アシモフ原作のApple TV+ドラマ『ファウンデーション』9月24日配信開始 壮大なSF叙事詩を実写化【あらすじ&予告編】 | VG+ (バゴプラ)

アシモフ原作のApple TV+ドラマ『ファウンデーション』9月24日配信開始 壮大なSF叙事詩を実写化【あらすじ&予告編】

Apple TV+

Appleオリジナルドラマ『ファウンデーション』9月24日配信開始

“ロボット工学三原則”で知られ、SF御三家の一人としても知られるアイザック・アシモフ (1920-992)。そのアシモフの代表作の一つである「ファウンデーション」シリーズが遂に実写化される。これまで公式による配信開始日は「近日公開」、ロケ地となったマルタの地元メディアLovin Maltaの報道では「2021年秋」となっていたが、遂に2021年9月24日(金)に配信を開始することがAppleより発表された。

『ファウンデーション』は、Lovin Maltaがプロデューサーで脚本を手がけるデヴィッド・S・ゴイヤーに取材を行い、同作が80話ほどの大作ドラマを目指していること、マルタが今後も主要なロケ地になることなどを報じている。

新予告も公開

また、ドラマ『ファウンデーション』の新たなティザー予告も公開された。数学者ハリ・セルダンの予測によって銀河帝国の存続に危機が訪れる様子と、ファウンデーションが結成される起こりが圧巻の映像と共に映し出されている。

更に、配信開始1ヶ月前の8月19日には公式トレーラーが公開されている。

映像は驚愕の仕上がりに

ドラマ『ファウンデーション』は2019年にApple TV+で実写ドラマ化されることが発表され、初のオンライン開催となったWWDC2020にて最初のティザー映像が公開されている。

ショーランナーのデヴィッド・S・ゴイヤーが話すように、「ファウンデーション」シリーズは発表から50年以上にわたって映像化を模索してきた作品だ。あの「スター・ウォーズ」にも影響を与えたとされるこの壮大なSF叙事詩は、コロンビアやHBOが映像化を試みて断念。今回、SFドラマ『フォー・オール・マンカインド』(2019)を成功させたAppleによって壮大なスケールで実写化されることになった。

アイザック・アシモフはSF最高賞ヒューゴー賞を計7度受賞したレジェンド作家の一人で、実写化作品には『アンドリューNDR114』(1999)や『アイ,ロボット』(2004)といった作品が挙げられる。「ファウンデーション」シリーズの第1作目が発表されたのは1942年。1993年には第7作目の『ファウンデーションの誕生』が刊行。アイザック・アシモフの死後に発売され、これがアシモフの遺作となった。

『ファウンデーション』のあらすじ

「ファウンデーション」シリーズでは、1万2,000年もの間栄えた銀河帝国の崩壊によって訪れる戦争の絶えない暗黒の時代を大幅に短縮するため、人々は知識を後世に残す“銀河百科辞典”を編纂する“ファウンデーション”を結成する。帝国の崩壊を予言したことでファウンデーションは無人の惑星に追放されるが、追放された者たちの集団となったファウンデーションは人類の救済と文明再建に挑む。辺境の集団が新たな帝国を築いていく様は、現代の人々にも強いメッセージを届けることになるだろう。

映像では原作の圧倒的なスケールが驚異的なクオリティで再現されており、アイルランドとマルタで撮影されたという美しい自然の映像も見られる。アイルランドでの撮影は新型コロナウイルス感染症の拡大による2020年3月に一度ストップしていたが、メインの撮影場所をマルタに移し、完成の目処が立ったようだ。

なお、コミック『マイルス・モラレス: スパイダーマン』(2018-) を手がけたサラディン・アフメドも作家として『ファウンデーション』に参加しているようだ。本人は「多くの作家の一人」と記しており、様々なSFクリエイターが関わる作品になりそうだ。

配信開始直前に公開された新映像と場面写真はこちらから。

ヒューゴー賞も受賞した「ファウンデーション」シリーズの原作は早川書房から岡部宏之による翻訳版が発売中。

¥330 (2022/08/14 02:37:01時点 Amazon調べ-詳細)

東京創元社からは鍛治靖子による新訳版が『銀河帝国の興亡』が2021年8月より刊行されている。

¥836 (2022/08/14 11:47:00時点 Amazon調べ-詳細)

サイドランチからはコミカライズ作品の『銀河帝国興亡史 ファウンデーション』が発売されている。

¥990 (2022/08/13 23:36:09時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマ『ファウンデーション』は、2021年9月24日(金)よりApple TV+で独占配信。

第1話のネタバレ解説はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第3話ネタバレ解説『ミズ・マーベル』流れた音楽は? MCUの重要要素も あらすじ&考察

    2. 『ザ・ボーイズ』ホームランダーの“恐すぎるシーン集”が公開【シーズン1】

    3. ドラマ『スノーピアサー』シーズン2はロックダウン前に撮影完了。新キャストの情報も明らかに【Netflix】

    4. 『ザ・ボーイズ』シーズン2 ストームフロントは“ホワイトナショナリズム”描き出す 「現実に起きていることを扱う」ショーランナーのエリック・クリプキが明かす