MCUドラマ『シー・ハルク』本編映像&タイトルロゴ公開 MCU初の“法廷コメディ” | VG+ (バゴプラ)

MCUドラマ『シー・ハルク』本編映像&タイトルロゴ公開 MCU初の“法廷コメディ”

© 2021 Marvel

ドラマ『シー・ハルク』新ロゴ公開

MCUドラマとしてDisney+での配信が決定していた『シー・ハルク(原題:She Hulk)』の正式なタイトルロゴが発表された。これまではハルクに寄せた無骨なデザインが特徴だったが、一転して大都会を背景としたスタイリッシュなイメージに。「彼女」を意味する「SHE」と「HULK」の文字をズラしたロゴデザインとなっている。

また、Disney+内で会員向けに公開された「マーベル・スタジオ 2021 ディズニープラス・デイ スペシャル」の映像では、初の本編映像も公開されている。主人公ジェニファーは「私は普通の弁護士」と言った後、緑色の姿を見せ「そうでもないか」と言い直す。理性を操れるようになったハルクことブルース・バナーがジェニファーをトレーニングするシーンも。

『シー・ハルク』はMCUでは初の“法廷コメディ”として描かれることが発表されている。今回公開された映像でも『ワンダヴィジョン』のようにレトロな映像に切り替わると、「怒らせないで。私を嫌いになるから」と話すジェニファーのコミディ風の姿が映し出されている。

実はこれは1977年から1982年まで放送されたドラマ『超人ハルク』のワンシーンのパロディだ。マーク・ラファロ演じるブルース・バナーは、ビル・ビクスビー演じるブルース・バナーが着ていたのと同じ服を着ている。そして、ジェニファーの前述のセリフは、『超人ハルク』のブルースの決め台詞だ。

マーベル・スタジオ 2021 ディズニープラス・デイ スペシャル

『シー・ハルク』の配信開始日については「Coming soon(近日)」とされている。本作は2021年4月より米アトランタで撮影を開始し、8月に撮影を終えている。ドラマ『シー・ハルク』はMCUフェーズ4内の作品として配信される予定で、主人公のシー・ハルクことジェニファー・ウォルターズ役タチアナ・マスラニーが演じる。

『シー・ハルク』では、女性(She)のハルクであるシー・ハルクの誕生から物語が始まる。弁護士として働くジェニファー・ウォルターズがある事件をきっかけに重傷を負った結果、従兄弟のハルクことブルース・バナーから輸血を受け、ハルクの能力を手に入れる。だが、ブルースと違ってジェニファーはハルクの力をコントロールできる。

『シー・ハルク』は各話30分、全10話での配信を予定している。

主演はタチアナ・マスラニー

主演のタチアナ・マスラニーはカナダ出身の俳優。映画『ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜』(2017) でエリン・ハーリー役を演じ、ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』(2013-2017) で主演を務めた。

また、ブルース・バナーを演じてきたマーク・ラファロも『シー・ハルク』への出演が決まっている。そして、『インクレディブル・ハルク』(2008) のヴィランで、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021) にも登場したアボミネーションを演じるティム・ロスも出演が決定している。

だが、『シー・ハルク』のヴィランはアボミネーションではなく、原作コミックにも登場するティターニアとされている。ティターニア役を演じるのはドラマ『グッド・プレイス』(2016-2020) でタハニ・アル=ジャミルを演じたジャミーラ・ジャミル。『シャン・チー』でも印象的な姿を見せたアボミネーションの役割にも注目だ。

『シー・ハルク』のショーランナーと脚本を務めるのは人気アニメ『リック・アンド・モーティ』(2013-) に脚本家として参加しているジェシカ・ガオ。MCU初の法廷コメディドラマをどのように仕上げるのか、注目が集まる。

なお、『シー・ハルク』は『ザ・マーベルズ』に出演するパク・ソジュンの配役と結びつける予想や、『エターナルズ』の内容と結びつける予想も出ている。マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギはシー・ハルクが将来的にMCUの映画シリーズに登場することを明言している。引き続き続報を注視しよう。

ドラマ『シー・ハルク(原題:She Hulk)』はDisney+で独占配信開始。

Disney+

同時に発表されたドラマ『ムーンナイト』の映像解説はこちらから。

ドラマ『ミズ・マーベル』に関する情報はこちらから。

ドラマ『ホークアイ』はDisney+で11月24日(水)配信開始。

ドラマ『ボバ・フェット』はDisney+で12月29日(水)配信開始。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第3話ネタバレ解説! ドラマ『ロキ』ラメンティスとは? シルヴィとは誰か あらすじ・考察・音楽

    2. ネタバレ考察『ホークアイ』第5話で描かれた“もう一つの側面” エンドゲーム後の世界の複雑さを映す

    3. 『高い城の男』シーズン1でナチス側のキャラを演じたキャストをおさらい—Vol.2 ジョー・ブレイク役俳優が担う新たな時代

    4. シーズン2の可能性あり!『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』プロデューサーが認める