『ドクター・スリープ』特別試写開催! 有村昆「傑作で満場一致」、柳沢慎吾は“一人シャイニング”披露

©︎VG+

『ドクター・スリープ』特別試写会開催

2019年11月29日(金)より日本で公開される映画『ドクター・スリープ』の特別試写会が、丸の内ピカデリーのドルビーシネマで開催された。『ドクター・スリープ』は、『IT』のスティーヴン・キング原作、『2001年宇宙の旅』(1968) のスタンリー・キューブリック監督による映画『シャイニング』(1980) の40年後を描いた作品。アメリカでは11月8日に公開され、「『ショーシャンクの空に』以来最高のスティーヴン・キング映画」との評も上がっている。

柳沢慎吾が“一人シャイニング”を披露

今回開催された『ドクター・スリープ』の特別試写会には、俳優の柳沢慎吾が登場。芸歴40年目を迎え、『シャイニング』とは“同級生”という共通点を持つ。柳沢慎吾は『シャイニング』の公開当時を振り返り、「音楽の使い方や効果音も当時としてはすごいですよね」「40年経ってまた (続編を) 撮ったというのはすごいこと。5年や10年の話じゃないですよ!」と感慨深い表情を見せた。

この後、『シャイニング』の名シーンを完コピした“一人シャイニング”がこの日限定で披露され、会場に集まった観客を笑わせた。また、イベントにはキッズモデルの りんか&あんな も登場。『シャイニング』『ドクター・スリープ』の両作品に登場した双子の少女の姿で柳沢慎吾と共演している。

©︎VG+

©︎VG+

映画評論家・有村昆も太鼓判

続いて、同イベントには映画評論家の有村昆が登場。「『シャイニング』の新作が2019年に見られることにまず感謝ですよね」とし、『ドクター・スリープ』の内容については「傑作ということで満場一致」「観終わった後の会話がめちゃくちゃ盛り上がる」と太鼓判を押した。また、『ドクター・スリープ』だけで観ても楽しめるとも話し、「まずは『ドクター・スリープ』から入って、後から『シャイニング』を観ても大丈夫です」と、『シャイニング』を観たことがない人にも『ドクター・スリープ』をオススメした。

©︎VG+

更に有村昆は、原作者のスティーヴン・キングがスタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』の内容に不満を抱いていたことにも言及。「『シャイニング』が旧約聖書だとしたら、『ドクター・スリープ』は新約聖書」と表現し、『ドクター・スリープ』はスタンリー・キューブリックとスティーヴン・キングの解釈をまとめ上げることに成功していると評価した。キングは映画『ドクター・スリープ』の出来については非常に高い評価を与えている。
『ドクター・スリープ』で指揮をとったマイク・フラナガン監督とスティーヴン・キングが同作の魅力を語る映像は、以下のリンク先からご覧いただける。

柳沢慎吾は、「40年前の作品を引き継ぎつつ、効果音や映像も少し違っていて、怖くもなっているけど綺麗にもなっている。効果音の使い方も絶妙で何回か悲鳴をあげました」と話し、『ドクター・スリープ』のアップデートされた恐怖を解説。フォトセッションでも会場を笑いの渦に包み、最後はおなじみの“甲子園のサイレン”でイベントの終了を告げた。

©︎VG+

40年の時を経て『シャイニング』の恐怖がよみがえる——映画『ドクター・スリープ』は11月29日(金) より全国ロードショー。

『ドクター・スリープ』公式サイト

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 米SF作家が『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』のロイヤルガードを愛した理由

  2. 『ヴェノム』 スパイダーマン関連作で最高益達成へ 過去の「スパイダーマン」シリーズの製作費と興行…

  3. 二人のウィル・スミスが視界いっぱいに飛び回る!? 『ジェミニマン』ScreenXでの公開が決定

  4. 中国が牽引するハリウッドの「パシフィック・リム化」 〜『パシフィック・リム』をおさらい〜

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP