Kaguya Planetにて、蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』連載中! | VG+ (バゴプラ)

Kaguya Planetにて、蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』連載中!

蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』、会員向けに連載中

SF企業 VGプラスが運営するオンラインSF誌 Kaguya Planetにて、蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』を会員向けに限定公開で連載中。ぬいぐるみの一人称の語りによって、蜂本さんのイマジネーションと文章の力が存分に発揮されている本作、11回分の連載をまとめて紹介します。

Kaguya Planetでは毎月、SF短編小説を配信中!各作品は約一ヶ月の先行公開期間を経て、無料で一般公開されます。500円で会員登録をしていただくと、約一ヶ月の先行公開期間にお読みいただけます。ご登録よろしくお願いいたします!

登録する ログイン

※Kaguya Planetについての詳細は、記事の最後にある「Kaguya Planetに応援を!」をお読みください。

蜂本みささん、初の長編小説!

蜂本みささんは昨年11月26日に第5回ブンゲイファイトクラブで優勝を果たした、今最も強い小説家。これまでにも、Kaguya Planetに寄稿した熊SF「冬眠世代」における生き生きとした熊の描写や、「せんねんまんねん」における新・旧の関西弁の語りなどで、文章の強さを見せてきました。

そんな蜂本さんが書く長編小説、『遊びの国のモシカたち(仮)』はぬいぐるみのカモノハシであるモシカと、ごっこ遊びが大好きな女の子ミミの物語です。

『遊びの国のモシカたち(仮)』連載中!

『遊びの国のモシカたち(仮)』は、Kaguya Planetで連載後にKaguya Books/社会評論社から刊行されます。書籍化にあたっては大幅な改稿が予定されていますので、連載のバージョンをお見逃しなくお楽しみください。

蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』は、2023年12月に毎週更新を予定しておりましたが、蜂本みささんの執筆時間の確保のため、三週目以降の更新を延長しております。楽しみにしてくださっている皆様、大変申し訳ございません。

『遊びの国のモシカたち(仮)』は、これまでに11回、掲載しております。一回あたり5,000字〜7,000字程度と気軽に読める長さですので、通勤時間や隙間時間にぜひお読みください。

『遊びの国のモシカたち 01』
ぬいぐるみの一人称で語られる『遊びの国のモシカたち(仮)』。モシカが〈自分〉を発見した誕生の瞬間のその前から、モシカとミミは大の仲良しだ。ミミと一緒にいられるモシカは、世界で一番幸せなぬいぐるみ。

『遊びの国のモシカたち 02』
ミミとモシカは、子ども園のみんなと、園長先生に別れの挨拶をする。家ではまくるちゃんが卒園パーティの準備をして待ってくれているのだが——。

『遊びの国のモシカたち 03』
初めて小学校へ行く日の朝、姉に何度も言われた言いつけを破ってモシカはミミと一緒に出発する。バスの中で、新しい友達を作る練習をしていると男の子に話しかけられて——。

『遊びの国のモシカたち 04』
小学校に通い始めたミミは、モシカを小学校に連れてきたことがバレては先生に叱られている。人間の友だちを作りなさいと言われ、ぬいぐるみ好きの少年と仲良くなるのだが——。

『遊びの国のモシカたち 05』
ある日曜日、姉妹たちはいつもより正装して、皆でつばめモールの〈新しいお墓〉に出かける。小学校生活がうまくいかないミミはそこで〈お母さん〉に話を聞いてもらうことにする——。

『遊びの国のモシカたち 06』
〈お母さん〉との再会を果たした姉妹たちだったが、抱いた感想は思いの外バラバラだった。〈お母さん〉からの言葉を咀嚼しながら帰宅中のミミとモシカに、どこかから視線が飛んでくる——。

『遊びの国のモシカたち 07』
学校にぬいぐるみのモシカを連れて行っては怒られるミミだったが、〈夏休みの自由研究〉を利用すればこの状況を打開できるのではないかと考え、モシカと一緒に計画を立てる——。

『遊びの国のモシカたち 08』
ミミの小学校一年生編は完結! モシカを連れて学校に行っては怒られるミミだったが、夏休みの自由研究を通して決着をつけるべく万全の準備を整えた。自由研究の発表の日には教室に校長先生の姿もあり——。

『遊びの国のモシカたち 09』
四年生になったミミには人間の友だちがたくさんできた。一日中キーホルダーにされて、外ではおしゃべりをしてくれないミミにモシカは少し不満だが──。

『遊びの国のモシカたち 10』
つばめモールでの一件を機に、まわりの子たちからハブられてしまったミミ。居心地の悪い思いをしながらもモシカと一緒に学校の遠足に出かけていくが、そこで思わぬ困難が待ち受けていた——。

『遊びの国のモシカたち 11』
遠足の一件でボロボロになってしまったモシカだが、姉たちからの反応は冷淡だった。ショックを受けたミミは自力でモシカを治療しようとするが——。

※クラウドファンディングでご支援いただいた皆様は、こちらからお読みいいただけます。パスワードは、CAMP FIRE 経由でお送りしていますので、そちらをご確認ください。

Kaguya Planetは「気候危機」特集の掲載作品募集中

2024年1月〜3月にKaguya Planetでは「気候危機」特集を開催します。英語圏にはCli-Fi(Climate Fiction)というジャンルがあり、気候変動・気候危機を扱ったSF作品が多数発表されています。日本でも、ソーラーパンクという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。Kaguya Planetの特集では、地球温暖化や森林火災、海面上昇など、様々な気候危機が起きている中で、人類の未来に、そして他者との未来に想像力を投げかけるSF作品を掲載します。

そして現在、この「気候危機」特集に掲載する作品を公募中です。期間は2024年1月26日(金)まで。紹介はこちらから。

Kaguya Planetにログイン  Kaguya Planetに登録

池澤春菜さんインタビュー先行公開中

オンラインSF誌Kaguya Planetでは、創作者としての池澤春菜さんに執筆にまつわるお話をお聞きしたインタビューを先行公開中。声優、書評家、脚本家など、幅広いジャンルで活躍している池澤さんですが、近年は、SF短編小説を精力的に執筆・発表し、『NOVA 2021年夏号』、『NOVA 2023年夏号』(河出書房新社)、『2084年のSF』(早川書房)、『WIRED』などに作品を寄稿しています。

Kaguya Planetではそんな池澤春菜さんに創作についてのインタビューを実施。幼少時からずっと本を読み続けてきた池澤さんが作家としてどんなテーマを持ち、どんなふうに物語を執筆しているのかお聞きしました。

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月から活動を開始し、毎月珠玉のSF短編小説を配信してきました。より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

掲載している作品一覧

そして、Kaguya Planetは2023年12月には大幅なリニューアルを行い、今後は季刊のSFマガジン《Kaguya Planet》を創刊します。また、①社会の声に耳を傾ける、②経済と向き合う、③世界に開かれたSFレーベルへという三つの理念を掲げ、魅力的な特集を企画したり、読書会を開催したりしていきます。

これらの活動を盛り上げていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

    • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
    • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
      Visa
      Mastercard
      American Express
      JCB

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 【連載】蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮) 05』会員&クラファン支援者向け公開開始!

  2. 犬と街灯主催 島アンソロジー『貝楼諸島へ/貝楼諸島より』頒布開始!

  3. 池澤春菜 (監修)『現代SF小説ガイドブック 可能性の文学』本日発売!

  4. 『指輪物語』のトールキンが、フランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』について語らなかった理由