『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』ノーウェアは実際に建造されていた。アパートやバーも | VG+ (バゴプラ)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』ノーウェアは実際に建造されていた。アパートやバーも

©2023 MARVEL

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』ノーウェアに注目

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』が2023年5月3日(水・祝) より日本で公開。2023年の実写洋画としてはナンバーワンとなる初週末興収を記録するなど、三部作の完結編に相応しいヒットを記録している。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』は、ディズニープラスで配信された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』(2022) から続く作品になり、『ホリデー・スペシャル』で紹介されたガーディアンズの新しい拠点から物語は幕をあける。その場所とは、「GotG」シリーズと因縁の深いノーウェアだ。

ノーウェアはシリーズ第1作目の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014) で初登場。死んだセレスティアルの頭部を居住地にした場所で、セレスティアルの器官などを売り捌いて巨万の富を築いたコレクターことティヴァンが拠点としていた。映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018) では、コレクターが持つリアリティ・ストーンを手に入れようとしたサノスによって焼け野原にされている。

『ホリデー・スペシャル』では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) 後にガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがノーウェアを買い取り、復興に取り組んでいる様子が描かれた。『VOLUME 3』でも新しい看板を掲げるなど復興は続いている様子だった。

巨大なノーウェアを作り出す

マーベル公式は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』で登場したノーウェアについて、その裏側を明かす記事を公開。ジェームズ・ガン監督が指揮したDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』(2023) でプロダクション・デザイナーを務めたベス・ミクルが『GotG3』でもプロダクション・デザイナーを務めたことが明かされている。

ベス・ミクルは過去の作品でのノーウェアについて数週間かけてリサーチを行い、『エンドゲーム』後のノーウェアを作り出すことに備えたという。ジェームズ・ガン監督はブルーバックを使用してCGを合成するのではなく、実際にノーウェアを作り出して撮影することを望んでいた。そのため、ロケ地全体を一から作る必要があったのだが、インディペンデント映画に携わってきたベス・ミクルは一からセットを作り出すことに長けた人材だったという。

また、セットのディテールを担当するセットデコレーターのローズマリー・ブランデンバーグは、ノーウェアのセットについて「非常に大きく複雑で、すべてのものをデザインして制作し、俳優の周りに設置するまでにはかなりの時間を要します」と、その苦労を明かしている。多くのシーンがCGIで制作されたり、セットの一部を作って撮影されたと思われがちだが、リアリティを重視するガン監督の指揮のもと、実物大のノーウェアが作り出されていたという。

ノーウェアは何層にも及ぶ巨大セットになっており、バスルーム付きのアパートや第1作目に登場した酒場まで作られていたとか。製作総指揮のサラ・スミスは「実際に存在する場所のように感じられ、それが建てられるのを見るのは驚きでした」と語っている。

ノーウェアの変化

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』に登場したノーウェアとこれまでの作品に登場したノーウェアと異なる点は、復興を経たノーウェアであるという点だ。マーベル公式は、『ホリデー・スペシャル』で描かれた復興の様子を経てもなお、破壊されて苦悩する姿が残っている必要があったとしている。

そのため、『GotG3』のノーウェアの色調はダークに抑えられており、デザイン部と塗装スタッフの協力のもとで作り上げられたことが明かされている。また、ノーウェア市民の服装についても、ノーウェアの風景にマッチするような「リアル」なものであることが求められた。

『GotG3』の冒頭でピーター・クイルは酔い潰れている姿を見せるが、コンセプト写真にもあるように、この時のクイルの服装はTシャツにスウェットパンツというスタイルになっている。一見シンプルなこの服装についても、衣装デザイナーによって不自然にならないように注意を払って制作されたものだという。

©2023 MARVEL

セレスティアルの亡骸という非現実の設定にリアルな空気をもたらしたデザイン陣。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』を鑑賞する際には、ノーウェアのディテールにも注目してみよう。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』は2023年5月3日(水・祝) より劇場公開。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』のオリジナル・サウンドトラックは5月4日(木) 発売&配信中。

Source
Marvel.com

【!ネタバレ注意!】ラストからポストクレジットシーンまでの解説&考察はこちらの記事で。

これまでのロケットの描写についての総解説はこちらから。

 

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』のネタバレ解説はこちらから。

ドラマ『シークレット・インベージョン』予告の解説はこちらの記事で。

映画『マーベルズ』予告の解説はこちらから。

映画『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』最新予告の解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『デッドプール&ウルヴァリン』にジャガーノートは登場しない? 演じた俳優が語る

  2. 2019年公開のSF映画まとめ——『アベンジャーズ』『スター・ウォーズ』『ゴジラ』も!!

  3. ネタバレ! ピーターのあのセリフはアドリブだった『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

  4. リブート版『デューン』砂虫のデザインが初公開——ポイントは「実在していてもおかしくないように」