『スーパーマン:レガシー』撮影間近か ジェームズ・ガン共同CEOがファンに返信 | VG+ (バゴプラ)

『スーパーマン:レガシー』撮影間近か ジェームズ・ガン共同CEOがファンに返信

James Gunn Threads Screen Shot

スレッズにて撮影状況を報告

2024年1月12日(金)に公開される『アクアマン/失われた王国』をもって終わりを迎えるDCEU(DCエクステンデッドユニバース)。その次に来るDCU(DCユニバース)の中核を担う2025年公開の映画『スーパーマン:レガシー(原題:Superman:Legacy)』の進捗状況を監督・脚本を務めるジェームズ・ガン共同CEOがThreadsで発表した。

 

投稿者: @jamesgunn
Threadsで見る

 

ジェームズ・ガン共同CEOが発表するに至るまでの流れは、ジェームズ・ガン共同CEOが「2024年に向けて」という投稿をした際のファンからの返答からはじまった。updates4dcというアカウントが「『スーパーマン:レガシー』の製作準備について、最新情報を教えてください」と質問した。それに対してジェームズ・ガン共同CEOは2024年1月1日に以下のように返答した。

順調に進んでいます。セットの製作、衣装の仕上げ、役者の役作り、人工装具やVFXモデルの製作、飛行機の予約。さあ、行きますよ。

その他にも、2024年1月1日同日にleepacebatmanというアカウントが「(『スーパーマン:レガシー』の)キャストはどのくらい決まっていますか?90%くらい?」と質問したことに対し、ジェームズ・ガン共同CEOは「もっとです」とも返答している。

登場するスーパーヒーローから宿敵のレックス・ルーサーの一味、デイリー・プラネットの同僚までキャストが発表されているが、まだ未発表のキャラクターのキャスティングも終えているようだ。その一方、100%と返信していないので、まだキャストが決まっていないキャラクターも存在していると考えられる。

以前、ジェームズ・ガン共同CEOは3月に『スーパーマン:レガシー』の撮影が開始されると発表したが、撮影開始に向けて衣装や小道具、VFXの製作も終了しているようだ。ジェームズ・ガン共同CEOはSNSで積極的にファンに返答し、『スーパーマン:レガシー』などの情報を公開しているため、今後のジェームズ・ガン共同CEOのSNSに注目していきたい。

『スーパーマン:レガシー(原題:Superman:Legacy)』は2025年7月11日より全米公開予定。

Source
James Gunn Threads

『スーパーマン:レガシー』のクラーク・ケントの設定と撮影開始時期はこちらから。

デヴィッド・コレンスウェット版スーパーマンとヘンリー・カヴィル版スーパーマンの年齢差に関する記事はこちらから。

『スーパーマン:レガシー』に登場するヒーローたちのキャスティングはこちらから。

『スーパーマン:レガシー』の公開日に関する記事はこちらから。

DCU10年計画『神々と怪物』の全作品の紹介はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説『エターナルズ』ポストクレジットはあの作品に繋がる! 監督が明かした〇〇の主 今後を考察

  2. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のキャスト・声優まとめ その後・現在は?【吹き替え・出演者・俳優】

  3. グリーンゴブリン登場確定!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』海外版ポスター解禁 背後の砂と雷は…

  4. 『ヴェノム』でドレイク/ライオットを演じたリズ・アーメッドとは誰か——“グアンタナモ”からハリウッドへの道のり