Kaguya Planet、12月の筆者ら発表! | VG+ (バゴプラ)

Kaguya Planet、12月の筆者ら発表!

Kaguya Planet、12月の執筆者を発表!

SF企業VGプラスの運営するオンラインSF誌Kaguya Planetより12月の執筆者を発表します。12月のKaguya Planetでは、毎週、蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』の連載を会員限定で更新します! また、池澤春菜さんのインタビューも会員向けに先行公開を予定しています。

そして、Kaguya Planet三周年&リニューアルということで、Kaguya Planetのマガジン0号を刊行します! 0号のテーマは「月」。Kaguya Planetに過去に掲載した月にまつわる短編小説を掲載し、月にまつわる書評・映画ドラマ評を掲載します。0号ということで、無料で電子書籍として配布いたしますので、どうぞお読みください。

Kaguya Planetでは毎月、SF短編小説を配信中!各作品は約一ヶ月の先行公開期間を経て、無料で一般公開されます。月額500円の会員になると先行公開期間の作品&会員限定のコンテンツを読むことができます。掲載作品一覧はこちら。

Kaguya Planetについて詳しく知る

12月のKaguya Planetは、毎週・蜂本みささん!

12月のKaguya Planetでは、Kaguya Booksから刊行予定の蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』の連載を毎週更新します!蜂本みささんは11月26日に第5回ブンゲイファイトクラブで優勝を果たした、今最も強い小説家。圧倒的な文章の強さを持つ蜂本さんが書く長編小説、『遊びの国のモシカたち(仮)』はぬいぐるみのカモノハシであるモシカと、ごっこ遊びが大好きな女の子ミミの物語です。

Kaguya Planetでは現在、『遊びの国のモシカたち(仮)』は九回分の連載を会員向けに限定公開しています。連載一覧はこちら。第一回から第八回まではミミが小学校一年生編。小学校にあがっても毎日モシカと登校するミミはぬいぐるみを持ってきてはいけないという先生と対立するが……。第九回からはミミが小学校四年生になります。周囲とも折り合いをつけてうまくやっているかに見えたミミですが……。

池澤春菜さんインタビュー

稀代の読書家であり、声優でもある池澤春菜さんに、「小説家」としてのお話と「前・日本SF作家クラブの会長」としてのお話を聞きました。小説家としてパートでは、ここ数年で次々とSF短編小説を発表している池澤さんに影響を受けた作家の話やテーマのお話を聞いています。前・日本SF作家クラブの会長としてのパートでは、リーダーとして大切にしていたことやクラブの果たすべき役割などをお聞きしました。

こちら、配信日等は決定次第お知らせいたしますので、続報をお待ちください。Kaguyaの最新情報を見逃したくないという方はぜひ、KAGUYAのニュースレターへの登録をお願いします。登録に必要なのはメールアドレスのみです。登録はこちらから。

Kaguya Planetにて書評の連載開始!

Kaguya Planetにて、編集者でブックキュレーターの堀川夢さんによる書評の連載を始めます。連載は月に一回程度。新刊から既刊まで、堀川さんが今ぜひ読んでほしいと思うSF関連書籍を紹介します。初回は、陳春成『夜の潜水艦』(大久保洋子訳、アストラハウス)。近日中に掲載予定ですので、どうぞお楽しみに!

アストラハウス
¥2,420 (2024/03/03 18:01:03時点 Amazon調べ-詳細)

また堀川夢さんは、Kaguya Planetのマガジンにも各テーマや掲載する小説に合わせた書評を掲載します。

なかむらあゆみ編『巣 徳島SFアンソロジー』先行発売中!

徳島にあるあゆみ書房から刊行される、なかむらあゆみ編『巣 徳島SFアンソロジー』が現在四国の書店とあゆみ書房のオンラインストアで好評発売中! 『巣 徳島SFアンソロジー』は7名の徳島在住の女性の作家と、徳島にゆかりのある芥川賞作家小山田浩子さんと吉村萬壱さんによるアンソロジー。「そっとふみはずす」をテーマに、SF的な想像力が徳島の日常を描き出します。

巣 徳島SFアンソロジー

またKaguya Planetでは現在、収録作のなかむらあゆみ「ぼくはラジオリポーター」を無料で全文公開しています。「ぼくはラジオリポーター」はラジオ番組を通して徳島の日常に潜む謎に迫る、不穏ながらも優しい物語です。

吉羽善「影あそび」「五時の魍魎」先行公開中!

Kaguya Planetでは現在、吉羽善さんによるSF短編小説を会員向けに先行公開しています。吉羽さんの小説は「紙に印刷されたインク」「画面に表示された文字」をテーマにした二部作。「紙に印刷されたインク」をテーマにした「影あそび」(初出・企画編集野咲タラassemble』)と、「画面に表示された文字」をテーマにした「五時の魍魎」です。

紙で読むことで楽しめる仕掛けの施された「影あそび」と、PCやスマホで読むとついついもう一度見返したくなってしまう「五時の魍魎」。文字にまつわる奇譚をふたつセットでお楽しみください!

Kaguya Planetにログイン  Kaguya Planetに登録

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月から活動を開始し、毎月珠玉のSF短編小説を配信してきました。より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

掲載している作品一覧

そして、Kaguya Planetは2023年12月には大幅なリニューアルを行い、今後は季刊のSFマガジン《Kaguya Planet》を創刊します。また、①社会の声に耳を傾ける②経済と向き合う③世界に開かれたSFレーベルへという三つの理念を掲げ、魅力的な特集を企画したり、読書会を開催したりしていきます。

これらの活動を盛り上げていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

    • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
    • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
      Visa
      Mastercard
      American Express
      JCB

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. Kaguya Planet、10月の執筆者発表!

  2. Kaguya Planetにて、特集「気候危機」の掲載作品を募集中!

  3. 同人作品のプラットフォームにSF最高賞——ヒューゴー賞を受賞した AO3 が築いたものとは

  4. 岡本俊弥「わらし」英訳が英Fudoki Magazine掲載 Toshiya Kameiによる翻訳