ギレルモ・デル・トロ監督も参加! 原点『ウルトラマン』をフィーチャーした『THE ORIGIN OF ULTRAMAN(仮)』制作決定 | VG+ (バゴプラ)

ギレルモ・デル・トロ監督も参加! 原点『ウルトラマン』をフィーチャーした『THE ORIGIN OF ULTRAMAN(仮)』制作決定

© TSUBURAYA PRODUCTIONS Co., Ltd.

2023年11月25日、TSUBURAYA CONVETIONにて制作発表

4年ぶりのリアルでの開催となった通称“ツブコン”ことTSUBURAYA CONVETION2023。著名人の登壇や様々な新企画が発表される中、円谷プロダクション創立60周年記念作品として、円谷プロダクションの原点とも言える『ウルトラマン』(1966-1967)をフィーチャーしたドキュメンタリー映画『THE ORIGIN OF ULTRAMAN(仮)』の制作が決定した。

『THE ORIGIN OF ULTRAMAN(仮)』では『ウルトラマン』に影響を受けた人物としてギレルモ・デル・トロ監督も参加することが発表されている。ドキュメンタリー映画として、特撮の神様とまで呼ばれた円谷英二から、現在まで受け継がれてきたTSUBURAYA CONVETION2023のテーマでもある「空想の力」を切り口にした映画作品となることも発表されている。

円谷プロダクションの起源とも言える円谷英二は玩具の発明をしたり、当時の映画界のタブーにも挑戦するなど、チャレンジャーであることが多かった。数多くの日本初の特撮技術や新しい撮影手法に取り組み、その末に『ゴジラ』(1954)や『ウルトラQ』(1966)が誕生し、怪獣ブームを巻き起こした。それらの集大成の一つが『ウルトラマン』だと言える。そのようなチャレンジ精神を支えていた「空想の力」にフォーカスをあてるということに期待が高まる。

TSUBURAYA CONVETION2023では『THE ORIGIN OF ULTRAMAN(仮)』以外にも、多くの企画が発表された。Netflix制作の海外発のウルトラマン『ULTRAMAN:RISING』の主人公の吹替を担当する山田裕貴の登壇や怪獣であるジャイガントロンの登場、『ウルトラマンギンガ』(2013)から現在放送中の『ウルトラマンブレーザー』(2023-)までのニュージェネレーションヒーローズの世界観を舞台とした人間ドラマ『女子高生vs.ウルトラマン』の制作、「ウルトラマン」シリーズのヴィランを主人公にした「DARKNESS HEELS」シリーズのアニメ化企画も発表された。円谷プロダクションの今後の展開に注目していきたい。

『TSUBURAYA CONVETION2023』公式サイト

 

「ウルトラセブン IF Story『55年前の未来』」感想&考察記事はこちらから。

「ウルトラセブン IF Story『55年前の未来』」予告公開に関する記事はこちらから。

2024年にNetflixより配信が予定されている『Ultraman Rising』の予告編第1弾に関する記事はこちらから。

2022年公開『シン・ウルトラマン』のキャスト紹介記事はこちらから。

2022年公開『シン・ウルトラマン』のネタバレ感想記事はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. コング、ゴジラ、人類の共同戦線か 『ゴジラxコング 新たなる帝国』予告編解禁

  2. 『ジュラシック・ワールド』キャスト&吹き替え声優まとめ クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードら豪華俳優陣が出演

  3. 庵野秀明監督を巡る議論と視聴者に求められる姿勢『ドキュメント「シン・仮面ライダー」~ヒーローアクション 挑戦の舞台裏~』

  4. ネタバレ解説 アイアンハートはどう描かれた?『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』リリ役ドミニク・ソーンが今後を語る