第一回かぐやSFコンテスト最終候補作品11編が決定、読者投票は7月24日から。応募規約の一部変更もVG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

第一回かぐやSFコンテスト最終候補作品11編が決定、読者投票は7月24日から。応募規約の一部変更も

第一回かぐやSFコンテストの最終候補作品が決定!

SFウェブメディア バゴプラが主催する新たなSFショートショートのコンテスト、第一回かぐやSFコンテストの最終候補作品が決定しました。プロアマ問わず多くのご応募をいただき、量・質ともに想定以上の作品たちが集まりました。

当初は最終選考作品は10作品の公開を予定しておりましたが、審査委員会による審議の結果、集まった416作品の中から11作品を選出することになりました。

最終候補作品一覧

最終候補作品は以下の11作品です。

  • 「Eat Me」
  • 「未来の自動車学校」
  • 「Moon Face」
  • 「子守唄が終わったら」
  • 「あれは真珠というものかしら」
  • 「祖父に乗り込む」
  • 「壊れた用務員はシリコン野郎が爆発する夢を見る」
  • 「次の教室まで何マイル?」
  • 「リモート」
  • 「よーほるの」
  • 「いつかあの夏へ」
    (応募順)

応募規約の変更

かぐやSFコンテストの特色の一つは、匿名で作品を公開する読者投票の期間を設ける点です。7月24日(金・祝)から8月7日(金)の期間、筆者の名前を伏せた状態で11作品が公開され、読者による投票が行われます。このため、一次選考通過者は読者投票の期間が終了するまで、自作のタイトルと内容を伏せておく必要があります。

一次選考の最終審議においては、通過者が通過の連絡を見逃した際に自作を公開してしまう恐れがあるという指摘があり、最終候補作品のタイトルのみ事前に公開することを決定しました。

最終候補作品のタイトルを事前公開するにあたって、惜しくも最終候補入りを逃した方が1日でも早くその作品を公開できるよう、応募規約の一部を修正しています。修正点は、以下の通りです。

全ての応募者は、どのようなタイトルで応募を行なったかということについて、7月24日(金)に最終候補作品が発表されるまで公言しないでください。

以下に変更。

全ての応募者は、どのようなタイトルで応募を行なったかということについて、7月18日(月)に最終候補作品が発表されるまで公言しないでください。

なお、通過者については引き続き、読者投票期間が終了するの8月8日(土)まで、自作のタイトルと内容は伏せていただきます。

応募規約はコチラ

選評・補足も後日公開

また、最終候補から漏れた作品の中には、突破はできなかったけれども全審査員から手堅い評価を受けた作品や、特定の審査員が偏愛する作品がいくつもありました。そのように高い評価を受けていた作品については、8月の結果発表の時期に、補足・特集・選評といった形で触れていくことといたします。

その際には作品名や内容のみに触れることになりますので、応募したことを知られたくないという方もご安心ください。

コンテストの概要と今後のスケジュール

第一回かぐやSFコンテストは、「未来の学校」をテーマに2,000字から4,000字のSF小説を募集し、360名から416作品の応募をいただきました。かぐやSFコンテストの最優秀賞に輝いた作品は英語と中国語に翻訳され、イラスト付きで当メディアに掲載されます。

かぐやSFコンテストは、日本からSF作品を海外に発信していくこと、海外の読者を意識した執筆に挑戦してもらうこと、短編作品でも評価される場所を創り出すことを目的にしています。

第一回かぐやSFコンテストの今後のスケジュールは以下の通りです。

  • 応募期間:6/5(金)-7/6(月)
  • 一次選考期間:7/7(火)-7/23(木)
  • 最終候補作品の発表:7/18(土)
  • 最終候補作品を匿名で公開/読者投票期間:7/24(金)-8/7(金)
  • 最終候補作品の筆者名公開:8/8(土)
  • 審査委員会による最終選考期間:8/8(土)-8/14(金)
  • 結果発表:8/15(土)
  • 最優秀作品の英語・中国語翻訳を公開:10月頃

読者投票は7月24日(金・祝)から8月7日(金)まで。416作品を代表する11作品を7月24日午前8時より公開します。お楽しみに!

かぐやSFコンテスト特設ページ

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. SFを聴く! AmazonのAudibleで聴けるSF小説まとめ【三体、フィリップ・K・ディック、創元SF短編賞作品】

  2. N・K・ジェミシン 新三部作は「反人種主義のX-MEN」——米で3月刊行の『The City We Became』

  3. 『文藝』2020年春号は「中国・SF・革命」 ケン・リュウの初邦訳掲載、藤井太洋、立原透耶らも参加

  4. 第40回日本SF大賞 最終候補作発表 『なめらか』『宿借りの星』『零號琴』等が選出