『三体3 死神永生』発売!「三体」三部作が日本でも遂に完結 | VG+ (バゴプラ)

『三体3 死神永生』発売!「三体」三部作が日本でも遂に完結

(C) Hayakawa Publishing Corporation All rights reserved.

『三体』完結!

全世界2,900万部を売り上げた現代SFの最高峰、小説「三体」が日本でも完結を迎える。

『三体Ⅲ 死神永生 上・下』(大森望, 光吉さくら, ワン・チャイ, 泊功 訳) は2021年5月25日(火) に発売され、2019年から刊行されてきた日本語訳の三部作が壮大なスケールの旅路を終える。

¥2,090 (2022/01/24 09:38:18時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,090 (2022/01/24 09:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

「三体」は中国の作家・劉慈欣が2006年から「科幻世界」で連載を始めたSF小説。2015年にケン・リュウの手で第一部『三体』が英訳されると、アジア人の作家としては初めてSF最高賞のヒューゴー賞で長編小説部門を受賞した。『三体』は第44代米国大統領のバラク・オバマやFacebook共同創業者のマーク・ザッカーバーグらの愛読書として知られるようになり、2019年には劉慈欣原作の映画『流転の地球』が公開され約7億ドルの興行収入を叩き出すなど、「三体」は中国SFブームの火付け役となった。2020年にはNetflixによるドラマ化も発表されている

日本でも2019年から「三体」シリーズの刊行がスタート。第二部と完結編はコロナ禍での刊行となったが、年一冊の刊行ペースで見事に完走。『三体Ⅲ 死神永生』では『三体Ⅱ 黒暗森林』を遙かに上回るスケールの物語が展開される。全世界で2,900万部を売り上げた現代SFにおける一つの到達点を、その目に焼き付けよう。

また、『三体Ⅲ』に収録されているSF作家・藤井太洋の解説も必見だ。藤井太洋の目で見て耳で聞いた、ここ数年間の中国SFの変遷が「三体」を軸にして語られている。

「三体」第一部と第二部のここまでのあらすじは、Hayakawa Books & Magazines(β)で紹介されている。

劉慈欣『三体』(大森望, 光吉さくら, ワン・チャイ 訳, 立原透耶 監修) と『三体Ⅱ 黒暗森林』(大森望, 立原透耶, 上原かおり, 泊功 訳) は、早川書房より発売中。
『三体Ⅲ 死神永生 上・下』(大森望, 光吉さくら, ワン・チャイ, 泊功 訳) は2021年5月25日(火) 発売。

早川書房
¥2,090 (2022/01/24 18:41:26時点 Amazon調べ-詳細)
早川書房
¥1,870 (2022/01/24 16:12:09時点 Amazon調べ-詳細)
早川書房
¥1,870 (2022/01/24 09:38:20時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,090 (2022/01/24 09:38:18時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,090 (2022/01/24 09:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

『ブックファースト新宿店をはじめ、一部書店では5月24日(月)に配本されており、店頭で手に入れることができる。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第二回かぐやSFコンテスト 応募総数は381編 一次審査期間がスタート【応募期間終了】

    2. 小松左京『日本アパッチ族』が新装版で登場 社会から放逐された人々を描いた小松左京初の長編小説

    3. Kaguya Planet 9月先行公開、f3hito「archipelago」(翻訳:f3hito)、北野勇作「ひゃくじま」、佐々木倫「風の鳴る島」配信開始!

    4. 犬と街灯「島アンソロジー」開催中