『スーパーマン:レガシー』のクラーク・ケントは中堅記者に? 3月より撮影開始 | VG+ (バゴプラ)

『スーパーマン:レガシー』のクラーク・ケントは中堅記者に? 3月より撮影開始

©DC Comics

ジェームズ・ガン共同CEOがThreadsで発表

2025年7月11日に全米公開が予定されているDCU作品『スーパーマン:レガシー』。ファンの間では新人記者のクラーク・ケント/カル=エルがスーパーマンになるまでのオリジンを描くものだと噂されており、それではザック・スナイダー監督のDCEU作品『マン・オブ・スティール』(2013)と同じだと批判されていた。

しかし、その噂は覆された。積極的にSNSを活用しているジェームズ・ガン共同CEOだが、ジェームズ・ガン共同CEO自身が監督・脚本を務める『スーパーマン:レガシー』について、『スーパーマン:レガシー』のクラーク・ケント/カル=エルは30代の中堅記者であることをジェームズ・ガン共同CEOがSNSで明かした。

 

投稿者: @jamesgunn
Threadsで見る

 

そのきっかけはジェームズ・ガン共同CEOが非公式のDCコミックスの映画情報を発信するファンのアカウントに反応したものだった。そのアカウントであるDC Film NewsはThreadsに2023年12月22日に以下のような投稿をした。

ジェームズ・ガン共同CEOによる『スーパーマン:レガシー』のあらすじが明らかになりました。 スーパーマンはメトロポリスの新人記者であり、クリプトン人の遺産とクラーク・ケントとして育った人間の遺産を調和させる旅に出ます。撮影は2024年3月に開始されます(Production Listは3月4日と伝えているが、Colliderは3月中旬と伝えています)。

その投稿に対して、ジェームズ・ガン共同CEOが2023年12月23日に反応を示した。そこではジェームズ・ガン共同CEOの過去のインタビューから撮影が3月開始という話や投稿されたあらすじの中に真実があるとしつつ、間違っているところを否定した。その間違いというのはメトロポリスの新人記者という点だ。

このログラインがどこから来たのかはわからりません。私が書いたわけではないです。真実の要素を持っています(明らかに私が過去に言ったことに基づいています)。しかし、私はこの筋書きをこのようには表現しませんし、クラークを新人記者とは呼びません。彼は30歳の本格的な記者です。


ですが、撮影は2024年3月なんです。ストライキの間、制作チームが必死に頑張ってくれたことに毎日感謝しています。もしそうしていたら、2025年7月までの制作はできなかったでしょう。

『スーパーマン:レガシー』は以前よりDCEUでのクラーク・ケント/カル=エル/スーパーマンのヘンリー・カヴィルの降板理由は年齢だとされており、それに反してDCUのクラーク・ケント/カル=エル/スーパーマン役のデヴィッド・コレンスウェットの年齢が問題視されていた。

『マン・オブ・スティール』時点のヘンリー・カヴィルは29歳だったが、『スーパーマン:レガシー』公開時点のデヴィッド・コレンスウェットの年齢は31歳となる。ジェームズ・ガン共同CEOがクラーク・ケント/カル=エル/スーパーマンの年齢は映画公開時のデヴィッド・コレンスウェットと同じにするとコメントしたため、年齢を理由に降板させられたと言われているヘンリー・カヴィルに対して不義理ではないかということだ。

その年齢問題に関して、ジェームズ・ガン共同CEOが出したコメントが『スーパーマン:レガシー』のクラーク・ケント/カル=エルは新人記者ではなく、30代の中堅記者だという設定というわけだ。

ジェームズ・ガン共同CEOが始めようとしているDC10年計画「神々と怪物」。その中でも中核を担う作品となる『スーパーマン:レガシー』だが、今回の中堅記者の設定など、まだまだ明らかになっていないことが多い。今後のジェームズ・ガン共同のSNSに注目していきたい。

Source
Threads

デヴィッド・コレンスウェット版スーパーマンとヘンリー・カヴィル版スーパーマンの年齢差に関する記事はこちらから。

『スーパーマン:レガシー』に登場するヒーローたちのキャスティングはこちらから。

『スーパーマン:レガシー』の公開日に関する記事はこちらから。

DCU10年計画『神々と怪物』の全作品の紹介はこちらから。

ヘンリー・カヴィルのスーパーマン降板に関する経緯はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説 Netflix版『シティーハンター』 変わりゆく新宿と変わらないもの 考察&感想

  2. 『アクアマン/失われた王国』は○○○映画? ネタバレ解説&考察 ジェームズ・ワン監督の過去作から見る

  3. 『アイ・アム・マザー』が問う想像力——AIが人間を作り直す?

  4. 【あらすじ】『シャン・チー/テン・リングスの伝説』アジア系ヒーローの新時代へ 主演シム・リウの思いは