『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のキャスト・声優まとめ 誰が続投? 新登場は?【吹き替え・出演者・俳優】 | VG+ (バゴプラ)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のキャスト・声優まとめ 誰が続投? 新登場は?【吹き替え・出演者・俳優】

©️1989 Universal City Studio, Inc. All Rights Reserved.

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の俳優&吹き替え声優は?

1985年に公開され、大ヒットを記録した映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。“デロリアン”を改造したタイムマシーンで時空を飛び越える物語は世界中の人々を魅了した。同作の大ヒットを受け、1989年に公開されたのが続編『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』だ。おなじみの音楽と共に多くのキャストが続投し、再び魅力的な物語が展開された。

今回は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に出演した俳優とソフト版の吹き替え声優たちにスポットライトを当ててみよう。誰が続投し、どんなキャストが新登場となったのか、豪華キャストの面々をチェックしていこう。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に出演したキャスト/声優まとめ

マーティ・マクフライ、マーティ・マクフライ Jr.、マーリーン・マクフライ役 マイケル・J・フォックス / 山寺宏一

主人公マーティを演じたマイケル・J・フォックスはもちろん続投。それも一人三役での出演だ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』ではマーティの他に、未来のマーティの息子と娘も演じている。マーティJr.とマーリーンは、前作でジョージを演じたクリスピン・グローヴァーとロレインを演じたリー・トンプソンが演じる予定だったが、クリスピン・グローヴァーの降板に合わせて、マイケル・J・フォックスが二人を演じた。

なお、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズを手がけたロバート・デメキス監督と共同脚本を手がけたボブ・ゲイルは、マイケル・J・フォックスとドク役のクリストファー・ロイドの続投を二人に確認してから脚本の製作に取りかかったという。

そして、吹き替え声優を担当した山寺宏一も続投となるのだが、こちらもマーティ、マーティJr.、マーリーンの三人の声をあてている。様々な声色を操る山寺宏一だが、流石にマーリーンの声は少し苦しそうだ……。

ドク (エメット・ブラウン) 役 クリストファー・ロイド / 青野武

ドクことエメット・ブラウンを演じたのは安定のクリストファー・ロイド。すっかりハリウッドの人気キャラクターとなったドク役を続投した。『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』公開時点では51歳、公開から5ヶ月前の6月には初めての結婚を経験している。

また、『PART2』公開時にはプロモーションで来日している。2011年にナイキが『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したシューズをモデルにした商品を発売した際には、クリストファー・ロイドはドク役でCMに出演した。

吹き替え声優を担当した青野武ももちろん続投。2012年4月9日に75歳で亡くなるまで、様々な作品でクリストファー・ロイドの声を担当した。

ビフ・タネン、グリフ・タネン役 トーマス・F・ウィルソン / 谷口節

敵役のビフを演じたトーマス・F・ウィルソンも続投。『PART2』ではビフの孫にあたるグリフを演じている。ビフは2015年の老人ビフ、1985年の中年ビフ、1955年の青年ビフが登場するため、特殊メイクを駆使して様々な表情のビフを演じている。ビフは歴史が変化することで様々な影響を受けるキャラクターであり、『PART2』はトーマス・F・ウィルソンの演技力が遺憾なく発揮された作品だと言える。なお、トーマス・F・ウィルソンは『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』公開時点で30歳。

ビフとグリフの吹き替えを担当した谷口節も前作から続投。トーマス・F・ウィルソンと同じく、一人のキャラクターの中で多様な声色を使い分ける流石の演技を披露している。

ロレイン・ベインズ・マクフライ役 リー・トンプソン / 佐々木優子

マーティの母、ロレインを演じたリー・トンプソンも続投。『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』では2015年の老人ロレイン、そして老人ビフが歴史改変を行なった後の1985年のロレインを演じている。リー・トンプソンもまた歴史改変に影響を受けた複数のロレインの顔を使い分けている。

リー・トンプソンは『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』でキッズ・チョイス・アワードのフェイバリット映画女優賞を受賞した。なお、ドクを演じたクリストファー・ロイドと同じく、リー・トンプソンも公開年の1989年に結婚している。

吹き替えを担当したのは前作に引き続き、佐々木優子。『ちびまる子ちゃん』(1995-)のおばあちゃん役の声で知られているが、ドクの声を担当した青野武は『ちびまる子ちゃん』でおじいちゃんの声を担当していた。その二人が声をあてたクリストファー・ロイドとリー・トンプソンが同じ年に結婚したというのは、不思議な一致である。

ジョージ・マクフライ役 ジェフリー・ウェイスマン、クリスピン・グローヴァー / 富山敬

前作でマーティの父ジョージを演じたクリスピン・グローヴァーは条件面で折り合いがつかず『PART2』では降板。代わってジェフリー・ウェイスマンがジョージを演じた。ジェフリー・ウェイスマンはクリント・イーストウッド監督の『ペイルライダー』(1985)にも出演した俳優だ。

2015年の老人ジョージは他のキャラクターと同じく特殊メイクで出演しているが、冒頭の1985年の中年ジョージと1955年の青年ジョージはクリスピン・グローヴァーが演じた前作の映像がそのまま使用されている。クリスピン・グローヴァーは無許可で映像を使用されたとして訴訟を起こし、その訴えが認められて示談が成立している。

演じた俳優は変更になったが、ジョージの吹き替え声優を担当した富山敬は続投。富山敬は銀河英雄伝説』(1988-2000)でヤン・ウェンリー役など、1995年9月25日に逝去するまで様々な役を演じ続けた。

ジェニファー・パーカー役 エリザベス・シュー / 勝生真沙子

マーティの恋人であるジェニファーも俳優が交代している。前作ではクローディア・ウェルズが演じたが、本作ではエリザベス・シューが新たにジェニファー役を演じている。18歳で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出演したクローディア・ウェルズは、同作の撮影中に母が癌を患い、俳優活動を休止。『PART2』および『PART3』でジェニファー役を演じたエリザベス・シューは、『PART2』の公開時点で26歳。『ベスト・キッド』(1984)でアリ・ミルズを演じたことで広く知られていた。

なお、前作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の公開時点では、『PART2』を製作する予定はなく、続編製作が決定した際に、ロバート・デメキス監督は物語の構成上、前作のエンディングでジェニファーをデロリアンに乗せたことを後悔したという。また、俳優が変更になったため、『PART2』の冒頭は前作のエンディングをエリザベス・シューと共に撮影し直している。

そうした背景もあり、せっかくの起用となったエリザベス・シューは、『PART2』ではほとんど出番がない (寝ているシーンがほとんどである)。それでも、エリザベス・シューは『リービング・ラスベガス』(1995)でサラ役を演じて全米映画批評家協会賞主演女優賞とインディペンデント・スピリット賞主演女優賞を受賞、アカデミー主演女優賞にもノミネートされるなど、俳優としては高い評価を受けて活躍を続けている。

そして、最近のSFファンもエリザベス・シューの姿に見覚えがあるはずだ。Amazonオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ』(2019-)では、ヴォートの副社長であるマデリン・スティルウェルを演じているのだ。また、2020年にはApple TV+オリジナルドラマ『グレイハウンド (原題)』にも出演を予定している。

ジョージと同じく、ジェニファーも俳優が交代となったが、吹き替え声優は続投、ジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスターらの声を担当する勝生真沙子が演じている。なお、他の作品でのエリザベス・シューの声はロレイン役のリー・トンプソンを演じた佐々木優子が演じることが多い。

ジェラルド・ストリックランド役 ジェームズ・トールカン / 大木民夫

“教頭先生”ことジェラルド・ストリックランドを演じたジェームズ・トールカンも続投。ストリックランド先生は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作の全作品に出演している。『PART2』ではビフが支配する1985年に武装して登場した。

ジェラルド・ストリックランドの声を演じた大木民夫も続投。大木民夫は2017年12月14日に亡くなるまで、「X-MEN」シリーズのプロフェッサーXなど、多くのキャラクターの声を担当した。

ニードルス役 フリー / 古田信幸

新登場のキャラクター、ニードルスを演じたのはレッド・ホット・チリ・ペッパーズでベースを務めるフリー。ニードルスは2015年のマーティがテレビ電話で会話している悪友だ。当時フリーは27歳。ベーシストとしての活躍は言わずもがなだが、実は映画への出演も少なくない。『ラスベガスをやっつけろ』(1998)への出演や『インサイド・ヘッド』(2015)『トイ・ストーリー4』(2019)への声の出演など、20を超える作品に出演している。

なお、前作では主題歌『パワー・オブ・ラヴ』(1995)を提供したヒュー・ルイスがカメオ出演を果たしている。フリーは『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』にも登場する。

ニードルスの吹き替え声優を担当したのは古田信幸。『HEROES』(2006-2010)のマット・パークマン役などで知られるグレッグ・グランバーグの声優を担当している。2017年8月29日に59歳の若さで逝去するまで、様々なアニメ作品に出演すると共に、声優養成所のtalk back養成所で後進の育成に取り組んでいた。

ゲームで遊ぶ二人の子どもは?

実は、2015年の“Cafe 80’s”のシーンでは、意外な俳優と声優が登場している。アーケードゲームの『ワイルドガンマン』(1984)で遊ぼうとする二人の子ども。この二人の内、赤い服を着ているのは、後に「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの主演俳優としてその名を世界中に轟かせることになるイライジャ・ウッドだ。声は『クレヨンしんちゃん』(1992-)の風間くん役とシロ役などで知られる真柴摩利が演じている。

また、青い服の子どもはジョン・ソーントンという俳優が演じているが、日本語吹き替えは「ポケモン」シリーズのピカチュウ役、『ONE PIECE』(1999-)のトニー・トニー・チョッパー役で知られる大谷育江が吹き替えを担当している。

以上が、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に出演した俳優たちと吹き替え声優の面々だ。『PART2』では、2015年の未来や歴史改変後の世界を含む様々な世界観に対応する必要があったが、俳優・声優共に流石の演技力を披露している。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズが名作として語り継がれている理由の一つは、紛れもなくこのキャストたちの名演によるものだろう。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズは30周年記念トリロジー版Blu–rayボックスが発売中。

Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥3,900 (2020/11/24 13:59:17時点 Amazon調べ-詳細)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』および『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』の出演者および吹き替え声優については、以下の記事から。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画『ジョーカー』ダンスの秘密。ホアキン・フェニックス「ダンスは自己表現だった」

  2. 『ヴェノム』中国版タイトルは『毒液 : 致命守護者』 独自主題歌に賛否も、“スパイダーマン大国”での大ヒットは確実か

  3. アンソニー・マッキーが選ぶ7人の「仲間にしたいSFキャラクター」とは?【ファルコン、タケシ・コヴァッチ役】

  4. 劉慈欣「さまよえる地球」が映画化 中国で2019年2月に公開