ドラマ『アソーカ』ヘイデン・クリステンセンはダース・ベイダー役ではない? アナキンとして出演か 『オビ=ワン・ケノービ』では? | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『アソーカ』ヘイデン・クリステンセンはダース・ベイダー役ではない? アナキンとして出演か 『オビ=ワン・ケノービ』では?

M & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

ドラマ『アソーカ』にヘイデン・クリステンセン

The Hollywood Reporterは、「スター・ウォーズ」の新たなドラマシリーズ『アソーカ(原題)』にヘイデン・クリステンセンが出演するとを報じた。ヘイデン・クリステンセンが演じるのはアナキン・スカイウォーカーとされており、複数の関係者がヘイデン・クリステンセンの『アソーカ』への出演を認めているという。

ドラマ『アソーカ』は、アニメシリーズ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」に登場したアナキンの弟子であるアソーカ・タノを主人公に据えた作品。アソーカ・タノは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983) の5年後を舞台にしたドラマ『マンダロリアン』シーズン2にも登場した。この時は、初めて実写化されたアソーカをロザリオ・ドーソンが演じており、ドラマ『アソーカ』でも主演を務める予定となっている。

演じるのはダース・ベイダー?

しかし、ヘイデン・クリステンセンが『アソーカ』で演じる役がダース・ベイダーなのか、暗黒面に堕ちていない(あるいは復活した)アナキン・スカイウォーカーなのかは明らかになっていない。ドラマ『アソーカ』は、『マンダロリアン』と同じく『ジェダイの帰還』の5年後が舞台として設定される。つまりダース・ベイダーが存在しない世界ということになる。

The Hollywood Reporterの報じ方は、「アナキン・スカイウォーカー(またの名をダース・ベイダー)を演じる」「スカイウォーカーが(あるいはベイダーが)『アソーカ』にどのように関わるのかは不明」という曖昧な内容だ。だが、アナキンの師であるオビ=ワン・ケノービを主人公に据えたドラマ『オビ=ワン・ケノービ』には、ヘイデン・クリステンセンはダース・ベイダー役で出演することが明言されている。

ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005) の10年後が舞台になるため、ダース・ベイダーが現役バリバリの時期ということになる。ダース・ベイダーがジェダイの生き残りであるオビ=ワン・ケノービを追う展開は想像に難くない。

ヘイデン・クリステンセンは物語にどう絡む?

では、ドラマ『アソーカ』では、ヘイデン・クリステンセンはどのような形で登場するのだろうか。実は、ヘイデン・クリステンセンが『アソーカ』でダース・ベイダーを演じることには、あるハードルが存在する。

それは、ダース・ベイダーが現役時代のアソーカ・タノの物語は、アニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』(2014-2018) で既に描かれてしまっているということだ。『スター・ウォーズ 反乱者たち』シーズン2では、アソーカ・タノとダース・ベイダーの直接対決まで描かれた。この時、ダース・ベイダーは「アナキン・スカイウォーカーは弱かった。だから私が葬った」と発言している。

二刀流のライトセーバーを操るアソーカと、アソーカを育てた張本人の対決は非常に見応えのあるシーンになっている。もし、ヘイデン・クリステンセンがドラマ『アソーカ』にダース・ベイダーとして登場するならば、この場面の回想シーン=実写化ということもあり得るだろう。

なお、The Hollywood Reporterは、アナキンがアソーカのマスターであった時代の回想シーンで登場する可能性と、フォースの霊体として登場する可能性を示している。それならばいずれもシス卿としてのダース・ベイダーではなく、ジェダイとしてのアナキン・スカイウォーカーということになる。

ヘイデン・クリステンセンが演じるのがアナキンなのか、ベイダーなのか、ということは「スター・ウォーズ」ファンにとっては大きな問題だ。『オビ=ワン・ケノービ』でダース・ベイダーを演じ、『アソーカ』でアナキン・スカイウォーカーを演じるヘイデン・クリステンセンを見られるなれば、それが理想的かもしれない。

ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』は既に撮影を終了している。ドラマ『アソーカ』は2022年の早い時期に撮影を開始する予定だ。どのような形であれ、2021年で40歳を迎えたヘイデン・クリステンセンの更なる活躍に期待しよう。

「スター・ウォーズ」ドラマシリーズの最新作『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は2021年12月29日(水) より、Disney+で配信開始。詳しくはこちらから。

2021年にスタートしたアニメ『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』はシーズン2の配信が決定している

ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』についての情報はこちらから。

Disney+では『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が配信中。第1話の解説はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5、ジム・ゴードン役のベン・マッケンジーが脚本を執筆!

    2. 『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』コリン役のウィル・ポールターがTwitterを休止——「これで終わりではない」

    3. ネタバレ解説! 『ワンダヴィジョン』第1話 “ヤケティ・ヤック”とラストシーンの意味は? 舞台は1961年? あらすじ・音楽・考察

    4. 第5話ネタバレ『ロキ』クラシック・ロキ誕生の背景を脚本家が語る 舞台裏も明らかに