『三体2 黒暗森林』は2020年6月18日発売 「人類文明最後の希望」は“面壁者” | VG+ (バゴプラ)

『三体2 黒暗森林』は2020年6月18日発売 「人類文明最後の希望」は“面壁者”

(C) Hayakawa Publishing Corporation All rights reserved.

『三体』続編『三体2』がいよいよ刊行

いよいよ『三体2』が刊行される。2019年に日本語版が刊行され、海外翻訳SF小説としては異例の大ヒットを記録した劉慈欣の小説『三体』。アジアから初めてSF最高賞のヒューゴー賞長編小説を受賞した作品であり、累計発行部数も世界で2,100万部を記録したベストセラー作品だ。

『三体』は劉慈欣による三部作の第一段。2019年7月4日に日本語版が発売されてから1年足らずで、日本でも続編が発売される。『三体2』では、人類は「人類文明最後の希望」である“面壁者”を立て、地球を侵略しようとする三体文明に立ち向かう。“面壁者”とは、果たしてどのような存在なのだろうか。

『三体2 黒暗森林』 (大森望、立原透耶、上原かおり、泊功 訳) は、2020年6月18日(木)に上下巻で発売される。Amazonでは予約受付を開始している。

早川書房
¥1,870 (2021/10/25 10:59:22時点 Amazon調べ-詳細)
早川書房
¥1,870 (2021/10/24 22:34:34時点 Amazon調べ-詳細)

また、5月1日(金)には早川書房からその書影も公開された。

ドラマ化、アニメ化も進む

SF小説『三体』は、前米国大統領のバラク・オバマやFacebook共同創業者のマーク・ザッカーバーグの愛読書としても知られており、中国ではドラマ化とアニメ化が進んでいる。日本で日本語版が発売された後の“三体ロス”は、中国でも話題になっていた。

『三体2』の発売で、再び日本に“三体旋風”が巻き起こされることになりそうだ。
劉慈欣『三体2 黒暗森林』(大森望、立原透耶、上原かおり、泊功 訳) の上下巻は、早川書房より2020年6月18日(木)に発売予定。

早川書房
¥1,870 (2021/10/25 10:59:22時点 Amazon調べ-詳細)
早川書房
¥1,870 (2021/10/24 22:34:34時点 Amazon調べ-詳細)

また、6月には新紀元社より立原透耶編の『時のきざはし 現代中華SF傑作選』(仮題) が発売される。そして6月上旬には東京創元社より、前人未到のヒューゴー賞三連覇を達成したN・K・ジェミシンのトリロジー第一段『第五の季節』(小野田和子 訳)が発売される予定だ。

6月はSF小説をたっぷり楽しもう。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ヒューゴー賞の光と影——パピーゲート事件がSF最高賞に与えた衝撃

    2. N・K・ジェミシン『オベリスクの門』9月13日発売! 予約受付開始&表紙が公開。ヒューゴー賞三連覇『第五の季節』の続編

    3. Kaguya Planet、7月の筆者・スケジュール発表!

    4. 大竹竜平「祖母に跨る」一般公開!【Kaguya Planet】