第39回日本SF大賞発表 山尾悠子『飛ぶ孔雀』、円城塔『文字渦』が大賞、横田順彌に功績賞VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

第39回日本SF大賞発表 山尾悠子『飛ぶ孔雀』、円城塔『文字渦』が大賞、横田順彌に功績賞

via: 飛ぶ孔雀 / 文字渦

第39回日本SF大賞発表!

大賞に『飛ぶ孔雀』『文字渦』

第39回日本SF大賞が発表された。大賞には、山尾悠子『飛ぶ孔雀』(文藝春秋)、円城塔『文字渦』(新潮社)が選ばれた。また、2019年1月4日に逝去した横田順彌に功績賞が贈られた。贈賞式は2019年4月19日(金)に開催される予定だ。

¥2,200 (2020/04/09 12:50:28時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,980 (2020/04/09 18:49:13時点 Amazon調べ-詳細)

2019年で39回目

日本SF大賞は、1980年から続く伝統あるSF賞で、SF作家・小松左京が中心となって創設された。日本SF作家クラブが主催し、9月1日から翌年の8月31日までに発表された作品を対象として、日本SF作家クラブの会員から選抜された選考委員よって選ばれる。文学作品だけでなく、映画やアニメなどの映像作品や関連作品も対象となる点が特徴だ。

今回の最終候補作には、大賞を受賞した二作のほか、高山羽根子の『オブジェクタム』(朝日新聞出版)、草野原々『最後にして最初のアイドル』(早川書房)、倉数茂の『名もなき王国』(ポプラ社)、石川宗生の『半分世界』(東京創元社) も選ばれていた。

山尾悠子の『飛ぶ孔雀』は第46回泉鏡花文学賞受賞に続いて、円城塔の『文字渦』は第43回川端康成文学賞受賞に続いての日本SF大賞受賞となった。円城塔は伊藤計劃との共著『屍者の帝国』でも、第33回日本SF大賞の特別賞を受賞している。功績賞を受賞した横田順彌は、2019年1月4日に逝去、多くのSFファンに惜しまれた。第9回日本SF大賞では會津信吾との共著『快男児・押川春浪』で大賞を受賞している。

Source
日本SF作家クラブ

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. N・K・ジェミシン 新三部作は「反人種主義のX-MEN」——米で3月刊行の『The City We …

  2. ピーター・トライアス新作はMGS2のテーマから影響——『サイバー・ショーグン・レボリューション』

  3. 中国SFの最高傑作『三体』の日本語訳が2019年に刊行へ オバマやザッカーバーグも愛読

  4. SF小説『三体』の映像化は? 映画・ドラマ・アニメ情報まとめ