『SFG Vol.03』アジア特集がオンライン頒布開始! 小川哲、立原透耶、陳楸帆のインタビュー他 充実のラインナップ | VG+ (バゴプラ)

『SFG Vol.03』アジア特集がオンライン頒布開始! 小川哲、立原透耶、陳楸帆のインタビュー他 充実のラインナップ

SFG

『SFG Vol.03』がオンラインで買える!

ハイクオリティで人気のSF同人誌「SFG」の最新号『SFG Vol.03』がBOOTHにてオンライン頒布を開始した。Vol.03のテーマは「アジア」で、小川哲や立原透耶、陳楸帆のインタビュー、ピーター・トライアス、唐澄暐、坂崎かおるの小説など、盛り沢山の内容になっている。

『SFG Vol.03』

本号では、SFウェブメディアのバゴプラとSFGが共同取材を実施。両誌の力を結集し、小川哲、立原透耶、陳楸帆へのインタビューと、坂崎かおるの書き下ろし短編収録が実現した。

「SFの流儀」に小川哲

これまでに柴田勝家、藤井太洋、小川一水登場したSFGの名物企画「SFの流儀」には、『ゲームの王国』(2017) で第38回日本SF大賞と第31回山本周五郎賞を受賞し、『嘘と正典』(2019) で第162回直木三十五賞候補入りを果たした小川哲が登場。小川哲がSFを選んだ理由、小川哲流の小説の書き方、そして「SFとは」という問いへの答えを提示する。更に、小川哲がゲーム作品を紹介する「小川さん家のゲーム部屋」コーナーも収録されている。

なお、バゴプラでは共同取材記事として、全著作を振り返る梅澤レナのインタビューを公開している

日本SF大賞特別賞受賞の立原透耶へインタビュー

また、2020年に編著書『時のきざはし 現代中華SF傑作選』を発表した小説家で翻訳家の立原透耶へのインタビューを収録。『時のきざはし』収録作の選び方や、中華圏SFの現状、魅力と課題などを語っている。このインタビュー収録後、第41回日本SF大賞特別賞が「立原透耶の中華圏SF作品の翻訳・紹介の業績に対して」おくられた。「三体」三部作が完結するなど、日本でも盛り上がりを見せる中華SFの最重要人物へのインタビューをお見逃しなく。また、バゴプラ編集部も参加した『時のきざはし』収録作品全作レビューも収録されている。

バゴプラでは、中国SFの今と翻訳のこれからについて立原透耶に聞いたインタビューを公開している

『荒潮』陳楸帆インタビューも

そして、2020年に『荒潮』(中原尚哉 訳) が刊行された陳楸帆のインタビューも収録されている。Googleや百度(バイドゥ)での勤務経験もある陳楸帆の視点から、影響を受けた作品や『荒潮』のために行ったフィールドワークの詳細、陳楸帆流の執筆メソッドなど、ここでしか読めない内容を語ってくれている。

陳楸帆へのインタビューのバゴプラパートでは、少年期のSFとの出会いや『荒潮』の続編となる「ジャンクパンク」シリーズの構想について語っている。

小説:坂崎かおる「常夜の国」を収録

文芸作品では、坂崎かおるのSF短編小説「常夜の国」が収録される。この作品は、2020年に開催された第1回かぐやSFコンテストにおいて「リモート」で審査員特別賞を受賞した坂崎かおるが、その副賞になった「バゴプラとSFGへの姉妹編掲載」の一環として書き下ろした作品。バゴプラに掲載され反響を呼んだ「パラミツ戦記」と同じ世界設定で、異なる視点のストーリーが描かれる。

イラスト:浅野春美

坂崎かおるは第一回かぐやSFコンテストで入賞を果たした「リモート」がToshiya Kameiによって英訳され、5月にDaily Science Fictionに掲載。更に同月発表された第3回百合文芸コンテストでは、「電信柱より」でSFマガジン賞を受賞。「S-Fマガジン」での商業誌デビューが決定している。

「常夜の国」と世界設定を共有する姉妹編「パラミツ戦記」は、こちらから読むことができる。

その他にも盛り沢山の『SFG Vol.03』

『SFG Vol.03』では、上記のバゴプラとのコラボ企画以外にも、「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」三部作で知られるピーター・トライアスの新作小説「バベルの子ら」(鬼塚大輔 訳) や、台湾の唐澄暐による怪獣小説「南方蜃気楼水族館」(ラブクラフト振興会 訳) を収録。山本さほの描き下ろし漫画「山本さほのSFってなんだろう?」や、おなじみの中山奈緒美の四コマ漫画「火星ちゃん」に「SFなんでもクロスレビュー」も必見。

そして、韓国・台湾に、南アジアと東南アジアを取り上げた「Science Fiction Today in Asia」にアジアSFカタログと、『SFG Vol.03』は膨大な取材とSFコンテンツの解説で作り上げられた渾身の一冊だと言える。買い逃しのないようご注意を!

『SFG Vol.03』は2021年6月1日(火)よりオンライン頒布開始。

『SFG Vol.03』

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. アイズナー賞作家ティリー・ウォルデンが『ウォーキング・デッド』人気キャラクター、クレメンタインを描く!

    2. ジェームズ・ガン監督解任、スカヨハ降板…デップー2、ハン・ソロに垣間見える「ポリコレ疲れ」と、ファンが取るべき選択肢

    3. 小松左京「くだんのはは」がYouTubeチャンネル オカルトエンタメ大学に登場! 怪談家ぁみが語る

    4. トランプの「国に帰れ」発言にSF作家達も怒り「みんな、大統領はレイシストです」