ドラマ『ロキ』シーズン2は2022年6月から撮影中 新たな出演者は? | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『ロキ』シーズン2は2022年6月から撮影中 新たな出演者は?

© 2021 Marvel

ドラマ『ロキ』シーズン2にアップデート

Disney+配信のMCUドラマ第3弾として、2021年6月から全6話が配信された『ロキ』。Disney+オリジナルのMCUドラマとしては初めてシーズン2に更新されることが発表されていたが、2022年6月からイギリスで撮影を開始している。

俳優向けにオーディションやキャスティングの情報を提供している米企業のBackstageによると、『ロキ』シーズン2の撮影場所は、イギリスのバッキンガムシャーにある有名な映画スタジオのパインウッド・スタジオになるという。Backstageは、『ロキ』シーズン2について以下のように紹介している。

トム・ヒドルストン主演のマーベル・シリーズが第2弾として帰ってくる。いたずらの神様として活躍する機知に富んだヴィランを主人公に、マーベルのマルチバースが舞台になる。キャスティングはサラ・フィンとクリスタ・ハサーを筆頭に、ジャクリーン・ギャラガー、グレゴリー・コーン、ロリー・シャイエが担当する。撮影は今夏、パインウッドで開始される。

撮影は2022年6月にスタートしており、ロケ撮影の目撃情報も出ている。『ロキ』シーズン2ではドラマ『ムーンナイト』(2022)を手がけたジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドが監督を務める。

シーズン1の脚本を手掛け、映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)の脚本も担当したマイケル・ウォルドロンは製作総指揮として関わる。シーズン2では前シーズンで第4話と第6話の脚本を手掛けたエリック・マーティンがメインライターを務める。

新たな出演者が明らかに

『ロキ』シーズン2で気になるのは新たな出演者。米Deadlineは2022年7月16日、『ロキ』シーズン2に俳優にプロデューサーに多方面で活躍するラファエル・カザルが「主要な役割(major role)」で出演すると報じた。ラファエル・カザルは『バッド・エデュケーション』(2019)への出演や、映画『ブラインドスポッティング』(2018)、ドラマ『ブラインドスポッティング』(2021-) での製作・脚本・出演で知られる。

ラファエル・カザルは、6月から『ロキ』シーズン2の撮影のためにイギリス入りしていたと見られる。

ラファエル・カザルがどのようなキャラクターを演じるのかは発表されていない。TVA(時間変異取締局)のメンバーはシーズン1で紹介されきった感があるが、新たなキーパーソンとして物語に絡んでくることになるのだろうか。

なお、『ロキ』シーズン2では、シーズン1に出演したロキ役のトム・ヒドルストンとメビウス役のオーウェン・ウィルソンはもちろん、ラヴォーナ・レンスレイヤー役のググ・バサ=ローも続投を表明している。

舞台は変更に?

ドラマ『ロキ』シーズン1の舞台はTVAが中心になっていたが、その撮影は米ジョージア州のアトランタで実施されていた(一部はロンドンで撮影)。実は映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』もアトランタで撮影が行われており、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギはメイキング映像で「一つのホームで3つも4つも作品を一度に制作できるのは素晴らしいことです」と語っていた

『ロキ』シーズン2ではメインの撮影場所を国外に移すということで、作品自体の舞台が変更される可能性もある。とすれば、ロキたちはTVAを飛び出して新たな冒険に旅立つことになるのだろうか。もちろん、シーズン1と全く同じセットをパインウッド・スタジオで組み直す可能性も残されている。『ノー・ウェイ・ホーム』のメイキングでは、アトランタのスタジオでニューヨークを再現したことも明かされている

また、ロキを演じる主演のトム・ヒドルストンがイギリスのロンドンを拠点にしていることも、ロケ地をイギリスに移した要因の一つと考えられる。『ロキ』シーズン1の配信開始時には、ローンチのファンイベントが世界各地で開催されたが、トム・ヒドルストン自身は同じくイギリス出身でシルヴィ役を演じたソフィア・ディ・マルティーノと共にロンドンのファンイベントに登場している(ハリウッドのイベントにはケヴィン・ファイギとオーウェン・ウィルソンが登場)。

『ロキ』シーズン2の撮影が行われるパインウッド・スタジオは、映画「007」シリーズの撮影場所として知られており、ドラマ『ドクター・フー』(2005-) の撮影などもここで行われている。2022年6月米公開予定の映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』はコロナ禍における撮影中断後、パインウッド・スタジオで撮影を再開。同作はパンデミック後に初めて撮影を再開した大作映画になっていた。

『マルチ・バース・オブ・マッドネス』はロンドンで撮影を開始し、パンデミックによる中断を経てイギリスの複数箇所で撮影が行われた他、米ロサンゼルスでも撮影が行われている。

『ロキ』シーズン2はシーズン1の制作中に更新が決定しており、2021年8月の時点では、ケヴィン・ファイギは「(シーズン2は)開発段階にある」と話していた。シーズン2の撮影開始時期は2022年か2023年中と話していたが、うまくいけば2022年中には撮影を終え、2023年に配信という流れになるだろう。シーズン2についてケヴィン・ファイギが語った内容はこちらから。

マルチバースに突入するMCU。そのきっかけを作った『ロキ』はシーズン2でどのような展開を見せるのか、配信開始を楽しみに待とう。

ドラマ『ロキ』はシーズン1がDisney+で独占配信中。

『ロキ』 (Disney+)

ドラマ『ロキ』のベースになった名作SFについてはこちらから。

クラシック・ロキを演じたリチャード・E・グラントが希望するスピンオフについてはこちらの記事で。

『ロキ』シーズン1最終話ラストシーンについてトム・ヒドルストンが語った内容はこちらから。

シーズン1最終話のポストクレジットシーンについての解説はこちらの記事で。

ドラマ『ロキ』シーズン1の各話解説はこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ考察『ホークアイ』第2話にウエストコースト・アベンジャーズ結成の布石? ケイトの〇〇に注目

  2. ネタバレ考察『ロキ』4話エンディングは何を意味するのか ポストクレジットシーンを徹底解説

  3. Netflix『ニミュエ 選ばれし少女』は新たなジャンルに——主演キャサリン・ラングフォードが語る。『GOT』『ウィッチャー』……中世ファンタジードラマの流れを変える?

  4. 『高い城の男』シーズン4の予告編にフィリップ・K・ディックへのメッセージ? 音楽に込められた意味とは