ドラマ『シー・ハルク』デアデビルの姿が明らかに! 「サプライズに満ちている」と公式 | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『シー・ハルク』デアデビルの姿が明らかに! 「サプライズに満ちている」と公式

© 2022 Marvel

『シー・ハルク』よりデアデビルの姿公開!

MCUドラマ最新作『シー・ハルク:ザ・アトーニー』より、予告編で登場が示唆されていたデアデビルの姿が公開された。ドラマ『シー・ハルク』は2022年8月18日(木)よりDisney+で独占配信される。これまでは8月17日(水)の配信予定で告知されていたが、配信開始二週間前になり、『シー・ハルク』はDisney+では異例の木曜配信となることが発表されている。

今回、米マーベル公式はまず画像でドラマ『シー・ハルク』の本編シーンを公開。ハルクやアボミネーション、ウーの再登場と共に、デアデビルの出演シーンを告知している。このツイートでマーベル公式は「『シー・ハルク:ザ・アトーニー』はサプライズに満ちている」と宣言している。

画像に映し出されたデアデビルは、黄色いヘルメットに赤色のアーマーを身につけている。これは原作コミックでの初登場時をイメージした配色になっている。深紅のコスチュームを身につける前の物語はコミック『デアデビル:イエロー』として堺三保の翻訳で日本語版も発売されている。

¥2,178 (2022/11/27 21:39:31時点 Amazon調べ-詳細)

なお、この画像には緑の車も写っており、デアデビルことマット・マードックが乗っている車だと推測できる。

米マーベル公式は続けて30秒のショート予告動画「Super Hero」を公開。この映像の後半ではシー・ハルクに足で車を止められたデアデビルが車から飛び出して姿を現す映像が収められている。すでに公開されている本予告ではその顔は映し出されていなかったが、今回の映像で初めてその全容が明らかになった。

デアデビルを演じるのは、もちろんドラマ『デアデビル』(2015-2018)で主演を務めたチャーリー・コックス。映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)でのカメオ出演で復帰を果たして以来のMCU作品での登場になる。サンディエゴ・コミコン2022では、チャーリー・コックス主演のMCUドラマ『デアデビル ボーン・アゲイン(原題)』が2024年春にMCUフェーズ5作品としてDisney+で配信されることが発表されている。

シー・ハルクと同じく普段は弁護士という職業に就いているマット・マードック。ドラマ『シー・ハルク』ではどんな活躍を見せてくれるのだろうか。

追記:脚本家のジェシカ・ガオはデアデビルの「明るい面」を描くと語った。詳しくはこちらの記事で。

ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』は2022年8月18日(木)より配信開始。

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』公式サイト

¥2,228 (2022/11/28 07:42:34時点 Amazon調べ-詳細)

『シー・ハルク』でのグランドマスターの登場を示唆する映像も公開された。詳しくはこちらから。

『シー・ハルク』本予告の解説はこちらの記事で。

同日公開された映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』特報の解説&考察はこちらから。

『シー・ハルク』の木曜配信についての発表はこちらから。

『デアデビル ボーン・アゲイン』を含むMCUフェーズ5作品の情報まとめはこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 全話網羅『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』吹き替え&出演俳優まとめ【声優キャスト】

    2. ドラマ『ファウンデーション』シーズン2 登場キャラとキャストが明らかに 配信日は「近日」

    3. ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』予告編公開! 「戦いは終わった」暗黒の時代描く 解説&考察

    4. 『高い城の男』シーズン1でナチス側のキャラを演じたキャストをおさらい―Vol.1 ジョン・スミスを役のルーファス・シーウェルが鳴らす警鐘