よみがえる大悪獣ギロン『Making of “GAMERA Rebirth”』第5弾公開 | VG+ (バゴプラ)

よみがえる大悪獣ギロン『Making of “GAMERA Rebirth”』第5弾公開

©2023 KADOKAWA/ GAMERA Rebirth Production committee

2023年9月7日、Netflixにてついに独占配信開始

全6エピソードからなり、1989年の「怪獣の夏」を舞台にした『GAMERA -Rebirth-』。その公開が2023年9月7日へと迫っている。ガメラを中心に5体の怪獣との俗に言う「怪獣プロレス」と少年たちを中心に描かれる『GAMERA -Rebirth-』だが、その怪獣デザインを語る『Making of “GAMERA Rebirth”』の第5弾として『ガメラ対大悪獣ギロン』(1969)に登場した大悪獣ギロンが紹介された。

大悪獣ギロンは『ガメラ対大悪獣ギロン』の設定では惑星テラの環境をコントロールする電子頭脳がおかしくなり、それによって大幅な自然環境の乱れによって誕生した怪獣である。頭部が巨大な出刃包丁に似たデザインなのが特徴的で、『ガメラ対大悪獣ギロン』では宇宙ギャオスを輪切りにしている。

更には手裏剣を駆使し、それによってガメラを苦しめた独特なデザインが際立つ怪獣だ。近年の怪獣デザインでは『パシフィック・リム』(2013)で登場した怪獣アックスヘッドや怪獣ナイフヘッドに近いデザインをしている。そこと区別するためか、四足歩行であることと、『GAMERA -Rebirth-』に登場する怪獣全体に言える一部分を強調したデザインが採用されている。その点につて『GAMERA -Rebirth-』で監督を務める瀬下寛之監督は以下のように述べている。

とにかく頭が刀っていうのを、徹底的に強調してああなった。頭の刀を振り回して、忍者のように戦うっていう、そのユニークさ」

やはり頭部のデザインの特徴と、手裏剣を駆使するような戦闘スタイルを強調することに重きが置かれているように感じられる発言だ。さらに下顎は二つに割れ、体も分厚い甲殻に覆われているような忍者のような戦闘スタイルとは異なる重厚さも特徴的だ。その点に関しては『GAMERA -Rebirth-』で怪獣デザインを担当する髙濵幹はこのように語る。

「まあ、とにかく刃はできる限り大きく、体もキャタピラのようなディティールがあって、ガメラよりも堅そうぐらいにしたかった。甲殻類っぽいっていうか」

今までの竜をイメージしたギャオスや、魚類をイメージしたジグラなどと異なり、甲殻類がモチーフになっているのが『GAMERA -Rebirth-』のギロンの特徴だ。予告編でもキャタピラのような何度も重ねられた甲殻の重厚さと、大きな頭部の刃を振り回すスピーディさを両立している。2023年によみがえった『GAMERA -Rebirth-』のギロン。『GAMERA -Rebirth-』のなかでガメラよりも堅いという設定がどう活かされるのか注目していきたい。

『GAMERA -Rebirth-』はNetflixにて2023年9月7日より独占配信開始。

『GAMERA -Reborth-』公式サイト

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第1弾の記事はこちらから。

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第2弾の記事はこちらから。

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第3弾の記事はこちらから。

『Making of “GAMERA -Rebirth-”』第4弾の記事はこちらから。

『GAMERA -Rebirth-』の予告第1弾の記事はこちらから。

Netflix『PLUTO』のキャスト紹介記事はこちらから。

Netflixドラマ版の『ONE PIECE』も2023年配信予定。実写キャストまとめはこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 第2話ネタバレ感想!『SSSS.DYNAZENON』あらすじ・考察・解説〜“苦悩する主人公”と、戦う理由〜

  2. 『トランスフォーマー : ウォー・フォー・サイバトロン』第Ⅱ章アースライズは12月30日(水)配信開始! 日本語予告解禁

  3. アニメ『ダンジョン飯』第19話 感想&考察 イヅツミ登場とマルシルの恐怖 ネタバレ解説

  4. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第14話 ウォー・マントル計画始動。スター・ウォーズの転換点を描く あらすじ&考察