンスを見て」

レマー・ホスキンスは『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第2話から登場する人物で、アメリカ政府が二代目キャプテン・アメリカに選んだジョン・ウォーカーのサイドキックとして“バトルスター”を名乗る。

The Undefeatedのインタビューで「ジョン・ウォーカーのサイドキックにレマーを置くことを通して、どのようにアメリカ黒人の立場を表現しようとしたのですか」と聞かれたマルコム・スペルマンは、以下のように話している。

皆さんに知って頂きたいのは、製作陣は常に想像力に富んでいて、活気に満ちていたということです。レマーをジョンのサイドキックにするというアイデアは、誰かがプレゼンしたものですが、脚本家の間で共有されていたスピリットから生まれたものです。私が感じたのは、脚本家の中に十分な数の黒人がいれば、確かな方向に議論が進み、皆がそれを吸収しようとするということです。

そこから生まれたキャラクター、特に黒人のキャラクターの好例はレマー(・ホスキンス)です。皆さんはレマーとジョン・ウォーカーの関係を見ていますが、レマーはどの場面でも自身の立場から意見を述べています。それは黒人の立場です。支配的で主流な層から外れると、どのような問題が起きるかということを彼は認識しており、(彼の言動は) 一貫しています。

アメリカにおける黒人の生きづらさを描き出す『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』では、サムとサラの“逞しい生き方”が目につきやすい。一方で、脚本家チームは同じくアメリカ黒人であるレマー・ホスキンスを通して、“主流派の中で働くアメリカ黒人”の像を提示した。確かにレマーは、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の劇中で、強い言い方をするジョン・ウォーカーをフォローするよにサムを諭そうとする一方で、サムをフォローしてジョン・ウォーカーに提案を行うなど、微妙な役回りを担当している。

マルコム・スペルマンは最後にこう付け加えている。

私は、製作陣全員が議論を交わしてきたことを誇りに思っています。(それを認識するための) 一番簡単な行動はレマーを見ることです。彼がどのように受け答えをしているかをね。

全6話、約6時間で語られるストーリーの中でも、それぞれの登場人物に確かな視点を持たせた『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』。今一度、レマー・ホスキンスの言葉に耳を傾けることで、アメリカ社会の現実をより知ることができるだろう。

ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』はDisney+で独占配信中。

Disney+

ワカンダとサムに関する解説はこちらの記事で。

第5話の背後にあるアメリカ社会の背景はこちらで解説している。

アヨの削除された過去についてはこちらの記事で。

Source
The Undefeated

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。 編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。 お問い合わせはコチラから
お問い合わせ

関連記事

  1. 政治的じゃなさすぎる? ドラマ『スペース・フォース』が米国で評価されない理由【Netflix】

  2. ネタバレ考察 Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』あらすじ&シーズン2予想!

  3. ネタバレ! マーベル『ロキ』最終話 シルヴィの最後の行動をソフィア・ディ・マルティーノが解説

  4. シーズン2はどうなる? Netflix『ジュピターズ・レガシー』報道錯綜も原作者マーク・ミラーは「信じられないほど強気」