ドラマ『ファウンデーション』シーズン2 登場キャラとキャストが明らかに 配信日は「近日」 | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『ファウンデーション』シーズン2 登場キャラとキャストが明らかに 配信日は「近日」

Apple TV+

『ファウンデーション』シーズン2 登場キャラとキャストは?

2021年9月よりApple TV+で独占配信を開始したドラマ『ファウンデーション』より、シーズン2で登場する新キャラクターと新キャスト10名が発表された。

『ファウンデーション』はアイザック・アシモフの名作SF小説を初めて実写化したドラマで、デヴィッド・S・ゴイヤーがショーランナーを務める。シーズン2製作は2021年10月に発表されていた。

今回発表された『ファウンデーション』シーズン2の新キャラと新キャストは以下の通り。

ブラザー・コンスタント役 イザベラ・ラフランド
ポリー・ベリソフ役 クルビンダー・ギール
エンジョイナー・ルー役 サンドラ・イ・センシンディヴァー
クイーン・サレス役 エラ=レイ・スミス
ホバー・マロウ役 ディミトリー・レオニダス
ベル・ロイス役 ベン・ダニエルズ
ウォーデン・イェーガー・ファウント役 ホルト・マッキャラニー
カルガンの将軍役 ミカエル・パーシュブラント
テレム・ボンド役 レイチェル・ハウス
ヤナ・セルドン役 ニムラト・カウル

映画「ハリー・ポッター」シリーズやドラマ『ブラック・ミラー』(2011-) に出演したイザベラ・ラフランドが演じるブラザー・コンスタントは、銀河霊の信仰を広める信心深い聖職者。原作にも登場するポリー・ベリソフは、銀河霊教会の位の高い聖職者として登場する。エンジョイナー・ルーはかつてクレオン16世の妾で、現在はクイーン・サレスの側近になった人物。ホバー・マロウは原作小説にも登場する商人だ。

また、Apple TV+からは『ファウンデーション』シーズン2のファーストルックも公開されている。

目指すは全80話、シーズン4まで構想済み

ドラマ『ファウンデーション』は、Apple TV+きっての大作SFドラマで、全80話規模のシリーズ化を目指してスタートした作品。シーズン1の配信後には製作総指揮で原作者アイザック・アシモフの娘であるロビン・アシモフが「完全に期待を上回った」コメントしていた

ショーランナーのデヴィッド・S・ゴイヤーは、『ファウンデーション』の製作にあたってApple社にシーズン4までのロードマップを示したとコメントしている

Apple TV+の発表によると、ドラマ『ファウンデーション』シーズン2の配信は「近日 (coming soon)」となっている。続報を待とう。

『ファウンデーション』シーズン1はApple TV+で独占配信中。

『ファウンデーション』Apple TV+

原作の第一巻となるアイザック・アシモフ『銀河帝国の興亡』は、鍛治靖子による新訳版が東京創元社より発売中。

¥836 (2022/06/25 13:38:17時点 Amazon調べ-詳細)

第2巻「怒濤編」は2021年12月に発売された。

¥858 (2022/06/26 02:18:48時点 Amazon調べ-詳細)

岡部宏之が翻訳を手かげた早川書房版『ファウンデーション』は第7巻まで発売中。

¥358 (2022/06/25 22:00:06時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマ版で加わった設定についてゴイヤーと俳優のリー・ペイスが語った内容はこちらから。

ドラマ『ファウンデーション』シーズン1第1話の解説はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『1984年』『未来世紀ブラジル』——ドラマ『ロキ』のベースになった名作SFが明らかに

    2. アシモフ原作のApple TV+ドラマ『ファウンデーション』9月24日配信開始 壮大なSF叙事詩を実写化【あらすじ&予告編】

    3. 『ザ・ボーイズ』シーズン3までとスピンオフで語られたことを解説

    4. ドラマ『ボバ・フェット』12月29日17時配信開始 銀河の裏社会を舞台にした冒険譚 これまでの経緯をチェック