The Game Awards 2019ノミネート作品発表 『デス・ストランディング』が最多8部門

The Game Awards Ⓒ 2019 The Game Awards

The Game Awards 2019ノミネート作品発表

米時間の2019年11月19日 (火)、世界最大級のゲーム賞として知られる“The Game Awards”の2019年度のノミネート作品が発表された。2018年は『レッド・デッド・リデンプションII』が最多となる8部門にノミネートされたが、2019年は小島秀夫監督が手がけた『DEATH STRANDING (デス・ストランディング)』が同じく8部門ノミネートで最多ノミネートを達成した。Remedy EntertainmentによるSFゲーム『CONTROL』が7部門でこれに続き、SFゲームが強さを見せている。

2018年のThe Game Awardsは、『Marvel’s Spider-Man』が7部門、『デトロイト ビカム ヒューマン』が3部門にノミネートされたが、両作品ともに惜しくも受賞を逃していた。2018年のゲーム・オブ・ザ・イヤーには『ゴッド・オブ・ウォー』が選ばれている。

『デススト』が最多ノミネート

『デス・ストランディング』がノミネートされたのは、その年最高のゲームを選ぶゲーム・オブ・ザ・イヤーの他、Best Game DirectionBest NarrativeBest Art DirectionBest Score/MusicBest Audio DesignBest Action/Adventure Game。そしてクリフを演じたマッツ・ミケルセンとサム・“ポーター”・ブリッジスを演じたノーマン・リーダスがBest Performanceにノミネートされている。

MGS監督絶賛の『CONTROL』

『CONTROL』は実写映画版『メタルギア ソリッド』を手がけるジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督が賞賛した作品。日本では12月12日の発売を予定しているが、海外では8月27日に発売されている。ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督は、『CONTROL』をプレイしたことで、“コントロール”に関する驚くべき発見があったと述べている。同監督による『CONTROL』評は以下の記事に詳しい。

なお、『CONTROL』はゲーム・オブ・ザ・イヤーを含め、ノミネートされた全7部門で『デス・ストランディング』と賞を争う。

変化するゲームへの評価

2019年は、SFとゲームの関係に大きな変化が起きた年でもあった。SF最高賞の一つであるネビュラ賞にゲームライティング部門が設けられ、記念すべき一作目の受賞作品が発表されたのだ。同賞の受賞作品には、Netflixが配信したインタラクティブコンテンツ『ブラックミラー: バンダースナッチ』が選ばれたが、The Game Awards 2018ゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞した『ゴッド・オブ・ウォー』もノミネートを果たしていた。

『デス・ストランディング』を手がけた小島秀夫監督もまた、ドイツで開催されたイベントEGX Berlin 2019で、映画とゲームの距離が縮まっていく現状と未来を分析していた。詳細は以下の記事をご覧いただきたい。

The Game Awards 2019の各賞受賞作品および受賞者の発表は米西海岸時間2019年12月12日の20時30分より。全部門のノミネート作品は公式サイトで確認できる。

The Game Awards 2019

– Thumbnail –
The Game Awards Ⓒ 2019 The Game Awards

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『2010年宇宙の旅』『さよならジュピター』製作秘話が明らかに。「小松左京展」にアーサー・C・クラー…

  2. “強い女キャラ論争”はウンザリ——米SF作家が提案する3つのアイデア

  3. コミック界に変化の兆し「歴史を作った女性達 アイズナー賞でようやく評価」——ワシントンポスト紙が高橋…

  4. 京フェス2019が開催 豪華ゲストが登壇し、実験小説・SF・ホラーを語る

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP