【あらすじ】Netflixドラマ『ダーク』シーズン3でトリロジー完結! 高評価続出のドイツSF、ファイナルシーズンが6月27日配信開始【予告編】VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

【あらすじ】Netflixドラマ『ダーク』シーズン3でトリロジー完結! 高評価続出のドイツSF、ファイナルシーズンが6月27日配信開始【予告編】

Netflix

Netflix『ダーク』シーズン3が配信開始

Netflix初のドイツ語シリーズとして2017年にシーズン1の配信を開始したドラマ『ダーク』。ドイツのウィンディンという街を舞台に、子ども達の失踪事件に端を発した時空を超えた事件が描かれる。4つの家族の過去と未来、そして複数の世界線が次々と絡み合う複雑な物語がその魅力だ。

そして、そのシーズン3がいよいよ2020年6月27日(土)よりNetflixで配信を開始する。『ダーク』はドラマ作品だが“三部作”として製作されており、シーズン3でついにトリロジーが完結する。

驚異の100%! 高評価続出

『ダーク』はNetflixの看板作品である『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(2016-)と比べられることも多い。批評サイトのRotten Tomatoesでは、2020年6月22日現在、シーズン1の批評家スコアは89%、シーズン2については100%という驚異のスコアを記録している。『ダーク』全体としても批評家94%、オーディエンス94%という高評価だ。シーズン3についても、先行視聴した批評家からSNSで賞賛の声が上がっている。

『ダーク』シーズン3のあらすじ

ヨナスは、別世界のウィンディンにたどり着き、その世界が自分の運命にどのような影響を及ぼすのかを見極めようとする。一方、元の世界に残された面々は、時間と空間までをも歪めたこのループを断ち切る方法を探し出そうとする。光と闇のように現れた二つの世界の中心には、ある壮大な物語が隠されていた。

原発やタイムマシーンといったアイテムを登場させたシーズン1に続き、シーズン2の最後には別次元の世界線を登場させたドラマ『ダーク』。シーズン3で、遂に4つの家族の3世代にわたる謎の真実が明らかになる。

『ダーク』シーズン3は2020年6月27日(土)よりNetflixで配信開始。

『ダーク』(Netflix)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. エミー賞助演女優賞受賞! タンディ・ニュートンが黒人少女達へのメッセージに込めた想い——「私たちには価値がある」【ウエストワールド】

  2. 『GOTHAM/ゴッサム』はジム・ゴードン役のベンジャミン・マッケンジーをどう変えたか——結婚、監督業への挑戦

  3. Netflix『ブラック・ミラー』に視聴者が展開を選べるエピソード——SFとインタラクティブコンテンツの融合が加速

  4. 『高い城の男』シーズン3 出演キャストが米中間選挙への投票を呼びかけ