シモン・ストーレンハーグの最新SFイラスト集『The Labyrinth』が12月刊行へ 募集開始19分で資金集まる | VG+ (バゴプラ)

シモン・ストーレンハーグの最新SFイラスト集『The Labyrinth』が12月刊行へ 募集開始19分で資金集まる

© 2020 Fria Ligan. / Simon Stålenhag

シモン・ストーレンハーグ最新作『The Labyrinth』

『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』(2014)、『エレクトリック・ステイト THE ELECTRIC STATE』(2018) といったSFイラスト集で知られるシモン・ストーレンハーグの最新作が2020年12月に刊行される。タイトルは「迷宮」を意味する『The Labyrinth』。これまでの作品に比べてダークな作風になっており、何者かに侵食され荒廃した世界が写し出されている。

スウェーデンの出版社Free League Publishingから出版される『The Labyrinth』は、前作同様クラウドファンディングサイトのキックスターター (Kickstarter) でプロジェクトが立ち上げられた。10月8日にファンドの募集を開始したが、わずか19分で目標額を達成。10月31日のファンド終了まで12日を残し、当初の目標額の10倍にあたる約2,500万円を集めている。

The Labyrinth (Kickstarter)

キックスターターでの支援者には、12月に『The Labyrinth』が届けられる。

映像化続くストーレンハーグ作品

シモン・ストレーンハーグは、スウェーデンの人気イラストレーターで、日常風景とSF世界が融合したような作風で知られる。ストーリー付きイラスト集『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』はAmazonプライムビデオでドラマ化され、2020年4月に配信を開始した。

また、『エレクトリック・ステイト THE ELECTRIC STATE』は、「アベンジャーズ」シリーズのルッソ兄弟の手によって映画化されることが決定している。『The Labyrinth』もまた、シモン・ストーレンハーグの映像化作品に名を連ねることになるのだろうか。

『The Labyrinth』のクラウドファンディングは、10月31日までキックスターターで実施中

シモン・ストーレンハーグのイラスト集の日本語版は、山形浩生の翻訳でグラフィック社より発売中。

グラフィック社
¥3,080 (2021/10/25 17:29:48時点 Amazon調べ-詳細)
¥3,080 (2021/10/25 17:29:49時点 Amazon調べ-詳細)
グラフィック社
¥3,080 (2021/10/25 17:29:49時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマ『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』はAmazonプライムビデオで配信中。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. テーマは「明るい未来」第59回日本SF大会の舞台は福島 「F-CON」は2022年8月27日~28日開催

    2. ウォーク・カルチャー担う変革者たち——”Woke 100″発表 SF作家N・K・ジェミシンが選出

    3. 【コミコン2018】マーベルの発表まとめ その3【ヴェノム、ザ・ギフテッド、X-Men】

    4. 『ナイトランド・クォータリー』Vol.23は“怪談”特集!小説14編収録の「怪談【KWAIDAN】—Visions of the Supernatural」