大魔獣ジャイガーの新たなる姿『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第3弾公開 | VG+ (バゴプラ)

大魔獣ジャイガーの新たなる姿『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第3弾公開

©2023 KADOKAWA/ GAMERA Rebirth Production committee

迫る2023年9月7日

2023年9月7日にNetflixで全世界独占配信がはじまる『GAMERA -Rebirth-』。1989年の日本を舞台にガメラと遭遇する4人の少年、そしてガメラと5体の怪獣同士の死闘を描く作品になるとのことだが、その怪獣デザインを解説する『Making of “GAMERA -Rebirth-”』の第3弾が公開された。今回の『Making of “GAMERA -Rebirth-”』で紹介される怪獣は『ガメラ対大魔獣ジャイガー』(1970)で初登場したジャイガーだ。

『ガメラ対大魔獣ジャイガー』に登場する大魔獣ジャイガーはウエスター島に眠っていたムー帝国の古代怪獣であり、悪魔の笛という石像に封印されていた。悪魔の笛に血が注がれることで復活し、大阪城でガメラと戦うことになった。海水を飲み込み、鰓から噴射して飛ぶなどの特性を持つが、その点もデザインに取り込まれているようだ。怪獣デザインを担当する髙濵幹はこのように語る。

ジャイガーはとにかく顔を大きく、出来るだけでっかな顔面で。まあ、でもかっこいい感じで出来ないかなと思って。ああいう感じですね。

ジャイガーはその凶悪な顔立ちに加え、マグネチューム光線(オレンジ光線)や唾液固形ミサイル、吸血殺法、マグネチック吸盤、空中回転投げなど数多くの必殺技を有している。『GAMERA -Rebirth-』は俗に言う怪獣プロレスが重視される作品ということで、その必殺技が活かされるのかにも期待したい。

ジャイガーの持つ狡猾さ

また、『GAMERA -Rebirth-』で監督を務める瀬下寛之監督はジャイガーの持つキャラクター性について以下のような見解を述べている。

体だけ見ると貧相なヤモリ。ちょっとこうジャイガーっていう怪獣のキャラクター性がちょっと小狡いイメージだったからなんですけど。むしろ覚えてもらえるシルエット。

確かに『ガメラ対大魔獣ジャイガー』の大魔獣ジャイガーは卑怯とも言える戦術をとる。それが尻尾の先端の輸卵管の針を利用した吸血殺法だ。ジャイガーはガメラの体内に輸卵管を経由して産卵。それによってガメラの体内に小ジャイガーを産み落とし、ガメラは体の一部が透明化して弱っていった。この小ジャイガーはジャイガーの弱点である低周波によって駆除されたが、その戦法はさながらリドリー・スコット監督やジェームズ・キャメロン監督などが撮った「エイリアン」シリーズを想起させる。

そのような狡猾さとかっこよさを兼ね備えたデザインへと生まれ変わったジャイガー。かつてはガメラに悪魔の笛を叩きつけられて敗北したジャイガーだが、『GAMERA -Rebirth-』ではどのような戦いを繰り広げるのだろうか。注目していきたい。

『GAMERA -Reborth-』公式サイト

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第1弾の記事はこちらから。

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第2弾の記事はこちらから。

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第4弾の記事はこちらから。

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第5弾の記事はこちらから。

『GAMERA -Rebirth-』の予告第1弾の記事はこちらから。

『GAMERA -Rebirth-』の登場怪獣と主題歌に関する記事はこちらから。

Netflix『PLUTO』のキャスト紹介記事はこちらから。

Netflixドラマ版の『ONE PIECE』も2023年配信予定。実写キャストまとめはこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『ONE PIECE FILM RED』再上映決定! 10月より1ヶ月限定で 累計興収200億円へ

  2. 【ネタバレ 考察】『アンダン〜時を超える者〜』シーズン2はある? エンディングを解説

  3. スーサイド・スクワッドが日本でアニメ化!2023年12月1日(金)に『異世界スーサイド・スクワッド』情報解禁

  4. 『機動戦士ガンダム』実写化決定! 『パシフィック・リム』のレジェンダリーとサンライズが共同制作