「ロキは何者か」ドラマ『ロキ』第2話以降のポイントをトム・ヒドルストンと脚本家が語る | VG+ (バゴプラ)

「ロキは何者か」ドラマ『ロキ』第2話以降のポイントをトム・ヒドルストンと脚本家が語る

© 2021 Marvel

ドラマ『ロキ』のテーマをトムヒが語る

Disney+オリジナルドラマであり、MCU最新作の『ロキ』は、2021年6月9日(水)より第1話の配信を開始。MCUを代表するヴィランの一人でありソーの弟であるロキを主役に据え、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) の一件で逃亡した2012年のロキのその後を描く。ドラマ『ロキ』では、第1話から今後のMCU世界全体に影響を与える重要な設定が明かされた。“2012年のロキ”を巧く活用したストーリーテリングも見どころの一つだ。

『ロキ』第1話の配信直後、米TVLineはヘッドライターとして『ロキ』の脚本を手掛けたマイケル・ウォルドロンと、ロキを演じるトム・ヒドルストンのインタビューを公開。二人は、本作のテーマの一つである“自由意志”や“自分は何者か”というテーマについて聞かれ、第2話以降の注目ポイントを語っている。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『ロキ』第1話の内容に関するネタバレを含みます。

ロキとバズ・ライトイヤー

ドラマ『ロキ』第1話では、全てを自分で選んできたと主張するロキに対し、TVA(時間変異取締局)の職員であるメビウスは、「王ではなく痛みをもたらすもの」だとロキに言い放つ。他者を支配しようとする一方で、自分の道は自分で決めると主張するのが2012年のロキだ。しかしロキは、母を死に追いやり、そしてサノスに殺されるという未来が、既に決定事項であるということを突きつけられる。

第1話からいきなり抗えない“運命”に直面したロキ。インタビューでは、第2話以降でロキが“自由意志は存在しない”という事実にどう向き合っていくのか、という質問に対し、脚本家のマイケル・ウォルドロンは以下のように解説した。

ロキは常に自分以外の他者を支配しようとしていたキャラクターだと思います。なぜなら彼自身が支配(機構)の外に置かれていたからです。そして、今回、実際に彼には何もコントロールできていなかったということが証明されてしまいました。(『ロキ』の)脚本家の間では、よく『トイストーリー』第1作目のバズ・ライトイヤーに結びつけて話していましたよ。バズは最終的に自分がおもちゃであるという事実を知りますよね。

第1話終了時点でロキは「興味深い心境になっていて、ここから前に進んでいく」と話すマイケル・ウォルドロン。米IGNでも同じようにバズ・ライトイヤーが自分がおもちゃだと知ったシーンを引き合いに出し、「それがいかに屈辱的な経験だったか」とロキが自らの運命を知ったシーンを振り返っている。

ロキは自分が何者であるかを再考する

TVLineでは、ロキを演じるトム・ヒドルストンが自分の人生が死に至る瞬間まで決定していると知ることについて「揺らぐ瞬間」と表現し、こう続けている。

ロキは即興で状況を巧みに操り、優位な立場に立つ能力を持つ統制の取れたキャラクターです。そのロキにとって、彼が主体ではなく、選択の余地もなく、自分の苦悩の多くは何らかの形で運命づけられていたものだと知ることは、大きな衝撃です。

同時に良いこともあります。ストーリーテラーである私たちにとっては、非常に重要なドラマを生み出す要素になるからです。ロキは、自分が何者であるか、あるいは自分を何者だと考えるかを再考しなければなりません。そして、それに取り組むために、残り5話が残されています。

製作総指揮にも名を連ねる“ロキの専門家”でもあるトム・ヒドルストンは、ロキにとって衝撃的だったこの展開は、物語を語る上では重要な要素になると話す。自分中心に世界が回っていたと考えていたロキがそうではないという事実を知った時、ロキはどこに自分のアイデンティティを見出すのだろうか。第2話以降、TVAとメビウスと共に行動するであろうロキは、“自分”と対峙することで、自分が何者かということに向き合っていくのだろうか。

なお、ドラマ『ワンダヴィジョン』(2021) では、第7話のネクサスのCMにて、「世界はあなた中心に回っていません。いえ、回ってる?」というナレーションが入る。まさに王になるべくして生まれ、自分の自由意志と共に世界が回っていると考えていたロキにぴったり当てはまるフレーズではないだろうか。また、「ネクサス」という言葉は、MCUのマルチバース化にヒントを与えるキーワードとして『ロキ』第1話にも登場した。詳細はこちらの記事にまとめている。

MCU世界に影響を与える大きな物語と、ロキ自身の生き方をめぐる小さな物語が交差するドラマ『ロキ』。第2話以降の展開にも期待しよう。

ドラマ『ロキ』はDisney+で独占配信中。

『ロキ』視聴ページ (Disney+)

第1話のあらすじとネタバレ解説はこちらから。

出演キャストと吹き替え声優の情報はこちらの記事で。

ドラマ『ロキ』のヴィラン候補はこちらの記事にまとめている。

Source
TVLine / IGN

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『高い城の男』シーズン3であの日本人キャラクターを演じたのは誰? 日系の新キャストまとめ

    2. ドラマ『ホークアイ』11月24日配信開始!二代目ホークアイ誕生へ、MCUドラマが再始動

    3. 【あらすじ】Netflix配信ドラマ『スノーピアサー』階級の列車を駆け上がれ——『パラサイト』のポン・ジュノ監督による映画をドラマ化【みどころ・トレーラー】

    4. 【あらすじ&キャスト】Amazonドラマ『Solos〜ひとりひとりの回想録〜』6月25日配信開始 テーマは「人のつながり」